November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ケンコー ACクローズアップレンズNO.3

初めてのデジタル一眼カメラを使ってみて、コンデジと大きな違いは、
 ・マクロモードが無い
 ・ピントの合う範囲が極端に狭い

デジタル一眼はコンデジより優秀だという先入観があったので、すごく不満なのがマクロ撮影。

私の場合、室内で小物(ミニカーやLEDなど)を撮ることが多いので、デジ一眼のPENTAX K-xに変えた途端、思うようにピントが合わず、コンデジ(KONICAMINOLTA A200)では2、3枚で済むところを10枚以上シャッターを押し、その中からブレていない1枚を選ぶというはめになった。

コンデジの優秀なマクロ撮影に慣れてしまったせいか、デジ一眼の被写界深度の浅さ(狭い)は、非常に戸惑うばかりだ。(デジ一眼にはまずマクロモードというのが無い、ってことも購入してから知った。)

過去、何度もお世話になった価格.comの掲示板に書き込んだところ、多くの方から助言を貰った。主な助言としては、
 ・手ブレは左右方向だけではなく、被写体に対しての前後ブレもある。
 ・室内接写では、照明+三脚が基本。
 ・開放ではなく、2段階程度絞ること(F値を大きく)。

まさに基本ですね。ちょっと、忘れかけていました。



接写には「クローズアップレンズ」を使うのもひとつの代替案だと教えられたので、さっそくメジャーな「ケンコー ACクローズアップレンズNO.3」をヨドバシで購入した。(2,000円ぐらいです。)

K-xの標準ズームはDA L18-55で、最短撮影距離が25cmのスペック。単純にボディ部のCCDからズームレンズの先端まで13cmぐらいあるので、レンズの先端から被写体まで12cmまで近づいて撮影できます。そこそこ大きいものを撮るにはいいが、5cm以下の小さなものを撮るには十分ではない。



クローズアップレンズNO.3の焦点距離は、33cmになるとケンコーのHPには書いてある。

これは、レンズの先端から被写体までの距離なので、12cm→33cmと離れてしまうけど、こんなに離れてしまって効果があるのかどうか?また、被写界深度は、どんなものなのかをさっそく試した。



(写真1)55mm F5.6 1/40秒 ISO3200 クローズアップレンズ無し

テレ側で一番寄れる距離での撮影だと、レンズ先端から12cmぐらいまで寄れます。開放なので、背景にある2台のミニカーはボケます。



(写真2)55mm F22 1/2.5秒 ISO3200 クローズアップレンズ無し

(写真1)と同じ条件で絞れるだけ絞り、F22です。流石にシャッタースピードは1/2.5秒となりますが、三脚固定ですので、ブレもなく、一番後ろの車もしっかり写り込みます。

ちなみに、K-xは2秒セルフタイマーを使うと、手ブレ機能はカットされます。



(写真3)55mm F5.6 1/40秒 ISO3200 クローズアップレンズNO.3装着

次はクローズアップレンズNO.3を装着し、(写真1、2)と同じ距離から撮影。つまり、被写体からレンズ先端まで11cm。(クローズアップレンズは、1cmぐらいの厚みがある。)あれ?ピントが合います。AFでもピピって合焦します。これは良い誤算です。

クローズアップレンズ無しの画像より少し大きく写せます。1.2倍ぐらいの感覚でしょうか?特に色収差の影響も出ていません。背景ボケというより、ソフトフィルターを掛けたような感じでになります。



(写真4)55mm F22 1/3.3秒 ISO3200 クローズアップレンズNO.3装着

こちらは、絞っての撮影。blogに投稿するなら、このぐらいの写真ならミニカーの雰囲気が出ますね。



(写真5)55mm F5.6 1/40秒 ISO3200 クローズアップレンズNO.3装着

さて、次なるテストはどこまで寄れるか?

このDA L18-55の標準ズームは、カタログ値の最短撮影距離より被写体にもうちょっと寄ってもピントが合います。レンズ先端から約8cmぐらいまで寄れました。

クローズアップレンズを装着すると、33cmの位置にピントが合うというのは何なんでしょうね。単焦点レンズでの規格なのかも知れないですね。



この写真は、以前手ブレでうまく表現できなかったFETリレーです。(真ん中の丸い可変抵抗の直径は6ミリしかありません。)

暗い室内での小物の場合は、三脚固定+セルフタイマー。もうちょっと寄りたい場合は、クローズアップレンズで大きく撮ることができます。F20と絞っているので、ほとんど全体にピントが合っていて、リレー全体がよく分かります。

これより小さなものは撮らないので、NO.3が1枚あれば良さそうです。マクロレンズは、カメラ本体より高価なので、クローズアップレンズはお買い得です。

ケンコーのACクローズアップレンズNO.3は、カメラバックに入れておきます。


一眼でのマクロ撮影は、とにもかくにも手ブレに注意することが教訓でした。

この写真のように、明るい場所では開放(F5.6)でも1/100秒のシャッターが切れます。ISO800ですが、PENTAX K-xの売りの高感度での描写の良さで、手持ちでも何なく撮影できます。

(※参考までに写真1〜5のISO感度を見て欲しい。ISO3200ですが、全く画像が荒くない。ちょっと信じられませんが、私にはそう見える。素晴らしいカメラです。)


 
 

PENTAX K-xの描写力

デジ一眼「PENTAX K-x」の描写力/色再現性をテスト。MINI東名横浜のショールームで、車の撮影です。原色系のボディカラーが多いので、テストにはうってつけです。

数あるデジ一眼から「PENTAX K-x」を選んだ理由として、フジフィルムのベルビアのような色再現性があるとのレビューが決め手だった。

カメラの設定は、カスタムイメージを"ナチュラル"(彩度:標準、コントラスト:標準、シャープネス:マイナス1)にし、絞り優先AEにて撮影。EV補正やWB補正もデフォルト、使用レンズも標準ズームのDA L18-55です。

1枚目の写真は、テレ端の焦点距離55mm(35ミリ換算82mm) F5.6 1/100秒 ISO400です。

現車は鮮やかなカナリア色ですが、半逆光で濃い色合いになった。奥にある椅子の青色と赤色はよく再現している。ボケ具合もまずまず。中望遠の標準ズームですが、テレ端の開放だと、そこそこボケますね、さすがにデジ一眼です。



続いて、赤い車。

焦点距離28mm(35ミリ換算42mm) F5.6 1/60秒 ISO200

ショールームで感じる艶やかさは、よく再現しているし、特にメッキ部分、ガラスの透明感はさじ加減も良い感じ。

赤はなかなか難しい色だが、若干エンジに寄ったようだ。朱色(オレンジ系)に寄らないので、好きな色になった。



次は、白。

焦点距離50mm(35ミリ換算75mm) F5.6 1/100秒 ISO800

スポットライトのギラつきが排除されていて、乳白色で見た目に近い白です。



黒系もチェック。

焦点距離48mm(35ミリ換算75mm) F5.6 1/100秒 ISO400

全く問題ないですね。テーブル表面のブツブツしたような箇所の細部の描写はよく出ています。

【まとめ】
PENTAX K-xは、ほぼノーマル設定(シャープネスがSOFTの設定にも拘わらず)でも、色がよく乗ります。鮮やかな発色は、ベルビアで撮ったといわれたら、ベルビアと勘違いするかも知れませんね。(※緑の再現をしていないので、言い切るのもいけませんが、・・・・。フジクロームの話をしても、意味ないか?!)

今回のようなライトの強い弱いがはっきりしたショールームでも、カメラ任せのフルオートで問題ないようです。

特にオートだとISO感度が自動的に変化して、ブレないシャッタースピードを与えてくれます。ブレた写真は使えませんので、この感度の自動UP機能はいいですね。ISO800は常用に耐えないどころか、ISO3200でも問題ないのは、このカメラの最大のセールスポイントになります。


 
 

APS-C一眼、PENTAX K-x

「PENTAX K-x」

長年愛用していたKONICAMINOLTA A200が壊れ、修理は高そうだし、今更ふた昔前のものをオークションで探すのも何だし、・・・・。

オリンパスPENか、RICHO GRあたりを候補として量販店のカメラ屋を探索。売り子を捕まえ、売り場の全メーカーの一眼を触ってみた。一眼はいいですね。オートフォーカスの速さは、コンデジの比じゃあない。でも重たいのだけは、避けたい。

オリンパスPEN、LUMIX GF1は、小さいだけで特徴なし。APS-Cサイズのニコン、キャノンも液晶が使えない。最終候補は、ファインダーではなく液晶でピント合わせができるSONY αと、PENTAX K-xに絞りこみ。その後、Webでちまたの評判を検索。

最終的には、高感度でのノイズレス、フジカラーのポジフィルム(ベルビア)のような色合いが出るという書き込みに惹かれ、PENTAX K-xに決定。高感度の描写力に強いので、廉価な暗いズーム(=軽い)でも使えるのが強みであり、売りです。ボディーサイズは、A200を少し大きくした程度でホールド性も良い。白いボディー+白いレンズ(筐体)なので軽い感じがする。

標準ズーム18-55mm(f3.5-5.6)の他に、タムロンの18-200mm(f3.5-6.3)通称A14を追加した。(流石にタムロンを付けると軽い〜!っていう訳にはいきません。)

本日から壊れるまで使って行こうと思う。




 
 
<<back|<12345
pagetop