November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

工事中

家の前が、片側通行になってます。

休日なのに朝から工事中で、どどどど、ががががっとうるさいです。週末ぐらい休めばいいのに。

PEN E-PL1s+G14
絞り優先AE、1/250秒、F10、ISO100、EV-0.7

OLYMPUS E-PL1s + Lumix G14/F2.5

道を掘り返したあと、おっきなローラーが行ったり来たり。うまく、平らにしてちょ。

アートフィルターをポップアートにするんだったと、後から気づいた。毎日撮っていないと、いざという時には思い浮かばないもんだ。

PEN E-PL1s+G14
絞り優先AE、1/80秒、F9、ISO100、EV-0.3

OLYMPUS E-PL1s + Lumix G14/F2.5

 
 

夕焼けが綺麗です

子供の運転で田舎に帰省中。首都高を走行中、窓越しにフジテレビをパチリ。

絞っていますが(F11)、解像度は低いなあ!バシッという感じが出ないんです。青空は、そこそこオリンパスブルーが再現できたかな。



OLYMPUS PEN E-PL1s+G14 絞り優先AE、1/640秒、F11.0、ISO200、EV-0.7

空気が澄んでいて、綺麗な夕焼けだったので、おもわず車を止めて撮影。

あと10分ぐらいで太陽が沈んだ頃を撮れば、もう少し赤く染まったと思う。青からオレンジ色のグラデーションもいいものです。


OLYMPUS PEN E-PL1s+G14 シーンモード(夕日)、1/500秒、F6.3、ISO200、EV-0.7

 
 

会社近くのイチョウ並木(3)

昨日、今日とピーカンの快晴。またまた昼休みの散歩です。

やっと紅葉も12月になって赤くなってきましたね、イチョウの黄色、紅葉の赤、そして青空。この季節が好きです。

ISO感度をAUTOにすると、ISO200から始まるようなので今日はISO100に固定してみた。銀塩フィルムは屋外ではISO100か64が適していると思っていたので、・・・・。勿論、絞り優先AEです。

OLYMPUS E-PL1s with G14 ISO100、F8.0、1/250s、EV-0.7

この時期の紅葉を撮るのに、半逆光だと紅葉の葉が透けて見えるが好みです。

赤と黄緑の色彩のコントラストが最高です。


OLYMPUS E-PL1s with G14 ISO100、F5.6、1/50s、EV-0.3

今日は青空ではなく、低感度でなるべく絞ってみました。

画面全体にピントが合うことを期待していたのですが、このLUMIX G14はたる型も出るし四隅が暗い。なんと言っても解像度が低くボヤッと写ってますね。私的には高価なレンズなんですが、期待以上のものは出ませんね。


OLYMPUS E-PL1s with G14 ISO100、F9.0、1/60s、EV-0.7


 
 

夕焼け

夕方の買い物の帰り道、夕日が綺麗だったのでカメラを向けました。

シーンモード「夕日」で2、3枚撮ってみた。

シーンモードだと、なるほどというほど極端に設定されますね。露出は随分マイナスに倒し、赤を引き立てる設定のようです。人間の目ではこんなに暗くないし、もっとオレンジに写って欲しいところ。色再現がちょっとイメージと異なるな。

露出を中央測光にしているので、暗部の建物に合わせて撮った方が良いのかも? 今回、両手に買い物袋をぶら下げていたので、次回にチャレンジしてみよう。
OLYMPUS E-PL1s with G14 F10.0、1/500秒、ISO200、EV-0.7、彩度+、シャープネス+

 
 

会社近くのイチョウ並木(1)

急に寒気が入り冬晴れになったので、昼休みに散歩がてら会社の横のイチョウ並木をぶらついてきた。



寒暖の差があるとイチョウの葉っぱも黄色が冴えるんだろうが、今年は11月半ばというのに全く寒くないので今一歩の色合いです。

とはいっても、順光でマイナス補正をすると青空も澄んで見えます。

PEN E-PL1s with G14 絞り優先AEにて撮影。ISO200、EV-0.7です。コントラストと彩度を+1してみました。イチョウの黄色がのっぺりというかべったりしちゃいますね。もうちょっと、くっきりした絵になって欲しかったんですが、残念。

 
 

秋の風景

朝の8時半なので空気がひんやりします。

中央測光にしているので、手前の大きな木がうまくシャドーになってくれました。iAUTOで撮影。



PEN E-PL1s with G14 F5.0、1/320s、28mm、ISO200、EV0.0

田舎に帰ると、秋の風景がいいですね。

青空に柿が生えます。私的にはもうちょっと空が濃く出て欲しいのですが、露出補正なしなのでこんなもんでしょう。iAUTOで撮影。



PEN E-PL1s with G14 F7.1、1/640s、28mm、ISO200、EV0.0

 
 

成田の青空と雲

今日は、成田空港に行くことになっていたので、勿論カメラ持参です。

高速の料金所を出て、時間調整のため、成田ビューホテル前で休憩。いい雲です。

アートフィルター:ポップアート、28mm、1/640秒、F7.1、EV-0.7、ISO100
ポップアートは、コントラスト:Hard、彩度:High、シャープネス:標準

青空を際立たせるため-0.7の露出補正ですが、ポップアートは少し加工した感じの青になりますね。
(OLYMPUS E-PL1s with Linux G14/F2.5)


ポップアートは、このような原色を明るく表現する場合に適していますね。

驚いたのは開放F値でも、中景、遠景の文字がある程度詳細に写ります。

ポップアート、28mm、1/20秒、F2.5、EV-0.7、ISO100


こちらは、絞り優先AE。絞っていることもあって、手前のDHCのカートから奥の駐車場までピントが合っています。

このレンズは開放でも、絞っても良い絵が撮れますね。

絞り優先AE、28mm、1/400秒、F11.0、EV-0.7、ISO100
コントラスト:標準、彩度:High、シャープネス:Hard


満足できるオリンパスブルーは、10枚に1枚程度ですね。

同じ設定でも色合いが変わります。

絞り優先AE、28mm、1/200秒、F11.0、EV-0.7、ISO100
コントラスト:標準、彩度:High、シャープネス:Hard

 
 

青いモノを撮りたくて

青い被写体を探してると、街のバイク屋さんに目がとまりました。

曇り空ということもあって、実際の色と同じです。順光ではよい色合いが出ますね。



OLYMPUS E-PL1s + Lumix G14/F2.5

 
 

青空を撮ろうと思っています

今週、やっと晴れたので、昼下がりに会社の周りをぶらっと散歩。勿論、E-PL1sを片手にぶら下げて。

オリンパスブルーを再現したくって、青空と白い雲を撮りました。

アートフィルター「ポップアート」です。まずは補正なしのデフォルトで試します。

順光の良い条件ですが、露出をマイナス補正しないでもそこそこ青空が表現できているようです。

1/640秒、F8.0、ISO200、EV±0
ExifReaderで見ると、コントラスト:Hard、彩度:High、シャープネス:標準となっています。


OLYMPUS PEN Lite E-PL1s with Lumix G 14/F2.5

こちらは、雲に太陽が隠れた逆光です。

青い空部分で中央測光しているので、周りの家は黒くなっていますが、空を強調するにはいいでしょう。

やぱりパンケーキなので、四隅が濃くなるような気がしますね。

iAUTOとか、風景シーンモードも試して、オリンパスブルーを撮るぞ〜!


OLYMPUS PEN Lite E-PL1s with Lumix G 14/F2.5 1/1000秒、F9.0、ISO200、EV±0

 
 

オリンパス E-PL1s用の自作カメラケース(革です)

PEN Lite E-PL1sのドレスアップ作戦(2)です。

カメラケースはコンデジの時はずっと衝撃に強いGRAPH GEARを使っていたのですが、サイズが無いので自作しました。

無塗装、無染色のサドルレザーのヌメ革(2ミリ厚)なので、使い込む程に味が出る、・・・だろうと思います。


まずA4の紙にカメラサイズに合わせて、適当にサイコロを作る要領で線を引く。

型紙なので、あくまで適当ですね。

すっぽり包み込むようなケースを作ります。


はさみで型紙を切って、カメラに合わせます。

レンズの出っ張りに合わせ、余裕を持たせています。

長いべろは、裏面の液晶パネル側に差し込めるように長めにしました。


カメラに合わせて微調整しながら、2枚目の型紙で決まり。

型紙通りに、革に線を引いて、はさみでじょきじょき切ります。

後は、のりしろにボンドを付けて張り合わせるだけ。

糸のステッチだとかっこいいんだが、革を縫うような針や糸なんか持っていないので、接着材だけでいきます。


ボンドってなかなか乾かないんだよね。

洗濯ばさみではさんでおきます。

(しばし休憩 コーヒー )


高さはピッタリ合いました。ボタンを付けたいが道具も無いので素のままです。

レンズ周りはダブついていますが、まあこんなもんでしょう。

ボールペンの線が2本見えますが、これはもしもの時を考えて、ジャストサイズより大きめに切っておいたものです。後で揃えます。


はい、完成。

革の匂いもいいし、肌触りがいいね。厚みも2ミリでいい感じ、焼けると飴色に変わるんですよね、満足度100%です。

革の携帯ストラップが余っていたので、付けておきました。(色が違うけど、同じ革製品ということで。)

パンケーキを付けていても奥行きが60mmあり、少しずんぐりむっくりですが、自作にしてはうまくいった。

これで通勤途中、鞄から出してさっと写真を撮るのもさまになるかな?

購入先は、レザークラフト.jpで、20×30cmのサイズが¥1,229でした。革の種類が豊富なので、今度は違う革でクラシックなケースを作ってみようかな?



 
 
<<back|<12345>|next>>
pagetop