November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Panasonic 「LUMIX DMC-LX3」

2008年夏モデルのPanasonic LUMIX DMC-LX3。当時のハイエンドモデルだった。ちょい大きめの1/1.63型CCDは、オリンパスXZ-1と同じ。明るいF2-2.8、24〜60mm(35ミリフィルム換算)の低倍率ズーム機。家電メーカーでも技術を結晶すれば、工学レンズメーカーの入門デジ一眼を超えることができる証にもなった商品。

今回入手したきっかけは、マクロ撮り機のリコーR8の液晶が壊れ、代替えが必要になった。

ソニーのRX100やフジのXF1は懐事情で買えないので、中古のマクロに強いコンデジが候補。

リコーのCX4、GRD3あたりと思ったが、娘が持っているパナのLX5も1cmマクロは抜群なので、「LX3」をヤフオクでねばって入手(11K)。


グリップの突起もバリバリ張り出しています。

本体部がつるつるなので、片手でのグリップは無理。重量もあるし。

メッキパーツなんか、ちょっと高級感がある。


レンズはPanasonicのLUMIXお馴染みの、LEICA(ライカ)です。

LEICA DC VARIO-SUMMICRON 1:2.0-2.8/5.1-12.8mm ASPH.

35mmフィルムカメラ換算で24〜60mmに抑えているのが良い。


ライカの赤いロゴは誰でも知っていますが、このLumixのゴールドバッチはどうでしょう?丁寧に埋め込んであります。

以前は、Lの下にLumixと書いていましたが、このLX3では"L"のみ表示なので、浸透しているのでしょう。


アスペクト切換スイッチ。風景撮りなんかには簡単に切り替えられるので便利です。

レンズが大型なので、この突起は仕方ないところ。良い意味でのクラシカルなデザインで好きです。

この筐体周りの質感は高い。普及品のコンデジとは、格の違いを感じる。


SanDiskのSDカードを購入。海外パッケージがおしゃれ。

Extremeですが、class10、16GBで、たったの1,930円(送料0)です。メモリは安くなったですね。

Amazonで注文しますが、ちなみに販売元は、jnhショップ(嘉年華株式会社)というお店から、茶封筒で発送されてきます。amazon


さっそくマクロをONにして撮ってみた。

よい描写です。金属の質感、数字の塗料の色もよく出てます。

評判通り、マクロ用には良いです。シャッターが1/30秒と早く切れますね。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

Pモード+マクロで普通に蛍光灯の下での室内撮影。

ISOは上限800に設定していますが、ISO800にはなかなか上がらない。

この写真もISO400で1/15秒。手振れの心配は全くないですね。NIKONのP310は、すぐ1/4秒とかになるのに、不思議です。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

Pモードで撮影。フィルムモード「ダイナミック」以外は、ほぼデフォルトのオート。

髪の毛1本まで表現できる描写力、嘘ではないようです。

こうして見ると、カメラの性能は明るいレンズとフィルム(CCD)の大きさで決まるんだと実感します。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

これもPモード、マクロはOFF。蛍光灯下でISO 250まで上がりますが、1/30秒で切れます。

広角24ミリは、料理を撮るのにも適しています。

なんと言っても、おいしそうな色と質感が出ます。いいカメラです。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

横に長いものは横長アスペクト16:9で撮ってみた。

マクロ切り替えが簡単なので、使い易い。

濃淡のコントラスト、赤・黒などの単色などの再現力、こういう物撮りには、完璧ですね。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

屋外の撮影も、Pモードで全てオート。

地面も白飛びせず、ポーチェラカの花も印象カラー通り。グリーンも鮮やか。

フィルムモードは、ダイナミックです。

バシバシ撮るにも、AFのレスポンスがいいのでストレス無しです。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

マイナス0.7補正していますが、青空も綺麗。屋外でもシャープな描写は生かされています。

広角24ミリなので、広い高原とかは、16:9に切り替えて撮ると面白いですね。

5年も前のクラシックなデジカメですが、現在でも立派に使えます。長く付き合えそうなカメラです。カメラ

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

インテリジェントオートで撮影。

これは縦構図でのアスペクト16:9。

ちょっと斬新なので、風景というか、スカイツリーみたいなものを撮るにはいいかも。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

 
 

カナダからの手紙

日本で買って帰ったデジカメで撮ったと、カナダ(トロント)の娘から便りがありました。

朝の通勤時の写真がこれ。日本の雪とはまた違うようです。

休日には無料のスケートを楽しんでいるようです。


これが、今回購入した"LUMIX LX5"です。

デジ一眼が欲しいと言ってたんですが、技術もないのに重いだけだから、と言ってお父さんお勧めのコンデジ"LX5"です。

広角24ミリで、明るいF2.0レンズは凄いです、コンデジでもボケ味は十分出せるでしょう。露出優先/シャッタースピード優先のモードダイヤルが一眼並みですからね、これで腕を磨いたら好きなカメラを買えばいいです。(薦めたお父さんも欲しいコンデジです。)

 
 
<<back|<1234
pagetop