October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ビートルも味がある

ローバーミニと、もう一台気になる車がフォルクスワーゲン・タイプ1(通称ビートル)。ヤナセが、1953年〜1978まで正規輸入していた。


これは1976年のビートル。空冷リアエンジン。(SUNWIN EASTさんより)

小さい頃、黄色のビートルを5台見ると幸せになる、赤は・・・。昔のビートルは、池に落ちても暫くは浮かんでる、って聞いたこともある。大学の卒業式の日に、下宿先のおばちゃんが会場まで乗せてくれた。

しかし、英国での生産が終了してから、30年かぁ〜。一般的に言うなら、古過ぎるかな。

 
 

OLD MINIが欲しくなった

子供が車が欲しいと言い出したので、何がいいの?新車?と聞くと、ミニかフォルクスワーゲンの黄色がいい、との返事。

ということで、OLD MINIをネットで物色し始めた。


これは、近所のジョリーパスタの前を走るイギリスのローバー・ミニ

駅に行く途中の幼稚園にもいつも赤のミニクーパーが止まっているけど、かっこいいね。免許を取ったら、いつかはミニを買おうとずっと思っていたけど、当時はすごい高価な外車だった。1,000ccで200万円では若者には手が出ない。

このローバー・ミニは、2000年までしか作っていないので、高年式の中古車を手に入れても既に10年経過していることになるけど、日本のハイブリッド車に乗るより、古い車を大切に乗る方がエコに思える。

 
 
<<back|<1234
pagetop