December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

木のコースターを作る(その2) トリマで丸く溝を彫る


コースターにコルクを貼るので、1.2ミリほど表面を彫る。
以前は、彫刻刀で彫っていましたが、枚数をこなすため、今回はトリマの出番です。


トリマービットは、トップにベアリングが付いた直径19ミリのストレートビットを使ってみることにした。
ディグラムのビットは、最高の切れ味です。


ビット上のステンレス部をテンプレートのMDF材に当てながらなぞると、綺麗な溝が彫れます。
MDF材の厚さは9ミリです。これがちょうどいい厚みです。


中央からやや斜めにビットを立たせ、テンプレートの外側から内側に3周ほど回すだけ。
力を入れる必要は全くなく、テンプレに沿わせてゆっくりと抑えるようにトリマを水平に進めるだけです。


どうでしょう、綺麗に溝が彫れました。
時間にすると、10秒はかかっていないと思う。テンプレって凄い生産性です。


コルクは厚さ1ミリのものを使います。
貼ってみると、どうでしょう、ぴったりです。


30枚ほど彫ってみましたが、1時間もかかっていません。
やっぱりトリマを使うことで、凄い生産性です。
東急ハンズに木材の追加オーダーをしていましたが、商品が届いたとのこと。これで来週には、枚数が揃う。


削りかすもこの通り、大量に出ます。
今週はここまで。

 
 

夏の花、やっぱりポーチュラカ


気温が30度を超えると植えたくなる花、夏の定番のポーテュラカを買ってきた。1ポット95円。


赤、白、黄色、オレンジ、ピンク。
適当に植えます。


これで、秋口まで綺麗な花が楽しめます。


 
 

木のコースターを作る(その1) 今日は汎用テンプレを作っています


今週から、木のコースターを自作します。10月までに75枚作る予定。
材料は東急ハンズの「木のはがき」。左からけやき、チーク、ウォールナットの3銘木。各216円です。
もうちょっと安いと助かりますが、私が作ろうとしているコースターは厚さ5ミリですが、5ミリ厚の板って売られていないので、仕方ないです。


コースターの中央を丸く彫って、そこにコルクを貼る予定です。
今回は、枚数が多いのでテンプレート(治具)を作ることにした。板は200×300ミリ、厚さ9ミリのMDF材で、200円ぐらい。
スターエムの自在錐(じざいきり)の出番です。高速で回転させるので、しっかりLレンチで刃を固定。


最初はゆっくり、次第にドリルを高回転させていくと、外刃と内刃がうまく切れ込み、MDF材が簡単に切れていきます。
自在錐は刃がするどく高回転させる工具ですので、日曜大工の初心者にはお勧めできません。(私も初心者ですが、・・・。)


始めはゆっくりと、ある程度刃が食い込んだところで次第に回連をUPさせていきます。ものの2〜3分で綺麗に穴が開きます。
表から7割程度切れ込んだら、裏返してやるとバリとかがなく綺麗に切り抜くことができます。


木のはがきのサイズは横100ミリです。どんなカップにも対応できるうに、直径78ミリの円をくり貫きました。
小さなことですが、設計通りに行くと、なんか嬉しい。


こんな感じで、円の中心を出しておきます。


円を切り抜いたMDF材の裏側に、木のはがきがきっちり収まるように、厚さ5ミリの端材をボンドで貼っていきます。
はがきの中心を円の中心になるように、同じ厚みの板で四隅を囲うようにします。


ボンドがしっかり付くまで、一晩固定しておきます。
雨も強くなってきたことだし、今日の作業はここまで。


 
 

ローバーミニ、19年目の車検


ローバーミニ、19年目の車検をピースワークスさんにお願いしました。


最近は販売に手が回らなく、整備オンリーとのこと。
ミニ乗りのことを思うと、整備に特化するのもありかと思います。


ポールスミスのロゴ、いい感じ。


丁寧な仕事なので、安心できます。


代車のミニカはパワステ・パワーウインドウ、ドアもキーひとつでロックできます。
これって、便利でもなんでもないと思うのは、私だけかな。

 
 

LUMIX GM1S 電源ON/OFFスイッチが欠落


1年半使っているGM1Sですが、電源スイッチが外れました。
どうやら標準ズームの回転リング外れ(既に無償修理済み)と今回の電源スイッチ欠落の不具合は、GM1の2大欠陥のようです。


10,000ショットぐらいで電源スイッチは外れるということですが、納得の数字です。
保障期間が過ぎていますが、まだまだ使いたいのでWebから宅配修理サービスに申込みました。
巷の書き込みでは、この部位の修理代金は8,000円とのことでしたので、8,000円以内なら修理します、という条件で修理依頼しました。
無償にならないかなあ?

 
 

街のパン屋さんを作ってみた


ミニテュアフードの3作目は、街のパン屋さんをイメージして作ってみた。
粘土はコスモスで作っています。(フランスパンだけ、石粉粘土のニューファンドです。)


ショーケースは、5ミリ厚のカラーボードを使って、お店の名前なんかをプリントしたものを貼り付けた。


下準備のあんぱんに乗せるごま。
黒で色付けしたコスモスを半乾きの状態で指先でまるめて、ごまに似せます。


こっちは、カレーパンの揚げたて風にする衣です。おろし機ですりおろして、パン粉にします。
3、4時間ぐらいして表面が少し固まったほうがよくおろせます。


衣を付け、粉色付けしてみました。
コロッケみたくなった。でも、カレーパンです。


パン屋さんのトレイは、可愛く赤と白のチェックを被せてみました。
0.75ミリのPPシートをはさみで切って、前面だけにマホガニーの板を貼り付け、布を被せただけですが、なかなかいい感じ。


クロワッサンは、この日の一番の出来です。


メロンパンも美味く仕上がった。


私の大好きなクリームパン。赤ちゃんの手のように可愛く出来た。


孫のおもちゃには、いいかもね。


 
 

サーティワンアイスクリームを作ってみた


今回のミニテュアフードは、サーティワンアイスクリームです。


粘土はコスモスを使っています。
アクリル絵の具で着色したコスモスを広げ、そこにチョコチップを混ぜ込み、歯ブラシでたたく。
結構、強くデコボコを付けても、すぐに平らになっちゃいます。


軽量スプーンにそっと入れて、成型。
リボンはボンドで付け、つまようじでデコボコ跡を付けます。


カップはダイソーのお弁当箱に入れるマヨネーズ入れを使います。これがぴったりサイズ。
シールは適当にカーブを付けてカットし、両面テープで貼り合わせました。


孫娘が好きなチョコミント。それっぽく出来ました。


アイスが10個、スプーンもピンクの色が可愛らしい。


適当に作った割には、いい感じに出来たかな。


カップに入れて、スプーンを挿して出来上がり。


たのしく遊べそうです。


 
 

ミニテュアフード、ミスドのショーケースを作成




ミニチュアフードのドーナツを作成していたが、ショーケースが必要でしょ、ってことで作成。
4ミリ厚の板を切って、ニスを塗る。


上板と前部は、0.75ミリのプラ板をカッターで切れ目を入れて折り曲げた。
こうすることで、見た目も綺麗に仕上がります。
中段は2枚重ねて、しなり防止。


トレイは、100均のお弁当のおかず入れみたいな小さなタッパーの底部を使っています。
これに、コスモスを延ばして成型。この時、トレイにはベビーオイルを塗って、粘土がはがれ易くしています。


タッパーの底部を使ったトレイ。
トレイに乗せるだけで、フェークのドーナツも旨く見えちゃうから不思議。


まだボンドが乾いていませんが、とりあえず完成。
プラ板の透明度が無いのが残念。アクリル板は高いし、加工も難しいので今回はプラ板です。


こうしてみると、薄緑のトレイのインパクトはあるね。


ナッツは、細かく切った粘土。これ、まぶすのが大変でした。


 
 

トミカタウン、バス停を作成


バス停を作ってみた。
看板は印刷し、柱はストロー。


バス停の看板がでか過ぎた。


雰囲気だけは、Good。


 
 

ミニチュアフードのドーナツです


ミスドの家を作ったので、ミニュチアのドーナツを作ることにした。
持っている石粉土にアクリル絵の具を混ぜて、ベースの色を作ります。


絵の具を混ぜた粘土をしっかり混ぜ合わせ、この色が焼き色前の色になります。
ちょっとの絵の具でも、これぐらいの色が出ます。
1個の大きさは5mlの計量カップで計量し、大きさを揃えます。


へらと爪楊枝で表面にドーナツっぽい模様を入れていきます。
Webでミスドの実際の写真を見ながら、見よう見まねで加工しました。


私の好きなオールドファッションは欠かせません。
フェイクなので、大雑把でいいんじゃないでしょうか。


焼き色を付けました。
化粧に使うメイクアップスポンジに絵の具を付けて、ぽんぽん叩いて色を付けていく感じ。


チョコソースは、絵の具+木工ボンド+水性ニスです。
ボンドは乾くとやせるので、たっぷり盛るように掛けてみました。


半分は、チョコにしてみました。


最後の仕上げは、水性ニスをチョコが乗っていない部分に塗って完成。
始めての作品としては、なかなかの出来ばえです。


少しアップの絵。
これなら孫も喜んでくれるんじゃないかな?


私の好きなオールドファッションとチェロスもいいですね。


 
 
<<back|<12345678>|next>>
pagetop