July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

住宅展示場に初めて行ってみた


ひょんなことから、二世帯住宅もいいんじゃない?って話しになって、近所の住宅展示場に行ってみた。
モデルハウスは大きな家が一杯だね。
こんな家を見ちゃうと、現実感が沸かないんじゃないかな?と思うけどどうなんだろ。


モデルハウス・デビューは、展示場の中でも一番手前にあったヘーベルハウスに入ってみた。
和室もいいね。


親目線で言うと、台所から居間が見えるような作りがいいのかね?


お風呂の脱衣所にあるバスタオルを掛けてある温水パイプ。
これポーランドにもあった。部屋も暖めるしいいね。


子供部屋も将来欲しいところ。


大きなダイニングテーブルなら、家族6人でも狭くない。


中庭を作るなんてのもいい。


二階屋上には、バーベキュー出来るスペースも欲しいな。


ヘーベルハウスは、像が乗っても平気な頑丈な鉄筋構造が売りです。
その分、坪単価も高いようです。
これから、他のハウスメーカーにも足を運んでみることにする。


 
 

スズキの新型SUV、クロスビーを試乗


全長3,990ミリのホンダ フィットが自宅車庫に入らないことが判明したので、それより小さな車を探す。
Aセグ(全長3.8m未満)に分類される車しか、選択肢は無い!、ってことだね。


(トヨタ タンク。写真は、TOYOTAのHPより。)
Aセグの小型車では、トヨタ ルーミー/タンクもワゴンタイプで5名乗り。
最近は街中でも良く見かけますね。でもWeb等の試乗記では、あまり良いことが書かれていない。
車重が重いのはネックです。顔つきが好きじゃないので、選択肢から外れます。


(旧型BMW MINI。写真は、R56アクセサリーカタログより。)
現行の1つ前のBMW MINI 3ドア(R56)もまだ、候補としては健在。
全長×全幅×全高が3,700×1,685×1,430弌2007年2月から2014年3月まで販売なので、新しめの中古車もありかな。


最後に残ったのがTOKIOのCMでお馴染みの、両側スライドドアで、広々5人乗りのスズキのソリオ(1.2L)と、・・・
(写真は、スズキのCMより。)


昨年末に発売したばかりの軽のハスラーに似た印象のクロスビー(1Lターボ)の2車種。
(写真は、スズキ HPより。)


タイミング良く、今週末の3連休は県内のスズキグループ各社の大決算祭の広告が入っていた。
スズキの車は初めてだが、とりあえず実車を見てみようか?、ってことになった。


近くのスズキの販売店に試乗に行ってきました。
出迎えてくれたのが、真っ赤なクロスビー。まん丸のヘッドライトが可愛い。
最近の車は、ほとんどのメーカーが昆虫の目のような吊り目になって、全く個性が無くなってきているので、逆に斬新。
まっ、ひと目惚れって感じ。


さっそく試乗車に乗ることにしました。
試乗車はオレンジ色のHYBRID MXのFFモデル(スズキ セーフティ サポートパッケージ付き)。
昨今の車はみんなハイブリッド機能と安全装備を付けないと売れない。ご時世ですからね。
このクロスビーは、昨年末の発売で、確かに軽のハスラーを大きくしたような感じにも見える。


スズキではコンパクト・クロスオーバー・ワゴンと呼んでいるようです。
見方によっては、BMW MINIのクロスオーバーをぎゅぎゅっと圧縮したようにも見えなくは無いかな。


(NEW MINI CROSSOVER。写真は、MINI JapanのHPより。)
MINIのクロスオーバーは、洗練されてますね。しかし、4,315mmなのでもはやMINIじゃないですね。


全長3.8mを切ったコンパクトなSUVってカテゴリーは、このスズキのクロスビーしかないです。
3,760mm(全長)×1,670mm(全幅)×1,705mm(全高)です。


0kmが真下のスピードメーター。
スポーツ心をかきたてるというか、それはそれで良いでしょうが、40〜60kmの常用域では見ずらいと思われます。
私の個人的な意見として、高速で100km出てるか出てないかはちょくちょく見るので、100kmが中央なのが一番いいですかね。


はい、こちらは自宅駐車場にやってきました。
後ろはギリギリまで付けても、リアハッチは開きました。
途中、警告ブザーがピピピピって鳴きます。うーん、良いのか悪いのか?!


左サイド側です。余裕は無いまでもなんとか収まった。良かった。


まっ、これなら問題ないでしょ。


サイドミラーもきっちり畳めるので、OK。


右側はぴったりで、余裕なし。でも4枚のドアは無理なく開けられる。


これは、初代BMW MINI ONEです。(2006年納車時の撮影)
全幅は1,690ミリなので、クロスビーより20ミリ幅広なんですが、余裕で収まってる。


販売店に戻り、一服。
ここから眺める赤いクロスビーが、いいですね。
ほんと、ミニっぽく見える。


このクロスビーのミニカーも可愛いわ。


以下、試乗した感想。
1,000ccターボと6ATの組合せで、アイドリングストップからの走り出し時のショックの無さ、および6ATの1速から2速、3速迄の加速感は、滑らかな上に静かで予想以上。
ホンダ フリード、フィットよりスムーズに感じる。
1Lターボで、エンジンが頑張ってる感が無いです。


バリバリ走るぞ、という車では無いので、柔らか目に作られた運転席シートと、程よいサイドのサポートシート、大径タイヤと長めのサスのおかげで、長距離でも疲労感は少なそう。


フロントガラスが垂直に立っていること、Aピラーが細いので視界が広い、なんといってもボンネット先端が見えるのは運転しやすい。


どことなくミニっぽいし、大人5人が余裕で乗れる。
マイルドハイブリッドで幾分燃費も稼げる。


(現行(3代目)MINI 3 Door。写真は、MINI JapanのHPより。)
ずっとMINIを乗ってきたこともあり、これからも乗り続けていきたかったのですが、なんせMINIの3ドアは4人乗り。
現行車では5ドアも出てるし、クラブマンもありですが、全幅が大きく(1,725mm)なって3ナンバーサイズ。
駐車場には入らない。やむなく候補から外れました。


セールスガールに無理を言って2回目の試乗をし、3.8mを切るボディサイズ・5人乗りで高速も余裕をもって走れる、という購入条件をクリア。
私的には丸目でミニっぽいスタイリング(外観の見た目は重要です)とターボの加速フィーリングが一致したので、即日、契約しました。


参考までにもう一度、同じ角度からのBMW MINIを載せておきます。


こちらは、ローバー ミニ。
良い車だった。


 
 

車庫に入るか、実車でチェック(ホンダ フリードとフィット)


今週もホンダのお店におじゃましています。
S600とかのパネル、旧車はいいね。


まずは、新型フリードの試乗を兼ねて、家の車庫入れチェック。


後ろは人がひとり通れるだけのスペースを空けて駐車。


後輪側は入ったが、前輪側は少しだけはみ出してる感じ。


角度を変えてみると、良くわかる。


全長が長い(4,265ミリ)分、はみ出してるね。


続いて、フィット。ギリギリまで下げて駐車。


フリードと横幅は同じながら、全長が3,990ミリと275ミリ短いこともあって、フリードよりも収まりがいい。


問題は無いレベルで駐車出来たけど、神経を尖らせながらの車庫入れで、ちょっときついかな。


【結論】
全長4メートルを超える車は無理。4メートル以下なら、ぎりぎりOK。
よって、フィットやビッツ、デミオクラスの小型車ならぎりぎり入るけど、お隣さんに気を遣う意味では今回のフィットも対象外ですね。


この古いMINIを壊れるまで乗ることにした。
NEW MINIと2台で、どうしても必要な時にはレンタカーでも借りよう。


 
 

ホンダのコンパクトトールワゴン フリードを試乗


Honda Cars 横浜 希望ヶ丘店に行ってきた。
隣りには、納車前のフリードが止まっています。やけに大きさが違うね。


今回、このフリード6人乗りを買おうかと思ってる。
しかし、この大きさが家の車庫に入るか?


全長でいうとローバーミニが3,075ミリ、新型フリードが4,265ミリ。
写真ではそうでもないけど、その差1,190ミリ。つまり1.2mも長い。


この色、いいね。


前方の視界。なんか近未来的な感じ。
ただ、右前方のピラーがじゃまだし、ウィンドウの傾斜があって、違和感は相当ある。


デジタルメーターは好きじゃないけど、色んな情報が読めるのはいいかも。
この車はハイブリッドで衝突回避のホンダセンシング付き。見積り取ったら260万。どーしよー。


 
 

横浜も大雪


午後から降り始めた雪が、深々と積もっています。


夜も21時ぐらいまで降ってました。
こんなに積もった。タイヤの下半分ぐらい隠れた。


翌朝は快晴。


庭側でも15センチぐらい積もってる。


雪だるま。


新聞配達の長靴の跡だけ。


家の前の通りもこんな感じ。


車に積もった雪だけは、降ろしておきましょ。


人が通れるだけの通路を確保。


 
 

Welcome to Japan!!!(2017/12/30〜2018/01/21)後編

1/5(金)区役所に婚姻届けを出す。しかし、出生届けの日本語訳が足りなかったため、後日、再提出。


1/6(土)
今日は、クリスがポーランド料理を作ってくれます。


鶏の手羽先を煮てる。


玉ねぎは直火。凄い。


トマトソースを加える。


トマトベースのスープ麺の完成。
美味しそう。


続いて、夕飯の準備。


ハンバーグです。


こねこね。


まんまるです。


マッシュポテトにはハンバーグの煮汁をかけて頂きます。
とっても美味しいです。


大人6人分+子供2人分は大変です。


美味しそうにほおばってます。


みんなで一緒に食べると美味しいね。


笑顔がこぼれます。


デザートはみーちゃんのベークドチーズケーキ。
今日は、昼も夜も手作りの食事。美味しかった。


1/7(日)
今日は、外出。ラーメンも日本食でしょうか。


久々にビリヤードで遊ぶ。(鶴ヶ峰)


一人で練習している子にゲームを申し込んで、一緒にプレイ。


なんと、ジュニアのチャンピオンとのこと。偶然って凄い。


1/9(火)〜11(木)は会社のため、写真は無し。
これは、友達からお祝いに貰ったお酒。


晩酌に飲む。


1/12(金)パーティー前日
明日が日本での結婚披露パーティーなので、ドレスなどを会場に持ち込む。


会場は横浜の馬車道。


会場入り口のボードには、既に明日のパーティーの名前が。


受付が2階になります。


2階受付の案内ボード。


席次表。


準備前の待合室。


チェキも用意した。


1/13(土)日本での結婚披露パーティー。


3階の会場に向かう階段の壁に写真を飾る。


こんな感じ。


チョークでコメントを書いてます。
2階の控室から3階の披露宴会場までの間、楽しめます。いいアイデアですね。


新郎新婦のひな壇。


可愛らしい。


ゲストのテーブル。


名札は、昨日の晩に作って、やっと間に合った。


シャンパンで乾杯。


角度を変えて。


料理なんぞを載せておきます。


肉も。


ウォッカは、持ち込んじゃった。


一杯、写真を撮って貰いました。


私のベストショットです。カメラ、重そう。


これ、美味しかった。


ウエディングケーキ。


当日は電車の事故にも関わらず、子供達も大勢来てくれてありがとう。
園長先生はじめ、遠い所からわざわざ来てくれた友達もありがとう。


会場手配から受付、司会も写真も全部友達に頼んで、快く引き受けてくれた全ての友達に感謝です。
とっても良いパーティーになりました。


パーティーも終わり、ほっとした様子。


あっという間に過ぎちゃった。楽しかった。


1/14(日)パーティー翌日
今週末は、富士山を見に行く予定なので、スノータイヤに履き替えます。


クリスに手伝って貰いました。
ポーランドでは、11月にはスノータイヤに履き替え、タイヤはお店に預けるそうです。


前輪を交換している途中、ジャッキが外れたけど、なんとか完了です。


パーティー会場に預けていたドレスを引き取った後、夕飯は妹夫婦の家にお呼ばれ。


1/19(金)富士山ツアー
最初は山中湖の長池親水公園。全く富士山は見えず。


続いて、新倉山浅間公園。


はい、記念撮影。


お参り。


咲くや姫階段は、397段あり、長さは約200メートル。
この階段、勾配もあり結構きつい。


お目当ての五重塔(忠霊塔)。ここは五重塔と富士山が見える、絶景スポット。
しかし、富士山は見れず、残念。


こちらは、Oiちゃんが撮った写真。3日後の同じ場所から撮影したもの。
見事です。


昼食は、昭和の雰囲気が残る食堂で。


私はかつ丼。


こんなレトロが急須と湯飲み。絵になる。


3ケ所目は、河口湖。ここでも富士山は見れず。
お土産を買って帰ることにした。


1/20(土)日本最終日
日本での最後の夕食は、クリスが作ってくれた。
マッシュルーム、パプリカ、人参、玉ねぎ、グリーンピース、ポーク、生クリームは富士スーパーで調達。
美味しかったよ。


1/21(日)帰国
羽田でお茶してます。


午前中の早い飛行機でパリ経由ワルシャワへ帰国。


バイバイ。3週間、毎日楽しかった。また日本に来てね。
Dziękuję bardzo


 
 

Welcome to Japan!!!(2017/12/30〜2018/01/21)前編

ポーランドから娘夫婦が冬休みを利用して帰国した。その忘却メモです。


12/30(土)羽田空港にお出迎え。


日本に来て最初の夕食は、スシローの回転寿司にチャレンジ。
初の生魚ってことで、果たして食べられるか?


箸の使い方は結構、さまになっている。
・・・が、甘エビはダメみたいです。確かに、エビは生っぽいですからね。


12/31(日)大晦日。
大晦日ですが、昼食はたこ焼きとお好み焼き。


卓上コンロでやるのも珍しいようです。


お好み焼きをひっくり返す。完璧な腕前。


子供はたこ焼きが大好きです。


夕食までくつろいでいます。


いいね、こういう絵。


日本の大晦日は、やっぱり年越しそば。
まずはふるいにかけます。


水やりは慎重に手早く。


まとめて、こね。


次は伸ばします。


切っていきまーす。


初めてなのに、慣れた包丁さばきで、結構旨いね。


お父さんの指導がいいのかな?
でもこの後、指を切っちゃった。


はい、上手に出来ました。


ざるそばとビール。いいね。


美味しいといいが、どうでしょう。


ざるそばの後は、温かいお天ぷら蕎麦。
スパークリングワインで乾杯。


お腹いっぱいになったかな?


2018年1月1日。
年が明けたので近所の宗川寺にお参り。


今年も良い一年になりますように。


除夜の鐘をつく。


無宗教の彼、何を願っているのか。


日中は、瀬谷の八福神を巡る。
西福寺。


西福寺は、子宝の神様。


元日の夕食は、おせち料理。


かまぼこ・きんとん・昆布巻き、・・・。
まさにJapanって感じです。


家族4人だけど、楽しい正月になりました。


1/2(水)
そろそろ肉が食べたくなるだろうと、かつ泉のとんかつ。


とんかつは私も好物。
1/2の昼なのに、お店は予約客で混雑してます。


日本に来て初めての肉に、満足そうです。


1/3(水)
今日は、焼き鳥をやってます。
普段、冬はやらないけど、ゲストに食べさせないとね。


最初、串を横に持って食べてました。


砂ぎもと焼きおにぎり。


寒いながらも屋外の焼き鳥はいいです。


スモークはチーズ・たまご・ちくわ。


残り炭で焼きポテト。
これは凄い。いきなりアルミホイル無しで直火に放り込む。


出来上がりはまさにワイルド。


半分に割って、スプーンですくって食べると、なかなか美味しい。


これは日本人には初めてなので、逆に新鮮。


1/4(木)
今日は私の実家の茨城に。
田舎の昔からの習わしで、初客には料理でもてなす。いい文化です。


なによりの贅沢は、この白いご飯でしょう。


ちょっと緊張している様子。


親子4代の大家族での食事はいいですね。


ふすまや欄間も大いに気に入ってくれたようです。


親子4世代の集合写真。いいね。


食事のあとは、近くを散歩。
ちょうど蓮田で収穫の最中。こんなのみたこと無いでしょうね。


田舎の雰囲気、出てますね。


大きな家にも驚いていたようです。


短い滞在時間でしたが、良かった。


ポーランドでもポピュラーな餃子に似たピエロギがあるが、今夜は焼き餃子と枝豆。


ホットプレートで焼きます。いい焼き色が付いて美味しそう。


これも口に合ったようです。


 
 

COSTA COFFEE とドリップスタンド


ポーランドで飲んだコスタコーヒーのマグカップが気に入っています。
大き目の白いカップに赤茶色のロゴがプリントしてあるだけのシンプルさがいい。
写真は、http://positivelyputney.co.ukより。


そんなら作っちゃおう。って訳で、型紙をプリントアウトし、作成。


型紙を作ったは良いが、丸いカップにはどうしても無理があるね。


ペベオ ポーセレン150で文字入れし、2日間自然乾燥の後、オーブンで素焼き。


ちょっとロゴが綺麗じゃないけど、COSTA COFFEEの雰囲気は出たんじゃないかな。


続いてドリップスタンドを作る。
厚みのある板を底板とし安定させ、上板との間はステンレスのボルトで固定する方式。


上板をボルトで止め、ターナーのアンティークワックスを塗って、はい完成。
ドリップスタンドを作ったのには訳があります。マグカップの口が大きいので、フィルターが安定しないんだよね。


上から見るとこんな感じ。単純に丸い穴を空けただけです。


カリタのコーヒーミルで、豆を挽きます。


豆を挽いて、ドリップスタンドでコーヒーを入れると、香りもいいし、なんとなく旨い。


 
 

恒例の餅つき


12/28は恒例の田舎の餅つき。
出来立てのお餅をほうばると美味しいね。


餅を袋に入れて伸ばす。これが熱くて、結構難しい。


丸めた餅。


伸ばした餅。


昼はお雑煮。


 
 

下駄箱の下にシューズBOXを作成


下駄箱の下の空間がごちゃごちゃしているので、シューズBOXを作ることにした。
材料は、ひのきの押入れすのこ。軽いし、湿気に強そうなので。


とりあえず台座と表面の板を、プラスチックハンマーでたたいてばらす。


表面部の板は、先日作った収納棚の余りを使う。


四隅にキャスターを4個(1個61円)取付け、前後に可動するようにした。


棚も半2階にして設置。表側だけを塗装した。

最後にアンティークな取手(1個169円)を2ケ所に取り付けて完成。


ごちゃごちゃした玄関でしたが、隠す収納で下駄箱の下周りがすっきりした。


 
 
<<back|<12345678>|next>>
pagetop