November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

PENTAX K-01が復活(ホワイト×ブルーのレンズキットDA40mmF2.8XS)

コンデジのPENTAX MX-1の写りの良さを味わったおかげで、すっかりペンタックスファンになった。

2012年5月発売のエントリークラスのミラーレス一眼、PENTAX K-01です。

ちなみに、トイカメラではありません。


フラッグシップ機K-5と同じセンサーサイズ(ASP-Cサイズ)、そしてレンズキットの「DA40mmF2.8XS」はビスケットレンズの愛称で、すこぶる高評価を得ている。35mm換算で61mm相当の画角とちょっと大きな画角な単焦点レンズ。

解像度は、K-5以上とのことで期待も大。PHOTOHITOの投稿画像は、ほぼネィチャーフォトオンリーで凄いわ。

この投稿画像を見たのが購入の最大の理由です。カメラ


既に初代モデルはアンテナモデルだったのでしょう、発売1年を経たず販売停止になっていたが、新色ホワイト×ブルーのカラーモデルが再販されていたので、レンズキットをヨドバシにて購入。

このキットレンズ「DA40mmF2.8XS」の相場が25K程度なので、ボディーはたったの8Kという信じられない価格です。(写真右下が、そのDA40mmF2.8XSレンズです。)


梱包出荷時のファームウエアバージョンは、1.00のままです。

RICOHのホームページでは、既に1.04のものが公開されていますので、さっそくバージョンアップしました。

AFの速度も向上した仕様のようです。


他メーカーのミラーレス機は薄く・軽くのコンセプトでレンズも新マウント方式に合わせてミラーレス用を新規開発しているが、PENTAXのみマウント部を変更せず従来のレンズを使うユニバーサル規格で商品化。

古いフィルムカメラのレンズも使えるので、楽しみが増えそうです。3万円でお釣りがくるASP-Cミラーレスは魅力的です。


AFはコントラスト検出方式のみで合掌が遅いとのことですが、スローに風景を撮るのにAFスピードを競うこともないと思ってる。

だって、昔は記念撮影では「ハイ・チーズ」が合言葉だったし。

シャッター音は、コンデジの擬似シャッター音では味わえない重みのある音が最高です。


横から見ると、ほんと厚みがあるわ。そしてずっしり重い。

弁当箱とも呼ばれていますが、この白と明るい空色の2トーンカラーは、地中海のチュニジアカラーでお気に入りです。(行ったことは無いですけど。)

白と言っても真っ白なペイント塗装ではなく、少しグレーが入ったマットな白で汚れが付かない感じで質感がいいです。


デジカメもデザイナーズモデルが出るような時代になったんですね。

底蓋のバッテリー部屋にしっかり名前を入れています。


これで、レンズ装着しています。

四角いボディーからちょこっとレンズが飛び出していることろが可愛い。ビスケットレンズというだけあって、付けているかどうか分からないほど薄い。このレンズもデザイナーによるもの。

レンズキャップをすると、その分出っ張るのが残念なところ。


カメラのデザインは他社にはありえない、というか大人の遊び心を刺激するユニークなデジカメです。

デジタル一眼レフカメラはこういうデザインという固定概念を持つオールドカメラファンでも受入れちゃいます。

ボディートップのデザインがこのカメラの魅力です。


モード切替えダイヤルはしっかりクリック感があって抜群です。高級感があります。

とはいえ、露出補正ボタン、グリーンボタンやレッドボタンの配置はデザイン最優先で、人が使うことを完全に無視した配置になっています。


レンズキャップは、ゴム製でかぶせ式ではなく、グニュっと押し込んではめます。

こんなの初めて。すぐにキャップを紛失しそうな予感。

レンズ交換時のボタン、これはすっきりしてグッド。


このカメラの難点のひとつが、この右側側面のSDカード装着部。

グリップ同色の空色のラバーで覆われていて、ゴムということもありカチっと閉まらない。SDカードカバーを付けている点は○ですが、ゴムラバーを開けて、またカードカバーを開けてと手間がかかる。

このラバーのヒンジ部は、すぐ劣化して切れやしないかとちょっぴり不安です。


いつものサンディスクのExtremeです。

今回ゴールドラベルを注文してみましたが、カタログ値では従来の商品との違いが分かりません。ここは、気分でゴールドラベルを使ってみることにしました。(当然、平行輸入品の安価SDカードです。)


エントリー向けとして、これまでK-xやK-rといったコスパの優れた商品を出しているPENTAX。ニコン、キャノンとは一線を引いたこれからのAPS-C路線の方向性には拍手を送りたい。

既存Kマウントレンズの資産を持っているわけではないが、気になるところ。


付属のストラップも黒に白文字のPENTAXがなかなか洒落ています。

高倍率ズームレンズがもてはやされている中、単焦点レンズもいいんじゃないかな?

やっと春めいてきたので、ビスケットレンズと共に首からぶら下げてブラブラ散歩したいと思う。少し重いけどね。桜


 
 

PENTAX MX-1 PUレザーケースを注文してみた

AmazonにてPUレザーケースを注文。amazon なんてんたって999円ですから。

翌日(2/1)にはパピネスから出荷したとの連絡あり。中国企業も春節に営業していることのびっくり。

お届け予定日 2014年2月16日日曜日 - 2014年2月22日土曜日とのこと。のんびり船旅してくるんでしょうね。届くを楽しみにしていたところ、2月20日に届きました。

関税もPASSしています。上海から送料 688円は、安いですね。


合成皮革なんですが、第一印象では1,000円には見えない。

但し、皮革にも絶対見えない。


内側はなめし革風でソフトな仕上げになっています。

縫製とかしっかりしてるし、合格。


底蓋はしっかりした作りで、三脚穴にねじ込む方式。なんか、銀塩カメラを思い出します。

ネジ穴もぴったりですので、うまくフィットします。このネジも真鍮っぽく出来ていていい味です。

黒のプラスチックにしなかっただけでも雰囲気はUPします。


背面はフルオープンになります。

ボタン類を干渉することもなく、使い勝手も良い。


グリップ部はふくらみを持たせています。

このちょっとした出っ張りがなかなか良い。オールドカメラケースにはない、最近のデジカメケースって感じがします。


クラシックなMX-1にはクラシックなカメラケースがぴったりです。

中国製はなにかと問題がありますが、このカメラケースに関して言えば中国労働者の丹精な技術に感服です。


 
 

まさに快晴

大雪のあとは、まさに快晴。晴れ 雪の白さが眩し過ぎる。1日雪かきしたせいで、腕は上がらないは、腰は痛いわ、足も動かないわ、最悪の筋肉痛が残っていますが、この天気は最高。Pオートで撮っていますが、この空は、ペンタックスブルーです。!

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 

丸一日、雪かきで終わりました

朝の7時過ぎから16時まで雪かきで終わりました。

今回の雪は、青くてきれい。ほんと氷河のよう。ビールを冷やしておきました。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

車は最後になりましたが、こんだけ雪に埋もれていましたが、なんとか出せました。どうでしょう、50センチは積っているんじゃないかな。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

いやあ、腕も腰も痛い。

休日でよかった。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


 
 

まるで雪国、ドアが開かない

先週の雪がまだ残っているというのに、また大雪。今朝起きると、玄関のドアが開かない。怒り やばいことになってます。まるで北欧かどこかの雪国の景色です。ここ、横浜なんですけど。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ちょっと、途中経過を記録しておきます。

これは昨日の夕方17:33の写真。

朝から降り続いているので、車の屋根は30センチ以上積ってる。

湿った雪なので、ミニの屋根は凹むんじゃないかと心配。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

同日、19:16。

タイヤも半分以上隠れてしまった。まだ止む気配は感じられず、どこまで積るんだかびっくり

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

同日、真夜中の1:41。

タイヤがすっぽり埋もれてしまっています。

夜半からは雨に変わる予報だったが、依然雪が降ってます。風が舞っている感じで寒い。

(デジカメは、夜に強いSONY RX100で撮影。)

SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-100mm(35ミリ換算) F1.8-4.9

そして、今朝。

こうなるとは想像もしていなかったため、言葉がありません。泣き

雪から雨に変わっています。雨が上がったら雪かきします。半日かかりそう。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 

PENTAX MX & MX-1

タカラトミーのPENTAX一眼レフカメラ ミニチュアコレクションです。(210円)

1/3スケールって書いてありますが、1/10ぐらいにしか見えない。

面白いので、デジカメMX-1と並べてみました。

LUMIX DMC-LX3 LEICA DC VARIO-SUMMICRON F2-2.8 24-60mm(35ミリ換算)

 
 

メントスのグレープ味をGETしようと試みた

ベビザラスの店内にあった100円でチビメントスが3ケ〜5ケ出るガチャガチャ。

機械の前に人影があると、音楽が鳴り出します。この装置自体は、お金が掛かっているんじゃないでしょうか?

私はメントスとハイチューのグレープ味が大好きなんです。あの甘味料とギトギトした香料の香りが好きです。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

100円入れて、ストップボタンを押すと、5・4・3・・・・数字がぐるぐる回り、ピ・ピ・ピッって止まりました。

やっぱり3でした。グレープも出なかった。泣き

やられたな〜、うまい商売やってます。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 

横浜も大雪でした

家の前の雪かきをして、なんとか表に出ました。

小さな路地は一面真っ白で雪国です。

真っ青な空と白い雪で眩しい。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

環状4号線はだいぶ雪が解けています。

端のほうはジャリジャリのシャーベット状の雪です。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

坂道や大きな交差点はシャベルカーが出ていて、雪かきしてくれています。

相鉄の陸橋とかは夜中作業していたようで、すっかり除雪されていました。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ガソリンを入れておきます。

スタンドのおじさんも雪かきで大忙しのようです。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

駐車場の奥には、空気が澄んでいることもあっり、大山(おおやま)山系が見えます。

いい景色です。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 

朝起きたら大雪でした

朝起きたら、一面真っ白。

今日は一日降り続けるらしく、関東平野部でも25センチとかの予報。25センチってどんだけ降るんでしょうか?確かに、さらさらの雪で積りそうな予感。

今日はこれから愛犬の病院に検査予約をしてあり、出かける予定。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

さっそくスタッドレスに履き替えます。

年に1回か2回した役立たないけど、こんな日には大活躍。

油圧ジャッキの足場が悪いこともあり、1時間以上かかって4本装着完了。タイヤの空気圧が低いと思うが、ま、いいでしょ。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

家の前でこんだけ積ってます。

大通りになれば少しは平気だろうということで出発です。とにかく寒い。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

交差点もどこが直進レーンなのか見えなくなってきました。



PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

車はほとんど走っていません。路線バスはとろとろ運転です。

大雪になると、なんだかうれしくなるんですよね。

スタッドレスタイヤって凄いなあ、普通に走れちゃうから感動ものです。ドラえもん

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

夕方になり、結構積りました。横浜では経験したことのない大雪です。

タイヤの半分近くまで積ってる。これ、やばくない?

夜7時の天気予報では、今夜遅くまでは断続的の降り続くそうです。明日の朝はどうなっていることやら。

SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-100mm(35ミリ換算) F1.8-4.9

 
 

富士山が綺麗に見えた

今日は北風が強く、体感温度が4、5度ってとこでしょうか。寒いっす。

近くのスーパーの2階屋上ですが、お陰で富士山もバッチリ見えました。

ちなみにこのスーパーの名前は、フジ・スーパーといいます。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

Aモードで、最大に絞ってF8.0、1/200秒、ISO100.

もうちょっと大きく写したいので、デジタルズームも最大に。

デジタルズーム倍率は1.95倍となっている。 4倍×1.95倍で約7.8倍のズーム倍率となり、35mm版換算で112mmが218mm相当の画角になるようです。

コンデジとしては十分でしょう。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 
<<back|<12345>|next>>
pagetop