November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プラチナ 固形ラインマーカー

プラチナ萬年筆の「固形ラインマーカー(蛍光)」(SOLID type Marking pen)が面白い。

ラジオの英語講座のテキストは、紙肌は粗く中目なので滲まないのがいい。桐原書店のForestは、紙厚が特に薄いので透けないのがいい。
・・・・ということで、「滲まない・透けない・裏うつりしない」という3要件でマーカーを探していたら、良さそうなのを発見。


PLATINUM 固形ラインマーカー(蛍光) ¥105(ダイソー)

化粧袋には、"ユニーク、固形マーカー!薄い紙、FAX用紙、コピー用紙にもなめらか、裏うつりなし。"と書いてある。
グリップを回転させて芯を出し入れするタイプで、芯径は約8ミリで太い。


丸芯(約8ミリ)で、タッチはとてもなめらか。他の色も欲しくなる。

実際にマーキングしてみると、非常になめらかにすべる感じで、口紅を塗っている(したことは無いが・・・)ような書き味です。今回は蛍光グリーンを使ってみたが、宣伝文句通り裏うつりは全くしません。ピンクや黄色も欲しくなります。(お店にはグリーンしか無かった。)

ただ、難点は筆圧を強くすると最初のマーキング位置に固形芯が多めに付くので、小学校低学年には向かない。芯が柔らかいので、黒板に書くチョークのようにみるみる減っていくような感じがします。また、写真ではよく分かりませんが、芯とホルダーにほんの少しだけすきまがあるようです。

試しに芯を全部出してみると、長さは39ミリ程度で、本体(105ミリ)の半分以上は空いていることになります。まるで全部が芯のようなパッケージングです。

 
 
<<back|<123
pagetop