November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

COSTA COFFEE とドリップスタンド


ポーランドで飲んだコスタコーヒーのマグカップが気に入っています。
大き目の白いカップに赤茶色のロゴがプリントしてあるだけのシンプルさがいい。
写真は、http://positivelyputney.co.ukより。


そんなら作っちゃおう。って訳で、型紙をプリントアウトし、作成。


型紙を作ったは良いが、丸いカップにはどうしても無理があるね。


ペベオ ポーセレン150で文字入れし、2日間自然乾燥の後、オーブンで素焼き。


ちょっとロゴが綺麗じゃないけど、COSTA COFFEEの雰囲気は出たんじゃないかな。


続いてドリップスタンドを作る。
厚みのある板を底板とし安定させ、上板との間はステンレスのボルトで固定する方式。


上板をボルトで止め、ターナーのアンティークワックスを塗って、はい完成。
ドリップスタンドを作ったのには訳があります。マグカップの口が大きいので、フィルターが安定しないんだよね。


上から見るとこんな感じ。単純に丸い穴を空けただけです。


カリタのコーヒーミルで、豆を挽きます。


豆を挽いて、ドリップスタンドでコーヒーを入れると、香りもいいし、なんとなく旨い。


 
 

下駄箱の下にシューズBOXを作成


下駄箱の下の空間がごちゃごちゃしているので、シューズBOXを作ることにした。
材料は、ひのきの押入れすのこ。軽いし、湿気に強そうなので。


とりあえず台座と表面の板を、プラスチックハンマーでたたいてばらす。


表面部の板は、先日作った収納棚の余りを使う。


四隅にキャスターを4個(1個61円)取付け、前後に可動するようにした。


棚も半2階にして設置。表側だけを塗装した。

最後にアンティークな取手(1個169円)を2ケ所に取り付けて完成。


ごちゃごちゃした玄関でしたが、隠す収納で下駄箱の下周りがすっきりした。


 
 

カントリー調の収納棚を作った


居間の周りが片付かないので収納棚を作ることにした。
色はカントリー調を意識して、Jカラーのジェンシアンブルーを選択。


1回目の下塗りは、ブルーに白を15%程度混ぜてやや白っぽい色で塗ります。


小さな収納棚とはいえ、引き出しも作るので、結構な枚数になりました。


2回目の塗りは、ジェンシアンブルーで、ウッドパターンを出す。
ウッドパターンは、アサヒペンのコテを使って引きました。


小さな引出しは2個作りました。


引き出しノブは、ボルトが長かったので適当な長さに鉄切りノコで切断。


棚全体がブルーのカラーに、イエローの可愛らしいノブがアンティークな感じでGoodです。


古い整理棚の上に設置して完成。
整理棚の上がごちゃごちゃしていたのですが、見た目もすっきりした。
写真右奥のドアの色とお揃いのカラーなので、違和感はないです。


 
 

和式トイレから洋式トイレにリフォーム


家のトイレは和式の古いトイレ。
外国人のゲストの為に、年内に洋式トイレに交換する工事をお願いした。


水の元栓を締め、まずは便器を外す。


タンク、ペーパーホルダー、タオルハンガーを外し、壁の下周りのタイルをはがしていく。
汚物の排気管には詰め物をしています。


外したタンクは外に。


床のタイルもはがしたところ。


給水パイプの通る壁をはがす。


汚水の配管もうまく加工して取り付け。


給水パイプを延長して新しくパイプを設置。


手洗い用のタンク周りの壁が腐っていたので、新しくベニヤに取り換え。


給水パイプが引かれた壁は、補強材を両サイドに入れてます。
丁寧な施行です。


トイレのドアはリフォームの対象外なので、ここだけはお父さんがペンキを塗る。
ヨーロッパをイメージしたグリーン系のカラーを選択。JカラーVibrantシリーズのアンティックグリーンです。
2リットル缶で2,600円。


床には厚みのあるベニヤを上から敷いています。


隣の部屋のブレーカーから直接電源を取っています。


電源コンセントを新設。


パテは粉末のものを使用しているようです。


軽ワゴンに作業用の用具が満載。坂道は登らないと言ってました。


これが新しいLIXIL(リクシル) のトイレです。
温便座とシャワーをリモコンで操作するもの。今時の便座は陶器製では無いので軽い。


1日目の作業はトイレを設置したところ迄。これで夜のトイレが使用出来るので助かりました。
2日目は、壁全面にパテ塗りからスタート。ドライヤーで乾かしていました。


乾燥後、#100の紙やすりでやすり掛け。
配線部も綺麗になった。


壁紙の貼り方と切り方を丁寧に教えて貰いました。
若い職人さんですが、仕事も丁寧で綺麗です。


コーナーは難しそうです。


壁紙を合わせてカットしている所。カッターの傷はシールを貼っていました。
仕上がりは全くカットしたようには見えません。これは素晴らしい。


床はブロツワフの宿がテラコッタ柄だったこともあり、どうしてもテラコッタにしたかった。
東リのテラコッタを選択、正解でした。


こげ茶色の巾木で、引き締まりました。


ドアを取り付け、ペーパーホルダーとリモコンを取り付け。


タオルハンガーはこの位置に取り付け。


テラコッタの床に花柄の壁紙で清楚な空間になりました。


リフォームが完成しました。
2日間、総額35万円ですが、洋式トイレは必須ポイントなので満足です。


ドアもカントリー調で綺麗です。


 
 

玄関の床の張り替え


玄関ですが、べこべこに浮いてきたので、床材を上から張ることにした。
床材はなるべく無垢のものがいいかな、と思う。


購入したのは呼吸する床材euca 天然木化粧(バーチ(カバ))です。3.3平米で11,800円。
のこぎりでカットし、仮置きしてみた。なかなか直角にカットするのが難しい。


木工ボンドを塗って、釘で止めていきます。
段差も上手く処理できたので、いい感じです。


上がりかまちは、後付け上がり框で既存框の上から張るものを使用。
DIYとはいえ、費用も約15,000円で見違えるような仕上がりに100%満足です。


 
 

玄関の内照明の交換


年末年始にかけてお客様が来るので、目に付く所のプチリフォーム。
玄関の内照明と寝室の蛍光灯を変えます。


玄関の内照明は一度も交換したことが無いので、こんな感じの昭和の蛍光灯が付いています。
天井もしみが浮いていますね。


配線は直付けですね。ちょっと怖い気がする。


角型引掛シーリングを横に取り付けることにした。


交換前と比べてみると分かるように、昭和レトロの電灯から雰囲気ががらっと変わった。
和風を意識したけど、いい感じじゃないでしょうか。


丸い大きなシェードのライト。
電球も経済性を考え、LEDに交換。最初白熱電球の60W相当を付けたが、暗いので100W相当にした。


内玄関が明るくなりました。


 
 

雨戸の戸車交換で、すいすい滑るようになった


NKホームの雨戸が重く、ギーギー鳴く。
もう何年になるだろうか、20年は経ってる。まだ一度の戸車を交換していません。


戸車の車が磨り減ってしまって、台座と同じ高さになっていた。


買ってきたのは、「ナイロン樹脂戸車の24ミリ平」というもの。この上のサイズの30ミリ平では大き過ぎでした。
1ケ79円です。雨戸2枚を交換するので、4ケで316円。高さを調整するような機能は付いていないシンプルなもの。
1ケ500円ぐらいするかと思ったいたので、安過ぎです。


3ミリの穴を空けます。アルミなので簡単に空きました。


M3×10ミリのトラスねじを内側から挿します。
外側にボルトを付けるような向きじゃないと、ボルトが閉まらないので、ピンセットを使ってねじを入れてます。


締め付けてます。ナットは5ミリでもなく、6ミリでもなく、何ミリなんでしょ?インチサイズか?


はい、完成。2枚交換しました。


驚くほどスムーズに転がります。今までギーギー鳴っていたのが嘘のようです。


 
 

居間の天井のペンキ塗り


居間の天井の塗装が、ところどころ剥げてきているので、塗り直すことにした。
前に塗ったのはいつだったか?ポッキーが来る前だったと思うので、かれこれ20年前か?定かでない。
まず、ゴムへらでこすって塗装を剥がし、軽く養生します。


ボロボロと塗装が落ちます。


このペンキもいつの物か不明。結構、余っている。3リットル缶の7割程度は残っている。
水性なので若干固くなっていたが、水を2割程度入れて、十分にかき混ぜたら使えるようになった。


ペールブルーって色なので、やや青みがかった白です。
前の色は、ややパープル系の白だったので、だいぶ色合いが違うようです。


一度塗りですが、薄いところは二度塗りしているので、そんなまだらにならず完成。
少しペンキが余ったので、お風呂と洗面所の天井も雨漏りのしみが出てるので塗っておいた。
3リットル缶だと、結構塗れます。覚えておこ。(っていうか、blogに書いてあれば振り返りできるのがいいね。)


 
 

日本人は煎茶でしょ、メープル材で「茶さじ」を作ってみた。


メープルの端材を切って、「茶さじ」を作ります。台風が来そうなので午前中には完成させたい。
茶さじって、茶室では竹のイメージがあるが、まあここはメープルでいきましょう。


フリーハンドで持ち手を線引き。そして、糸のこで丸くカット。
きついRなので、結構時間がかかった。


これからが大変。
内丸のみで内側を削ります。道具は曲がり内丸といって、首が曲がっているのでのみの頭を叩くとき、金槌が微妙な角度なんですよね。まあ、慣れですけど。
カンカン叩き、ある程度のRを付けます。
メープル材はそんなに堅くはないけど、面が小さいのでちょっとづつ彫ります。


次は彫刻刀の親分みたいな細工刀で、さらにRを付けていきます。
細工刀を使うこつは、両手を使って小指側を固定して、てこの原理で「くりっ・くりっ」って彫ることです。
ちょっとづつしか彫れないので、根気がいる作業です。


このくらいのRです。実際の茶さじを使ったことは無いので、こんなもんでしょ。
田舎でもお茶の葉は、茶筒の蓋に入れて急須に入れていたので、茶さじなんか見たことないし、適当です。


内側を削るのは大変でしたが、外側は楽です。
鋸やすりでざっくざくと削っていきます。小物ならほんの10分ぐらいで形になります。この道具は日曜大工には必須です。


あとはペーパー掛け。
最初は#150ででこぼこを落として、全体を均していって、#320→#600→#800って感じ。#800だと磨いてる感じです。
持つところはうまい具合に出来たかな?メープルの木目もなかなか良いです。


はい、こんな感じに仕上がりました。あんまり茶葉は乗らないですね。まあ、こんなもんでしょう。
さっそく、使ってみます。


ちなみに、玉露です。
八女とかの高級品じゃなくって、三重県伊勢の玉露。
これから、氷(こおり)出しで飲んでみます。


 
 

ウッドデッキと屋外テーブルにペンキを塗ります


5月にできなかったウッドデッキと屋外に設置しているテーブルの塗装です。
2年に1回のルーチンです。ウッドデッキの床は、安い塗料を使うので結構剥げてきています。


いつものアサヒペンの水性ガーデン用カラー。色はウッドデッキはウォールナット、テーブルはパインです。
価格が安いので1年ぐらいで床の表面の水玉は消えます。でも2年毎に塗るので、腐るようなことは無いです。(・・・と信じています。)


1回塗り後です。このアサヒペンのガーデンカラーは1回塗りでは、色も出ないし、あんまり効果は得られません。
乾燥が速いので、2時間経ったら仕上げ塗りします。ってことで、早めの昼休み。


午後からは、テーブルとイスを塗ります。
こちらは、小学校なんかの机っぽくパインです。日に当たるところは耐年経過で日に焼けていますけど、毎回同じ色にしています。


イスは長いすもあるので、3脚です。
裏も塗るので手間がかかりますけど、長持ちさせるにはこれぐらいはしないと。


仕上げ塗り完了。綺麗になりました。
朝8時からやってるので、疲れた。午後からは気温も上がり、塗りながら汗がしたたり落ちます。晴れてなくて良かったです。


 
 
<<back|<1234567>|next>>
pagetop