November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

フォレストヒル キャンドルランタン+ムラエ オイルタンク

ハイマウントのフォレストヒル・キャンドルランタン。

上蓋(トップカバー)に「NEW ZEALAND」と刻印されています。

お気づきの方もいるでしょうが、トップカバーとキャンドル台の底蓋は、全く同じパーツです。コストダウンのためとはいえ、工夫が欲しいところ。トップカバーは、ベンチレーターとしての機能は無さそうです。

透明プラスチックの容器に入っていて、このペットボトルのようなケースがそのままランタン保護ケースになります。スクリュー式の蓋で上から押さえるのでガタツキなく格納できます。上と下のケースがねじ山で連結されるので、ケース自体の強度もなかなかです。


キャンドルランタンは、このシンプルさが一番。これを愛用している方も多いのもうなずけます。

私は、このフォレストヒルにムラエのオイルタンクを入れました。

何の加工も必要なく、タブキャンドルと置き換えただけ。左が4時間タンクで、右が6時間タンク。

キャップは、車のタイヤのエアバルブの替えキャップです。黄銅にコバルトメッキがしてあるので、ムラエのオイルタンクには合います。4個で¥252でした。


UCOのマイクロランタンと並べると、こんな大きさ。デザインの好みは分かれると思いますが、手のひらサイズでお手軽な両者です。

本体の高さはほぼ一緒なんですが、同じ4時間のオイルタンクを入れてみると、その着火部の位置の違いが分かります。低い位置に炎があると安心します。

フォレストヒルのホヤは、支える支柱が針金だけなので点灯時に影の映り込みがない。ガラス面が大きいのでオイルの残量も分かる。シンプル is Bestの見本のようですね。


さっそくオイルの燃費実験。

やっぱ、オイルはいいわ。音がしない。部屋の中なんで、炎も全くゆれませんが橙色の炎を見ているだけで癒されます。

このフォレストヒルの欠点を挙げるとしたら、トップカバーにもろに炎が当たるので、トップとホヤ全体が非常に暑くなる点です。UCOのマイクロランタンは、トップが3本の橋渡しになっているので、ほとんどホヤは暑くならないですから余計に欠点が目立ちます。と言っても、触らなければいいので欠点という程でもないですね。


今回のキャンドル・ランタンのカスタマイズは、成功です。

キャンドルの方が味わいがあるかも知れませんが、タブキャンドルの宿命で、ちょっと移動したり傾けたりするとロウがこぼれて台座やホヤにべっちょり付くんですよね。それから開放されるオイルタンクは快適です。

ムラエのレインボーオイルは無臭となっていますが、燃やすとかすかにローソクの匂いがします。パラフィン系のオイルなんでしょうね。オイルの色が選べるのはいいです。

オイルの使用量ですが、中央のゴールドのフォレストヒルには、6時間用オイルタンクをセットし、3時間経過後のオイル残量です。確かに半分以上余っています。

UCOのマイクロランタンも、ハイマウントのフォレストヒルも、どちらも気にいっちゃいました。キャンドルからタブオイル・ランタン化でこの計画停電が楽しみになってきました。

 
 

UCO MICRO ランタンのオイル化

関東地方の計画停電も明日から25グループに細分化され、しばらくは続きそうなのでランタンを新調することにした。ゴーって燃えるガソリンやガスでなく、電池式のLEDでもなく、キャンドルかオイル(灯油系)しかないね。

"キャンドルランタン"でググルと、UCO(ユーコ)が今でも地道に作ってる。UCOは広大な大自然の中で育ったアメリカのメーカーなので、キャンドルランタンなんてと思うかも知れませんが、小さいのによく出来てるし細部までしっかりした作りです。(パッケージを見ると、作っているのは中国のようです。)

ラインナップの中から、最新モデルの「UCO マイクロランタン」を購入。

ここ最近は、ローソクも入手出来ないので困ってる。これは、タブキャンドルを燃やすので経済的でもあるでしょ。100円ショップで購入できますから。マイクロランタンには、本体に2個収まるようになってます。・・・・但し、このローソク、銀紙にくるまってる安物って感じ。


面白いので、ホヤ部分を上下に動かしていたら、「ペキッ」という音ととに、ガラスのホヤが縦にヒビが入り、使う前から落ち込んだ。

うーん、使い方に問題があるのか、中国製の品質に問題があるのか、判定不可です。定価1,680円なので文句は言えません。


追加注文、2台目は黄色にした。

今回は、タブキャンドルと同じサイズ(φ39)のオイルタンク(ムラエのLUNAX MINI(MGT-4))も合わせて購入。1個277円は安いです。

こんなちいさなオイルタンクがあるんですね。この4時間燃焼タイプと少し背の高い6時間タイプも買っておいた。


2つ並べてみると可愛いですね。伸ばしても86ミリしかありません。

アルミ地の上に厚めに塗装されています。裏側も全て塗装されているので質感は悪くないです。他にも青とか緑とかのパステルカラーがあるようです。ただ、ブラスやアルミ無塗装のシルバーは設定していないところを見ると、男ひとりキャンプをターゲットとはしていないようです。


本来、タブキャンドルをセットする台座の爪部分を逆さまにすると、この中にオイルタンクが収まります。

そのままでは少しぐらつくので、1ミリ厚のゴムを切って隙間を埋めます。

オイルはムラエのレインボーオイル(ブルー)です。12色あるので次はレッドでも補充しようと思う。


なんかぴったり収まるので、初めからこのマイクロランタン用に設計したようです。若干背が高いかな?(高さ36ミリなので、付属のタブキャンドル13ミリの3倍弱ってところ。)

底蓋に爪をはめ込み、これで多少の衝撃でもずれることはないでしょう。


点灯!

ほぼ、1キャンドル相当の明るさです。ムラエのオイルは、純度が高いようで、で油煙やススなど全く出ません。やっぱり日本製って安心感があります。ホテルやレストランでの利用が多いとのこと。

5分も点けていると炎が15ミリぐらいで安定しますが、ほとんど炎の先端が天板に着いてしまいます。


台座に付いている3本のステンレスの爪を外してみた。(はまっているだけなので、簡単に手で外れます。)

6ミリぐらい下がるので、こちらの方が炎もホヤの中央で燃えるので明るいし、天板も熱くならずにいいね。(台座は置いただけなので、接着材でくっつけちゃおうかな?)


オイルタンクには、キャップが付いていません。

オイルは気化しないんだろうか?理科の実験のときのアルコールランプは、ちゃんと蓋をしていたと記憶している。

車のタイヤのエアバルブキャップを被せたら、うまくはまったので、外れないようにまたゴムを巻いてみた。バルブキャップは黄銅にメッキがしてあるので、重みもあるしオイルタンクのメッキともマッチします。


はい、出来上がり。

このままケースに入れて、ホヤ部分を縮めて格納します。

(参考)規格品の割りには、ホヤの直径にバラツキがありますね。黄色の方はすんなり格納できたけど、赤の方は台座に当たって縮まりません。この辺が中国製って感じです。

神奈川の1回の計画停電が3時間なので、停電の都度オイルを入れておけばOK。15ml/3h使うので、2台のランタンで30ml使う計算。2リットルのオイルで66日持ちます。





 
 

ガスランタン(イワタニ・プリムスIP-2245A)復活

今夜も輪番停電で真っ暗。ここで登場するのが、PRIMUSのブタンガスのランタンIP-2245Aです。

かれこれ25年前に使ったきりで半分ぐらい使ったガスカートリッジが生きているか、マントルも付けっ放しなので平気なのか、との心配もご無用、一発で着火しました。さすがプリムス。

このデザインは、今でも美しいのひとことに尽きます。ほんと、この明るさにはほっとします。ガスが気化する時のボーッという静かな音がいいし、なにより暖かな色合いの光がやさしい。白色LEDでは出せない暖かな色です。

一緒に保管してあった予備のカートリッジもepiの500のでかいのが2つ程あったので、しばらくは持ちそう。確か250gのカートリッジで8時間持つと思った。

 
 
<<back|<123
pagetop