November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

元町を散歩


天気もいいので、マリンタワーの下のパーキングに車を止め、元町を散歩します。


元町の入り口の迎賓館、この赤絨毯は大好きですね。


朝も早いと誰も歩いていませんね。・・・・といっても11時ですけど。


キタムラとかハマカジとか、昔はブー・ブー言ったもんですよね。


あらら、コカコーラの自販機、100円だって。ビンの王冠(栓)、これが自販機の栓抜きだとうまく抜けないんですよね。いつも、ジュワーってなっちゃう。


自転車なんかもいいね。

 
 

夜の鎌倉由比ヶ浜

夜の街をぶらぶら散歩。LUMIX G 20mm/F1.7 兇量世襪ぅ譽鵐困里陰でISO感度もあまり上がらずよく写ります。
左ISO640、右ISO800です。
  Panasonic DMC-GM1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020A(35瀬侫ルム換算40mm)

 
 

みなとみらい

数年ぶりにみなとみらいの汽車道、ワールドポーターズに行ってきた。昨日までの晴天から、生憎の曇り空で時折小雨が降る天気で、5月なのにすっきりしません。Panasonic GM1をGパンの前ポケットに入れて行きました。

  Panasonic DMC-GM1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020A(35瀬侫ルム換算40mm)

レンズはLUMIX G 20mm/F1.7兇任后Aモードで被写体を手前にして背景ボケを狙いました。港っぽい絵になり、いい感じです。

  Panasonic DMC-GM1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020A(35瀬侫ルム換算40mm)

もうちょっと晴れたらなあ〜とちょっと残念ですが、こういう日もあるでしょ。汽車の線路を残しているところ、粋ですね。紅葉坂の石畳みや汽車道など、面白い所があります。

  Panasonic DMC-GM1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020A(35瀬侫ルム換算40mm)

アウトドアショップで、コールマンのランタンのLEDイルミネーション。

このコールマンレッドが超かっこいいですが、非売品でした。
Panasonic DMC-GM1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020A(35瀬侫ルム換算40mm)

 
 

石岡フラワーパークのダリアと、「かいつか」の焼き芋(紅天使)

秋晴れの青空と柿は映えますね。

田舎の景色って、牧歌的で好きです。これは実家の柿の木です。


FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

田舎に行ったついでに、石岡のフラワーパークに寄ってみた。県営のフラワーパークでは、ダリアと秋バラのフェア開催中。

休憩所の飾り付けなんかもおしゃれでして、田舎っぽくないセンスです。

車イスが7、8台用意されており、無料で借りられます。坂道を移動することになりますが、バリアフリーの道が良く整備されていますね。高齢化社会ではこうした取組みがないと受け入れて貰えないでしょ。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

入園料740円を払って(ちょっと高い)園内に入ると、小高い丘陵地を利用した花の公園になっています。丁度、今の季節はダリアが見頃です。ダリア園って初めて入ったけど、200品種、1,200株のダリアは見ごたえ十分です。先週、NHKの首都圏ネットワークで取り上げられたので行ってみた。

 
FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

種類が豊富なので見ていて飽きないです。

また、花が大柄なこともあって、可憐に咲いているって感じではなく、どーんとしています。

これまでダリアとか興味無かったけど、いいかも。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)


ダリア園の反対側は、秋バラ祭りを開催中。バラ園のエリアに入っただけで、バラの香りが漂います。こちらは、約750品種、3万株というからスケールも半端じゃないです。左下の写真はバラの花です。(右下はダリア。)

 
FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

石岡フラワーパークですが、丘陵地をうまく使っています。(っていうか、単なる田舎の山を整地しただけですけど。)

丘に浮かぶ白い雲、遠くに見える人影、絵になります。

本日のベストショットです。空


FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

帰り道、「かいつか」の焼き芋を買ってきた。茨城県産の4種類の焼き芋が販売されています。

本日のヒルナンデスに放送されるとか、評判のお店です。週末は確実に並んでいるようです。

これは、「夢ひらく」です。いいネーミング。焼き芋


FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

焼き芋は1kgで700円。食べやすい細いお芋が、10本ぐらい入っています。

とにかく、ここの「紅天使」の焼き芋を食べたら、他の焼き芋は食べられないです。

焼き芋の概念が変わります。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

 
 

大阪城公園

大阪出張だったので、散策。重たいカバンを持っての散歩は慣れてはいるものの、汗だくです。

大阪城公園、桜の季節はさぞかしきれいなんだろうと想像できます。

お城というと、やや小高い場所に立っていると思っていたが、ほぼ平坦。

繁栄の象徴なんでしょうけど、天守閣の金色の装飾は目立ちます。平日ということもあり、ひっそりしていました。

SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-100mm(35ミリ換算) F1.8-4.9

このお堀沿いの周回道路、大阪マラソンで見る道路ですね。

SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-100mm(35ミリ換算) F1.8-4.9

帰路の新幹線内では、お決まりの駅弁+ビールで喉をうるおしました。

SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-100mm(35ミリ換算) F1.8-4.9

 
 

南町田グランベリーモール

上のお姉ちゃんが春物パンプスが欲しい、って言うので南町田のグランベリーモールに行ってみた。

天気も良く、PENTAX K-01デビューにはもってこいのシュチエーション。

見慣れた看板も絵になります。

PENTAX K-01 + smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL(35mm換算 27mm-82.5mm)

本来は大人向けショップだと思いますが、小さな子供達の無邪気な姿のスナップはほんと可愛いです。今日はポカポカで、お姉さんは既に上着は必要ないですね。

  
PENTAX K-01 + smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL(35mm換算 27mm-82.5mm)

1枚目もこの写真も27mm相当で撮っています。

広角側28ミリは必須だと改めて思い知らされました。

PENTAX K-01 + smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL(35mm換算 27mm-82.5mm)

昨日の強風ですっきりした青空になりました。カスタムイメージは「鮮やか」でPオート。Exifで見るとコントラストとシャープネスは+1になっているようです。右下のモンベルのブルーとスタバのモスグリーン、順光だと色合いが自然で素敵。標準ズームっていいわ。0

  
PENTAX K-01 + smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL(35mm換算 27mm-82.5mm)

 
 

横浜中華街 2014春節

2014年春節の横浜中華街。みなとみらい線が開通したこともあり、大混雑が想定されます。PENTAX MX-1をお供に午前中の早い時間帯にちょっと散歩です。MX-1の設定は、全てPモードのおまかせで撮影しています。
しかし、門の前に立ちはだかるこの道路標識、じゃまですね。東京オリンピック迄には撤去して欲しいです。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

写真的には、横浜中華街は「赤色」を撮るには最高です。路地全体が、赤い装飾品で、ランタンも柱も飾り付けも赤一色に染まります。カラフルな中国獅子舞が見たかったんですが、今日は出ないとのことでした。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

爆竹や赤唐辛子は、旧正月には欠かせないですね。ちなみに、「倒福」は大通りには見当たらなかった。福が天から降りて来るっていうのは良い言葉だと思う。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

時間が早いので、お店も準備中のところがほとんど。この1日でブタまんや甘栗は何袋売れるんでしょうか?

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

天気もポカポカで、観光には丁度良い気候です。

多くのお店が10時半ぐらいに開店準備するようなので、10時前だとガラ空きです。

人混みが好きな人は、12時頃から身動き出来ないくらいの人出になりますので、それを狙って出掛けてください。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

このお店のチャイナドレス、毎年いつも同じドレスなんですが、ドレスの生地が色褪せていないんですよね。これ、不思議です。

PENTAX MX-1は、Pモードでも適当に背景ボケが楽しめます。発色もいいし、素晴らしいカメラです。

F2.5、1/125秒、ISO500、112ミリ相当。望遠端でF2.5はこのデジカメの最大の魅力。これから出番が増えそうです。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャイナドレスの色合いは好きですね。ピンク、赤、青、・・・。派手な生地に刺繍がきれい。ごみごみした雑景にチャイナドレスが浮かび上がります。MX-1はデフォルトの「鮮やか」ですが、PCで見るとほんとハッとするような解像感です。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ちなみに、この写真は別機種で撮ったものですが、2006年の旧正月撮影です。

いつも変わらない風景があるのっていいですね。

KONICA MINOLTA DiMAGE A200 GT LENS 7.2-50.8mm F2.8-3.5(35ミリ換算28-200mm)

中華街では、いろいろなお店があってブラブラ散歩にはもってこいです。大きな中華鍋やらお正月の飾り付けもいろいろで楽しい。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

下の写真、NTTのケーブルの蓋には山下公園や赤レンガ倉庫なんか描かれています。自動販売機も中華街ならではでしょう。こういったものを探すのも楽しいですね。

 
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

お土産屋さんで買った唐辛子のキーホルダー。

赤唐辛子は魔除けの飾りということです。赤は中国では最も好まれる色です。

1ケ50円でした。安くてもしっかりした作り。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


 
 

Happy Wedding in GUAM

グアムで娘の結婚式に参列。

教会「BLUE ASTER」にて。教会



参列してくれた友達、みんな・みんな、ありがとう!SMILY

これからも遊びに行ってくださいね。


 

ふたり、仲良くやってね!ハート


    ・・・・お父さんより


Blue Aster

Believe in each other
Love that will last forever
Unforgettable moment that made us stronger
Everlasting life together

LOVE & TRUST はーと


 
 

グアムの休日(3)

ホテルは、フィエスタにした。

HISさんに全部お任せパックです。

三ツ星のニッコー、ハイアット、シェラトンにしようかどうか迷ったが、グアムのホテルはほぼ同時期に開業したようで、古さは同じ。

そんなら、海に近いこと、改装したばかりだということで、フィエスタに決定。




で、この写真は、日本に帰る日の朝。カメラ
・・・・グアム滞在中、初めて晴れた。


ホテルのロビーからの眺め。

ほんと、プールをはさんで、すぐ海岸です。


デラックススイートに、サブベットを入れてもらった。

まあまあ広い。

ただ、ベットは日本人向けなのか、標準サイズ。


11階からの眺め。

虹が見えたのはラッキー!


毎日、雨季のように雨が降り、まったりしています。


陽が射すと、強烈な日差しに早代わり。


◆ ◆ ◆ちょっと休憩!スヌーピー

グアムのスーパーは、こんな感じ。

バナナはバラで1本でも買える。こんなところが日本と違うところ。


肉も牛、豚、トリと揃っています。

さすがにスライスしてある肉はびっくりする程でかいね。


牛乳とかジュースは、でかいボトルが置いてある。

この牛乳、1日で飲んじゃうのかしら?


昼は定番のハンバーガー。

レギュラーサイズですが、パンも肉もでかい。味は問題ない。

ハンバーガーショップは、決まってフィリピン系の店員が多い。これって万国共通みたい。


夜はこんな感じで、やっぱり肉がメイン。

飽きずに、毎日、肉・肉・肉です。肉

味も日本人観光客向けなので、悪くありません。パンは逆においしかった。

ホテルでは、日本語で通じちゃいます。


夜食はコンビニで買うビールの小瓶。

ちなみに、日本メーカーのビールや酎ハイも置いてありますが、値段が倍になってます。

ホテルに栓抜きが無かったので、お土産用の栓抜きをゲット。


◆ ◆ ◆ちょっと休憩!スヌーピー

帰路もユナイテッド航空。


グアム国際空港は、静かなローカル空港です。


税関で、100円ライターを没収されたので、空港内で1軒だけ吸えるお店に入る。

店員が居ないのよね〜。大声で呼んでも出て来ない。


グアムに入国する時は、1時間半も並んだが、成田はスイスイ。誰も並んでいない。

荷物を受け取って、さあ、明日から仕事だ!

 
 

グアムの休日(2)

タモン湾のホテルロードは、この赤いトロリーバスが目立つ。

ご丁寧に「赤いシャトルバス」と日本語で書いてある。

レトロで、カッコいい。


当然、アメリカ領土なので右側通行。

赤バスの他に白いバスがあって、10分間隔でホテルロードを回っているので、不自由しない。

ツアーなら、無料のカードをもらえます。HISは、白のトロリーバスに乗れる。


ホテルの前には必ずバス停があります。

観光客は、日本人が8割、中国人が1割、ってとこでしょうか、中国語も目立つ。

ただ、日曜日は最終便が20:30で無くなる。


これは白バスの中、こんな感じ。

レトロを通り越して、クラシックそのもの。エアコンはガンガン効いています。

坂道はのんびり走るし、オートマのギアショックは半端なく、エンジンをうなりながら疾走します。


ナンバープレートには、GUAM U.S.A.って書かれている。

USA本土と異なるのは、州税がないことと、大統領の選挙権がないだけ。あとは、本土と同じルールと法律。

スクールバスは、どこでも停車する。スクールバスが停車中は、他の車も停止しなくてはならず、追い越したりしたら罰金。よいルールです。


パトカー、これもカッコいい。

グアムは、16歳で車の免許を取れるので、車社会そのもの。

車メーカーは、米車と日本車は半々ってところ。独車はほとんど走っていない。ピックアップトラックがやたら多い。

潮風に当る、雨が多いという土地柄で、ボンネットや屋根が焼けた車が多い。


横断歩道はあるが、歩行者はこのボタンを押して信号待ち。

押すと、即、白色に変わる。白色が歩行者専用信号で、残り秒数が表示されるので分かり易い。

交差点でも、歩行者を見ると止まってくれます。怖くて渡れない、なんてことはありません。

グアムは歩く習慣がないとのことで、このボタンは観光客向けってことになります。


自動販売機、これもおしゃれ。

滞在中、一度も自動販売機は使わなかった。


 
 
<<back|<123456>|next>>
pagetop