December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マイ箸作り、今日はカンナがけオンリー


今週から本格的に箸作りをスタートします。
10月の納品なので、ピッチを上げないと間に合わないぞー。


本数が多いので自作の治具です。左側が箸の先になります。
1本、1本カンナがけします。


厚い皮の手袋をします。
昔の職人は手袋なんてしなかったけど、日曜大工では2、3本削るだけで豆が出来そうなので、これが無いとカンナは無理です。


小まめに水分補給しながら、せっせとカンナがけしました。


200本強あるので、本数は足りそうです。


まあ、こんだけ削ったんだ、っていう足跡です。


朝7時からずーっと同じ作業で疲れました。体全体が筋肉痛です。


 
 

マイ箸作り、半年ぶりに再開、山桜の木を切ります


約半年間、自作の塗り箸を日常的に使ってみました。
箸の先、および全体に曲がりやしなりは無いことを確認。今日から量産しま〜す。


使うのは「山桜(本桜)」です。日本の木、って感じ。
今回の木材もいつもの黒姫のとっこやさんから仕入れしました。
10ミリ厚に加工して貰っています。いつもながら、丁寧な対応で助かります。


下段の木材は定規です。
これは、箸の長さ238ミリに切るための桜の定規です。こういうのって職人に知恵でしょうかね。
少年時代は、こうした知恵を見よう見真似で授かったのが私の財産ですね。


ゼットソーの刃長265ミリののこぎりでカット。
箸の長さに合わせて幅32ミリ程度の板なので、ものの数秒でカット。265ミリののこぎりは使い易い。


238ミリにカット完了。ここからが、きついんです。


今度は、0.6ミリ幅のデコラソーに代えて、10ミリの短冊を作っていきます。
縦目なのでゆっくりですね。


横浜は今日も暑い。朝の6時からやって、78本をカット完了。
疲れた〜!!


 
 

梅干、日干し完了です。


我が家の梅干、3日3晩干し、ようやく完了。
天候にも恵まれ、なかなかの出来です。


パック詰めし、暗所保存。
夕方に取り込むと皮がかりっとしています。


3ケ月ほどしたら食べ頃です。


 
 

木のコースターを作る(その5) くるみ油を塗って、やっと完成しました


今日は涼しいうちにと思い、朝6時から作業開始。まずは、#600の紙やすりで表面を仕上げます。
#600だと、つるつるになります。


全部で84枚、手でやすり掛けは結構疲れる。
市販の木のコースターなら、この#600程度だと思う。


そして、最後の磨き。電動のサンダーの出番。
こちらは、#1000です。ここまでやれば気が済むでしょ。


コーヒータイム。


磨きを掛けた後です。ぴっかぴかです。


コルクを木工ボンドで付けます。


ボンドの量はこの位。コルクを接着して、周りにはみださない程度の量です。


コルクが0.1ミリ程、枠より低い位置に収まった。いい感じです。


仕上げにクルミ油を塗ります。
これを塗ることで木の素材が白っちゃけず、綺麗に潤います。


いかがでしょう。クルミ油の力ってたいしたもんです。


ずいぶんと日数がかかってしまいましたが、やっと木のコースターが完成しました。
左からけやき、チーク、ウォールナットです。


銘木で作るコースター。なかなか良い仕上がりです。


丸型と四角で、それぞれに味がありますね。


 
 

梅の天日干し


1ケ月ほど塩で漬け込んでおいたので、この3連休を使って天日干しです。


竹のざるはカビが生えるので、プラスチックのざるです。このほうが衛生的だし、重ねてしまえるところがいい。
塩付けした桶1個で、ざる2つ分の量が出来ました。


梅と梅がくっつかないように並べ、まんべんなく太陽が当たるように3時間ぐらいでひっくり返した。
梅を並べただけでも美味しそう。


1日目の夕方になると、こんな感じになりました。
雨の心配が無さそうなので、軒下に取り込んで夜露に当てます。おいしくなーれ!


 
 

連休初日は、プール&バーベQ


三連休初日、ぴーかんで暑い!
孫が遊びに来るというので、プールとBBQ用の炭を起こしています。


今年、初プール。
噴水に大はしゃぎしています。


今日は肉と野菜です。


子供はやっぱりウィンナーが大好き。


 
 

木のコースターを作る(その4) コルクの型取りと円形コースター作成


今日は1ミリ厚のコルクを切り抜く。
プラ板で80ミリφのテンプレートを作り、ボールペンでなぞる。
厚みがないので、はさみで簡単に切れます。1ミリ厚だとぺらぺらです。


厚さ1ミリの規格のはずですが、ものによって厚みに差がありますね。誤差は±0.1ミリぐらいあります。
とりあえず、せっせと切り抜いた。70枚ちょっとしか取れなかった。80枚欲しかったのですが、計算ミスです。


続いて丸いコースターを作る。これもプラ板のテンプレートを利用します。
100×100ミリの正方形なので、四隅を丸くカットする感じです。


ジグソーでゆっくりRのライン上をなぞっていきます。刃を垂直に立てて、なるべくゆっくり動かします。


3種類、27枚を一次カット。
電動のこぎりとはいえ、慎重にやるので、結構疲れます。


けやきは柔らかいので、バリが目立ちます。


この程度のバリは、このあとサンダーを掛けるので消えます。


9枚を束ねて、側面を回転サンダーで慣らします。
#320ぐらいの番手です。


電動ドリルは、2台です。
番手の違うペーパーが付いています。


円はほんと、難しい。何度も何度も繰り返し、円に近づいてきました。


まだ、磨きをやっていませんが、こんな感じになります。
来週には、完成します。


 
 

木のコースターを作る(その3) トリマーとジグソーで加工


東急ハンズで注文した木のはがきが届きました。
とりあえず80枚作成します。こうやって重ねると結構な枚数です。


先週作った治具(テンプレ)をつかって、トリマーで丸く溝を彫る。


このリョービのトリマー(MTR-42)は、スイッチのON/OFFしかなく回転数を調整するような機能は無し。
いきなり高速回転でビットが回転、木くずも飛び散ります。
木くずを吸う掃除機みたいなものを追加で購入すればいいんですが、素人大工には高くて手が出ません。


まー、掃除すればいいんですけどね。


次は、100×100ミリの正方形に切ります。


ここはジグソーの出番です。


のこぎりで切るよりも楽だし、早く切れる。枚数を切るにはジグソーが便利です。
押しながら切る利点は、鉛筆で引いた線が見えること。ガイドを付けなくても、100ミリ程度なら真っ直ぐ切れます。


午後一からの作業でしたが、テンプレや電動工具のおかげで楽に加工できました。
これで、木のコースターの原型が出来た。なんとか形になったんじゃないかな。
しかし、今日の横浜は暑かった!

 
 

ローバーミニ、19年目の車検完了


19年目の車検が完了。いつものピースワークスさんでお願いしました。
走行距離 112,680km
費用は、
 自賠責 25,830円
 重量税 25,200円
 印紙代  1,700円
 部品代 15,000円(税別)
 工賃  36,400円(税別)
 車検代行料 28.900円(税別)
合計で、139,454円でした。毎回、こんなもんですね。

以下は、交換部品です。

タイロッドエンドブーツ交換。中にグリスが入っている。


ステアリングラックブーツは、日本製に交換。


シフトロッドシールとブーツを交換。

それと、LLCクーラント(0.5L)、ブレーキフルード(1.0L)、クラッチフルード(0.5L)を交換し、グリスアップして貰いました。
これで完璧。あと何年乗れるかなあ?


 
 

LUMIX GM1S 電源ON/OFFスイッチの修理完了


Panasonicの宅配修理サービスから戻ってきました。丁寧に梱包されています。


修理依頼したのが金曜日で、見積り提示があり、それに回答してから修理、戻ってきたのが火曜日です。なんともスピーディーな対応です。
トップケース(軍幹部)を交換、修理代金は、8,100円でした(引取り/配送の往復送料含む。


手垢で汚れていた軍幹部もぴっかぴかになりました。
LUMIXの秋葉原の修理工房に持ち込むより安上がりで、納期も早いので宅配修理サービスは便利です。


 
 
<<back|<1234567>|next>>
pagetop