February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

TuneFMは超便利

BELKINのFMトランスミッター「TuneFM for iPod」のレポートです。

iPodに合わせたように、おしゃれな化粧箱です。箱から取り出して、設定するのですが、周波数を「JP(Japan)」にし、帯域を▲のボタンで「89.3Hz」にしたら、いきなりMusicスタートでした。赤りんご

このTuneFMですが、iPodのおしりに挿しておくだけで、電源供給は本体のiPodからなので、シガーライターのソケットからの配線を気にしなくて済み、狭いMINIの空間を有効に使えます。連続して5時間使用しても充電の警告は付かなかったので、そこそこ持ちます。(いざとなれば、充電用のケーブルも付いています。)

車のアンテナは後部中央なので、前のダッショボードでは拾わないかな、と思っていましたが、全く平気で飛ばしてくれます。アルバム1枚聞いていると、1曲ぐらいですが、局と局の間で「シャー」って鳴ります。ま、気になりませんが・・・・CD

  
(左)周波数は使用していないHzを選択   (右)普段はドリンクホルダーに立てて使う

こんな便利なものがあったのか、っていうぐらい便利です。なんせ、CDを車に積まなくていいし、CDを変えなくて済む。
但し、車のキーをoffにしてもiPodは連動しないので、その部分だけは注意ですね。

 
 

地デジが映った

今回で4回目の連載です。便箋

まずは、屋外の問題なのか、屋内の問題なのかをチェック。これは、アンテナコンセントから、直接TVにつないでみて、映るかどうか?
 ア)映る・・・・つまり、屋内の問題。アンテナ・コンセントからTVまでに障害がある。
 イ)映らない・・・・アンテナ・コンセントより上(屋外)の問題。

チェック・結果は「映った」ので、屋内に問題ありと想定した。
本日実施したことは、2つ。

(1)アンテナ下のU/V混合器から、屋根上のケーブル交換

 ・念のため実施した項目です。アンテナは完璧なので、アンテナ以下で、ノイズを拾い易い場所を交換することにした。アンテナマストに付けたU/V混合器から部屋までの配線が、古いケーブル(3C2Vで手で持っても硬い)で、ノイズを拾い易い部分だ。とりあえず、屋内に入る直前までのケーブルを、S4CFBに交換。つなぎは4Cと3CをF型接栓でジョイントし、ビニールテープで巻いた。

(2)2分配器の交換

 ・プラブ型の2分配器を使っていたが、これをF型接栓に変えた。3ケ所も直付けがあるので、ここが悪の根源と判断。
 ・但し、隣りの部屋にもアナログTVを見たいので、分割は最低の2つにした。WDG-2Pの性能は、UHFの帯域(222〜770MHz)で、分配損失が4.0dB以下とのことです。CSは見ないので、2602MHzは必要ないが、敢えて2.6GHz対応を選択した。(端子が金メッキで、内部ケースはダイカストを使用した高シールド構造で安心なので。)


(左)八木の直付けプラグ型 (右)日本アンテナのF型接栓(WDG-2P、¥2,572)

今日は、見事対策が的中。
日本テレビ以外の全ての民放(勿論、NHK総合・教育も)が映ったテレビジョン これで、やっと年末、お正月に地デジでテレビが見れるぞグッド


 左はフジテレビのアンテナレベル。なんと48にまで回復した。

残るは、日本テレビのみ。年賀状も書いていないので、今年はこれぐらいにする。かどまつ

 
 

マスプロの高利得アンテナを設置

地デジ化作戦の第3弾。今日は、屋外アンテナ設置編。

14素子で高利得なUHFアンテナとしては、マスプロ「LS14TMH」とDXアンテナ「UBL-62DA」があるが、赤いスクリーン・リフレクターが格好いいので、マスプロにした。参考に型式のLSとは、ラブストーリーとのこと。名前もいいね。セイコーテクノで¥4,980で注文。

今朝も、最高の天気です。二階屋根からは富士山もばっちり見えます。


西方向には、くっきり富士山が見える。この富士山くらい地デジも映って欲しい。

・現状はこんな感じで、一番上がUHFのアンテナ、下にVHFのアンテナです。マストが錆びていますが、マスト交換は今回は見送ります。

錆びたマストだが、まだ使えそう。

・古いアンテナをはずして、最初マストの頂上に取り付けたが、重量が2.4kgとやけに重いので、今のマストでは不安が残るのでVHFの下に装着。(なるべく高い場所の方がいいとは聞くが、まあ、安全のために。)
・手に届く位置なので、今回は少しづつ方向を変えてレベルの一番高い方向で固定した。自分で言うのもなんだが、このアンテナ、格好いいなぁ!テレビジョン


(左)UHFは、下に取り付けた。  (右)マスプロ東名阪専用超高性能UHFアンテナ「LS14TMH」

・ついでに、U/V混合器も交換した(サン電子、HM-737B-P、¥1,071)。でも、接続は直付けタイプです。ノイズ、拾うかなぁ?


(左)内部も錆び錆びの状態 → (右)新しくしたU/V混合器

その結果、アンテナレベルで1つ程度向上し、フジテレビ、テレビ東京は完璧に見れるようになった。やったぁ〜!!!グッド しかし、デジタルってすっごく綺麗に映る。これじゃあ、アナログはもう見ないなあ!


フジテレビのアンテナレベルがイエローゾーンに入った

LS14TMHの効果は、想定した数値には遠く及ばなかった。(少し、がっかりしている。)高さが足りなかったのか、はたまた、屋内の問題か?今日はここまで。

 
 

氷川丸とマリンタワー、営業終了

氷川丸とマリンタワーが12/25で営業終了の記事が朝日新聞の朝刊に出ていた。

山下公園と合わせて横浜のシンボルだったが、みなとみらい地区に客足が移ったとのことで、営業停止はさびしい限りです。たくさんの思い出があるなあ、って今さらながら思い出します。

  
  営業を終える氷川丸とマリンタワー(asahi.comより)

昼の山下公園も良かった、アイスクリームもうまかった、マリンタワー下の中華料理は素晴らしかったし、古いホテルのバーは格調高かった、結婚式もここでやったんだなぁ!!夏の氷川丸は最高だったし、花火は腹まで響いてすごかった、夜の山下公園のベンチはアベックにはうってつけのスポットだった、何十回行ったかなぁ、・・・・・良かったなぁ!!!

 
 

UHFアンテナの調整

屋根には、13年前の台風で倒れた際に設置した14素子のUHFアンテナが有るにはある。でも、近所の屋根を見ると、向きが違っているような感じ。

今回は、屋根の上のUHFアンテナの向きを調整しよう。おうち

 _虻に登ると気持ちいいです。昼寝したくなる。見晴らしがいいなあ。(のどかな田舎なので、360度、ほぼ、高い障害物は無し。)

 △気董∋呂瓩茲Α4スミの針金の支線のうち、2ケ所をはずした後、屋根馬を倒してアンテナの止め金具を回すも、ねじ山が切れてしまった。最悪・・・。もう一箇所は、クレCRC556を吹きかけ、丁寧に丁寧に緩めた。

 アンテナにはDXアンテナの文字がやっと読めるが、型式とかは不明。かなり劣化しているのは、目で見ても分かる。実際に手にすると、軽い。

 じきは東京タワー側で間違いないと思う。東京タワーまで33.2km、平塚中継所までは21.1kmなのだが、東京タワーの方が電波は強いだろうし、他の屋根のアンテナは、全部東京タワーに向いているからいいと思う。

 イ海離▲鵐謄覆納信出来るのか不安はあるが、10度ぐらいづつ向きを変えては、マストを立て、下にいる娘に電話して、受信レベルのdB値が上がったかどうかモニターして貰った。繰り返し試すこと、5回程度。

結果は、21ch(フジテレビ)で、受信レベルが2〜3dB上がった程度で赤のゾーンは変わらず。受信OKの緑のゾーンには程遠い。う〜ん、次は高利得のアンテナへの交換が必要かなぁ・・・・。本日は、ここまで。


(左)23chのテレビ東京のアンテナレベル   (右)21chのフジテレビのアンテナレベル

 
 

地デジが映らない

さっそく地デジハイビジョン液晶テレビ「BRAVIA」を、今までのアンテナ線(平行フィーダー線)につなぐ。UHFは綺麗に映る。さあ、今度は地デジを見るぞ〜!テレビジョン

まずは、屋内配線の整備から進めよう。
(1)壁面アンテナコンセントを、プラグ差込み型に交換

 ・私の家は古いので、アンテナコンセントは、フィーダー線タイプのアンテナコンセントだった。NATIONALの文字が懐かしい。
  

 ・フィーダー線タイプと同軸タイプとではプレート形状が違うので、プレート付きのアンテナコンセントを探したが、ヨドバシカメラでは置いていなかった。近くのドイトにて購入。
 ・壁中からの同軸ケーブル(3C2Vの細いやつ)をアンテナコンセントにつないだ。但し、この部分は芯線を直付けするタイプだった。ノイズ拾うかも知れないなぁ。プレートを被せて完了。
 ・配線はまだ地デジ対応ではないが、将来使うことを考えて隣りの部屋にも引き込むことにした。分配器は、本体が樹脂製の一番安いプッシュプラグ式2分配器を購入し、アンテナコンセントに直接を挿す。
 
 八木アンテナ、CSPD2-B、¥955

(2)コンセントからチューナーまでを同軸ケーブルに交換

 ・同軸ケーブルは、屋内配線の場合は4CFBで十分とのことなので、MASPROのS-4C-FBのケーブル(15mで¥1,323)とFiji PrttsのF型接栓(せっせん)10ケ入り(¥1,260)をヨドバシカメラで購入。


(左)マスプロS4CFB(15m)  (右)S4CFBは絶縁体の外側にアルミ箔が巻かれている。

 ・配線は、なるべく短くするのが基本なので、適当な長さに同軸を切り、分配器側にはプッシュプラグ(直付け)を付け、チューナー側にはF型接栓を取り付けた。(この接栓のリングの取り付けは、少し慣れが必要です。)


左の白いのがS4CFBにF型接栓を取り付けた物、右の黒いのはDVDレコーダーに付属していた3C2V

さて、いよいよテレビの地デジの設定。UHFのオートチャンネルスキャンを試したが、拾ったチャンネルは23ch(テレビ東京)と21ch(フジテレビ)のみ。更に、23chは画像が出ないし、21chはやっとモザイク画像が映るだけ。

泣けるなぁ、電波が弱いんだろうなぁ。悲しい原因究明はせず、本日の作業はここまで。

 
 

20型液晶TVを買いました

十数年愛用してきた茶の間のTV(SONYの20インチのブラウン管TV)が壊れ、この年末年始はTV無しで、のんびり本でも読んで過ごそうと決めていたら、子供達の猛反対に押しやられ、yodobashi.comで一番安いTVテレビジョンを買い換えることにしました。

なんと、ブラウン管のTVは売られていないんですね。敢え無く、地デジ無しの廉価品(バイ・デザイン社の20型液晶d:2032GJ)を、¥59,800で注文しました。
 
 バイ・デザインのd:2032GJ ¥59,800(10%)

どこのメーカーでしょうかねぇ、IBMのパソコンと同じでボディは黒です。しかし、写りはダメです。1ch、12chがほとんど砂嵐しになっています。「返品」が効くかとメールで問合せしたら、「返品可」とのこと。ヨドバシ.comって良いお店です。

そんな折、会社の先輩が、地デジは無料で全チャンネル見れるよ、って教えてくれた(それまで、地デジってまだ放送されていないのかと思っていた。)ので、今度は画像の綺麗な地デジ対応TVに的を絞りました。バイ・デザインの反省から、実際にお店で自分の目で見てから決めようと思い、休日になった今日、町田のヨドバシに出掛けました。

20型のTVを探すのに苦労しました。世間は、32型とか40型が主流であり、20型は奥のコーナーに追いやられていました。Pana、SHARP、SONY、東芝の4メーカーを一挙に眺めると、違いがはっきりするもんですね。一番くっりきりと映っている、「SONYのブラビア」にしました。SHARPのアクオスは吉永小百合だから液晶は良いだろう、panaのビエラは使い易そう、っていう先入観は、現物見ると吹っ飛びますね。BRAVIAエンジンは、CanonのデジカメのDegicに近いものがあります。

 
 SONY BRAVIA KDL-20S2500 ¥99,800(10%)→¥79,800(10%)

何も言わないのに、若い女性の店員が「79,800円にします」って言うので、「これ下さい」って言うと、さんざん隣りで悩んでいた女性の方も、「私も1台」って言ってました。やっぱり、X'masセールなのでしょうか、Webで¥99,800してたのに、店頭だと、¥79,800は安いですね。得した気分になりました。

 
 

FMトランスミッターをポチりました

TSUTAYAで音楽CDが5枚1,000円で借りられるってセールを最近やっていて、10アルバムほどレンタルしてきました。もう何十年も前のアルバムですけどね。CD
iTuneに取り込んでiPodに転送したのはいいが、車でも聞きたくなったので、FMトランスミッターを購入しました。

条件は、シガーソケットからコードが延びると嫌なことと、ある程度音質にも定評がある製品に絞りました。しかし、単体で飛ばす製品ってあまりないですねぇ。ユーザーのレビューで評判の高い、「BELKIN」社製にしました。「TuneFM for iPod」というものです。
  
  BELKINのTuneFM for iPod

¥7,480は少し高いけど、CDの焼き増しする手間や、CD交換の手間を考えたら安いかもね。週末にはレポートできると思います。

 
 

ウインドミルって知ってますか?

ソフトボールのピッチャーが、腕を回転して投げる投法のこと。
折りしもアジア大会が開催中で、女子ソフトもいい所まで行きました。写真で見ても迫力あるのが分かりますね。
   
アジア大会のソフトボール女子、日本−中国で完投した日本の増淵(毎日新聞提供)

てなわけで、今年の冬はウインドミル投法に挑戦(冬休みは、トレーニングするぞ〜!)し、是非とも来春の大会にはお披露目しようと、密かに特訓の計画中です。

 
 

ネズミ駆除作戦

この3週間、屋根裏のねずみに悩まされています。

3週間前、犬用のえさの入った袋がかじられていたので、これは犬の仕業ではないな、と思っていたところ、いつの間にか天井で運動会を始め出しました。夜中の1時過ぎから4時ぐらいまで、駆け回っています。唖然最近、寝不足ぎみです。

【対策その1】近くのHACでねずみ駆除用の餌「デスモア」(アース製薬、¥590)を買って、台所の出そうな場所に置いて置きましたが、ピンクの色に驚いたのか、効果は無し。

これがデスモア。ネーミングの割りには、効果なし。

よくあるネズミを捕獲する「ねずみのゴキブリホイホイ」とか、閉じ込める奴は、ねずみの後始末に気持ち悪いので、パスしたい。
Webで調べて見ると、「電磁波・超音波」で撃退に成功した投稿があるので、即決で注文。

【対策その2】「ペストコントロ+ネズミ駆除お助けセット」(お得.USで¥9,600)この商品、アメリカ生まれのようで、賢いネズミにどこまで立ち向かえるか楽しみでもある。30日たっても効果無ければ、返品が出来るとのことなので、ポチってしちゃいました。
    
(左)ペストコントロを屋根裏に(超音波+電磁波) (右)ペストリペラーは部屋に(超音波)

ポチッった後、5日後、商品がネステックジャパンなる会社から届いていた。会社から帰って、着替えもせずに屋根裏と、台所に取り付けた。さあ、今晩は寝れるかなぁ!

 
 
<<back|<123124125126127128129130131132>|next>>
pagetop