November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

通勤バイクのレイングッズ

嫌な梅雨シーズン到来ということで、バイク通勤用レイングッズを買い換えた。カッパも2年も着ると(冬は防寒着として)、防水効果も落ちてくる。カッパも消耗品のようです。

ウエアは、「ラフ&ロード グライド レインスーツ(RR-5238)」でカラーは目立つようにイエローを選択。


バイク専門のROUGH & ROADの商品は、バイク乗りには嬉しい (Webike ¥6,283)

以前使っていたのは、山歩き用のレインウエアだったので、今回はバイク専用のものを試して見たかった。

Webで見るより明るいイエローで、これなら雨の中でも目立つ。商品は、しっかりした作りで安心する。素材は上下ともに、ナイロンタフタでしっかりPVC加工してあるし、裏は総メッシュになっている。・・・・これは、汗を透過しない、ってことかな? 
思っていたより重く、かさばる。(※裏全体にメッシュがあるので、以前の山歩き用の2倍〜3倍近い容量。バイクのシート下のボックスには、ヘルメットと一緒には入らなくなった。)

しかし、機能的にはバイク専用なので、色々な工夫がされている。
 ・上着のポケットが風で開かない
 ・ウエストアジャスト付きでバタつかない
 ・背中のエアベンチレーションや、3M反射リフレクター
 ・ヒップ部分はシームレス(前チャックは無し)

パンツ部の前チャックは、どうしても雨が入りやすく、おしり部分は透過性のある素材だと、逆に濡れるので、これは良さそう。まだ、実際に着ていないが、バイク乗りのレインウエアとして、かなり期待できる。雨が楽しみになってきた。

追記:ファースト・インプレッション
 今日は小雨だったのですが、使用した感想を書きます。新品、下ろしたてなので、雨はじきは完璧です(当然でしょうけど)。

[地は総メッシュですが、特に袖部分のメッシュは、雨に濡れたまま袖に手を通すとひっかかるので、すんなり手が通らない。何度も脱いだり、着たりする機会が多い方は面倒かも知れません。
△笋呂蠅海了期に40分も乗ると、じんわり汗が内部に残る。汗はあまり透過しない素材のようです。・・・・これは、山歩きでは致命傷ですが、通勤バイクでは我慢できそうです。
私は身長177センチですが、パンツサイズ(LL)が長めに出来ている。(通常より5センチ程度長め。ジャケットサイズは寸法通り。)歩くのは裾がじゃまですが、バイクにはこれがとても良い。雨したり防止もよく出来ている。

単価が6,000円少しのウエアですが、基本機能は完璧で、使う身になった工夫が随所に見られます。よく出来ている商品です。通勤だけの用途ではもったいないくらいです。


◇   ◇   ◇   ◇   ◇
  
更に、朝から靴が濡れると一日が湿っぽくなるので、革靴にも装着できるブーツカバーが欲しかった。そこで、「ラフ&ロード コンパクトブーツカバーショート」を購入。数あるブーツカバーでは、超ロングセラーとなっている商品。


ROUGH & ROADのコンパクトブーツカバー(RR-5825) (Webike ¥3,045)

普通の革靴に履くので、ショートタイプ(高さ25センチ)で、サイズはMにした。履き易そうだし、ハーフゴム底とか、反射ラインがサイドと後ろについているとか、まさに万全で、よく出来たブーツカバーです。

 
 

グランドアクシス100のピストンに穴

YAMAHAのGRAND Axis100(2006モデル)の走行中、アクセルを開いてもボーッという感じで吹け上がらず、3つ目ぐらい先の信号で停止したら、エンジンもブルルルル、ってストップした。

購入後、まだ2年もたっていないので、走行距離は4,610kmで少ないし、オイルもちゃんと純正のオートルーブを入れている。泣く泣く、バイクを押して、3キロぐらい歩いた所の見ず知らずの自転車屋さんのようなバイク屋さんに預けてきた。

バイク屋のおっちゃんの電話の第一声が、「ピストンに穴が空いちゃってるよ〜。こりゃ走らんよ!」とのこと。

 
左がJCC(台湾)の未使用ピストン(参考)  右がブローしたピストン(参考)

はずしたピストンの現物を見せて貰ったが、無残にも右の写真のような綺麗な穴が空いていました。(写真は、たまさんの"原付チューニングの部屋"から拝借しました。)

デトネーションだと思われます。しかし、直接の原因は不明です。燃料(ハイオク・ガソリンを購入以来ずっと使用)の混合比が薄いのか、ハイオクの燃えにくい性質で異常燃焼したのか、・・・・。とりあえず、レギュラーに替えます。

バイク屋のおっちゃんの話だと、「ピストンとリングなど一式交換と、シリンダ内を町工場で研磨した」と言っていました。費用は、3万程度と言われましたが、ヤマハお客様相談室に連絡を入れたら、「クレーム処理した」とのことで、無償。クレームですか?!ってことは、そこそこ不良が上がっているんでしょうね。2006モデルのBD-SB06Jをお乗りの方は、シリンダのブローにお気をつけください。

修理後は、トコトコと40kmぐらいのスピードで走っています。



 
 

SUZUKI ヴェルデ その2

今朝は冷え込んだですね。バイク通勤もこれからの季節は身に堪えます。

ところで、下の娘もバイクが欲しくなったようで、以前からスズキのヴェルデを狙っていたようで、色も限定のモスグリーンで、これ以外は欲しくないようです。もう新車では売られていないので、なんともわがままなこと。


これがモスグリーン 高年式でさすがにくたびれている感じ


こちらは色違いですが、この色だとNGだとさ

来年あたりになると、日本での50ccの2スト発売は皆無になりそうな予感もするし、安い中古でも探してやるか、と思案中。(もっと寒くなれば、欲しくなくなるかも・・・・)

 
 

スズキのバイク、ヴェルデ

下の子が欲しいバイクが、SUZUKIのヴェルデ(ベルデ)/Verde

色はこのしたたかなグリーンがいいらしい。そんな名前、聞いたことなかったが、Webで検索してみると確かに1998年3月に発表になっている。写真を見ると、ベスパ調でいいかも。


SUZUKI Verde(¥179,000円 49cc 6.3ps/6500rpm 1998/03発売)

結構、レトロで存在感があります。もう10年も前の発売なので、流石に新車はないだろうね。

 
 

Plexus(プレクサス)は凄い

雨の日のバイクのヘルメットの視界確保のために、スーパーレイン・Xを使おうと思ったら、プラスチックには不可との注意書きが記されていた。
プラスチック専用の物を探して、F1ドライバーの鈴木亜久里が薦めるカーケア用品のPlexus(プレクサス)を使ってみました。


PlexusクリーナーSサイズ12g(¥1,260→¥500)

オートバックスの特売で半額以下だったので、一番小さなリップスティックぐらいの大きさのものを購入(500円だった)。350発のプッシュが出来る(らしい)ので、1発1.4円です。

亜久里のコマーシャルが嘘っぽいし、価格もセレブ御用達って感じの商品だよねえ。成分も「洗浄剤・保護財・静電気防止剤他」って書いてあって、これって成分のことじゃないんじゃないの、って疑うよね。
・・・という訳で、これまで使ってみたことが無かったのですが、実際に1発、ヘルメットのシールドに発射してみると、「こんなの使ったことが無い」っていうぐらいの高触感です。細かな傷の隙間に超微粒子が埋め込まれていく感じが凄いんです。感動さえ覚えます。


この大きさのシールドにも1発噴射だけで、全面にコーティング完了です

プラスチック製品の洗浄+コーティングは、まさしくカー・グッズ・イヤー2005受賞だけのことはあります。A4用紙1枚ぐらいの面積ですが、1発だけでツルツル、というか、過去数十年の私のカーケア・グッズ商品の経験の中では、最もインパクトのある商品です。私もお勧めします。グッド

 
 

スクーターのマフラー塗装

ヤマハのスクーター(Axis 100)の洗車ついでに下回りを覗くと、マフラーが錆びてきていた。
購入して1年以上が経過したせいなのか、雨の日も乗っているせいなのか分からないけど、エンジンの付け根あたりと一番先の太い消音機部分の溶接部がひどい。


(左)エンジン付け根部分は、全面のサビ     (右)この部分も溶接部にサビが目立つ

近くのオートバックスで、マフラー用の耐熱ペイントのスプレー缶(黒色)を購入。600℃までOKって書いてあるけど、マフラーってそんなに高温になるのかな?走った後、すぐにボディカバーを掛けると、マフラーに付くとすぐ溶けちゃうけどね。


Hoitsの耐熱ペイント ブラック(MH709)¥1,134

ワイヤーブラシでごしごし錆びを落とし、新聞紙でマスキングして、シューって2、3回スプレーした。所要時間30分ぐらいですかね、見違えるほど綺麗に変身しました。(本来はマフラーを外して、全面塗装するといいんだろうけど、そんなの無理なので、簡単に済ませた。)


スプレーすると、こんなに綺麗に生まれ変わります。

1,000円ちょっとで綺麗になるので、これからは年に一度ぐらいは、下も覗こうと思った。

 
 

レインウエアをゲット

そろそろ梅雨入りも近いので、レインウエア(カッパ)が必要だ。あめ

現在愛用のカッパは、1,900円なので雨が強いと濡れるし(カッパの役目を果たしていないとも言う)、暑い時期はムレムレなんで、少し高価なものが欲しかった。

山歩きにも使えるように、ゴアテックスがいいけど高いからね。値段は上下で1万円ぐらいで買える商品に絞った。
モンベル(mont・bell)やノースフェイス(THE NORTH FACE)は何故、あんなに高価なんだろ?ってつくづく思う。
疑問は消えないままですが、ミズノのベルグテックスEx(BERGTECH-Ex)の透湿度:16,000g/m2-24hは、ゴアテックスを凌ぐ。素晴らしい。これしかない、値段もたったの1万円ちょっと。


MIZUNO BERGTECH-Ex ストーム・セイバー掘¥10,395の5%引きで、¥9,875)

モンベルみたいなペラペラ感がない割りに、上下760gと軽い。なんと言っても、耐水圧:32,640mm(ゴアテックスは、45,000mmらしい)もカタログ値ながら凄い。ちなみに、普通の雨傘は2,000mmと言われているから、傘の16倍の雨風をしのげるゾ〜。
色のカットもノースフェイスみたいで格好いい。バイクには勿体ない感じです。

P.S.本日、雨の中走行しました。雨はじきやムレの無いのは最高です。しかし、困った点がひとつ。上着のポケットが前からの風を受けて開いちゃうんです。2重になっているんですが、前に口があり、バイクでの走行だと風圧で開くんで、バイク向きでは無いようです。ちょっと失敗したね、バイクや自転車通勤に考えている方にはお奨めしません。

 
 

NEW Cube Debut(日産)

日産から新型キューブの広告とはがきが届いた。
NEW Cube Debut! シックなショコラのエクステリアに、ホットなチリカラーのソファーです。

 
 15MのCVTで、¥1,478,400(日産のHPより)

新エンジンで、1500ccでも19.4km/Lの燃費とか、すげーな〜、ハイブリッドじゃないのに、やるね。

だいぶ前の初代シビック(1972〜)のTVコマーシャルで、22km/L走るって広告があったけど、その当時はインパクト大だったけど・・・。
 
 初代シビック(1972〜)(本田技研工業のHPより)

子供(免許取得の真っ最中)と一緒に行ったので、キューブやマーチ、スカイライン等々を見たあと、キューブがいい、ってことになった。さっそくこの新色のチョコレート色(ビターショコラ)が欲しい、ってことになり、見積りを取ったら、なんと、200万円オーバー。NO!カタログだけ貰って帰ってきました。

 
 

バイクカバー

盗難事件があったので、バイクカバーを購入。


 バイクカバー:2,800円

Axisのバッテリーは、11,100円、ヘッドライトは6,700円。工賃等を含めると、2万円以上の出費。これで、またいたずらされたら、今度は警報機しかないのかなあ、いたずらするなよ!


 
 

バイクのライト、バッテリー盗難

朝起きて、新聞取りに出たら、何やらバイクのヘッドランプ周りが変。なんと、ヘッドランプのカバーを無理やりこじ開けられて、ヘッドランプが盗られていた。冷や汗
さらに、バッテリーとヒューズまで持っていかれた。


情けない顔つきのAxis100

悪い奴はいるんだなぁ、新品買ってもそんな額じゃなかろうに。南台のお巡りさんが3人もきて、調書を取っていきました。指紋を取ってみると、見事に手袋をしているようで、手袋の後だけ残っていました。

盗難対策にと、先ほど「バイクカバー」をポチしました。

 
 
<<back|<123>|next>>
pagetop