July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マイ箸作り、飾りは華やかに「金粉」と螺鈿(らでん)の「青貝片」で装飾を施します。


本桜(山桜)を200本削り出したので、今回は装飾にチャレンジです。
無垢の箸も捨てがたいんですが、何年も使うことを考えると飾りが欲しい、と思う。
少しだけ華やかな飾りを付けていきます。これが完成形です。


用意したのは、ふぐ印の金粉(荒目1.5g、¥594)、箔一の切り廻し(洋箔四号色、0.2g、¥324)。
箸っていうと漆塗りと金箔のイメージがあるので、金をどうにかならないかと思って試してみることにする。
ふぐ印の金粉は小さなボトルですが、キラキラで綺麗です。0.5ミリ角で使い易そう。
切り廻しの洋箔は、くちゃくちゃでちょっと難しい感じがする。どちらもこの価格なので、洋金という部類の純金ではなく、胴(Cu)と亜鉛(Zn)の混合だと思われます。


こちらは螺鈿(らでん)工作用のメーカー不明の青貝片(1.3g、¥864)と藤井漆の青貝粉(小三、10g、¥648)。
左の青貝の破片ですが、大きさも形も様々で自然の形をしています。どの形を使うか悩みそう。
青貝粉も粉を振り掛けるだけのシンプルなものにしようか、少し大きな破片を混ぜるのがいいか、悩むね。


装飾を加えるのに下地は黒く塗装することにしたけど、何で色を付けるか?
墨が良さそうな気がして、硯と墨を出してみた。祖父愛用の硯ですので、100年物? でも墨を摺るには手間がかかるし、・・・。


結局、顔料の入ったワシンのポアーステインを使う。楽だし、成分が危険有害性無し、っていうのが一番。


ポアーステインの黒色で、箸の頭の3センチ位まで黒く塗装しました。ポアーステインは1回塗るだけでは全く染まりません。とりあえず、3回塗ります。
黒地にすることで装飾が映えるんじゃないかと思う。


最初の飾りは、青貝でやってみます。
ポアーステインを3回塗ったあと、一面のみ薄く塗って乾かないうちに青貝の破片をピンセットでひとつづつ乗せていきます。
接着材は使わず、ボアーステインの上に水性ウレタンニスを塗ることで、接着剤の代わりにします。
老眼入っているし、細かいのをピンセットでつまむのはきついっす。


箸の四隅はある程度のRがあるので、うまいこと付くか心配ですね。貝はほぼ水平です。後からペーパー掛けすれば密着するかもしれないので、どんどん貼っていきます。
細かな作業なのですが、適当に乗せていってもなんとなく様になるんですね。案外、かっこいい感じで想定外に嬉しい。


こちらは、ふぐ印の金粉です。
金粉は0.5ミリ角と細かいので、ピンセットでつまんでふりかけるだけ。とっても楽。
想定通り、黒と金は映える。桜の花びらとかのデザインにしてもいいかも。どっと乗っているようにも見えるけど、これもセンスです。


青貝粉と金粉で飾り付けしたら、仕上げはワシンの水性ウレタンニス(透明クリヤー)で表面を保護します。
食品安全法適合で安全データシート(SDS)では1項目のみ警告(特定標的臓器/全身毒性(反復暴露):警告)が出ていますが、ウレタンは乾けば安全性も高い。
漆以外の塗り箸は、ほぼウレタンの塗装とのことですので、問題ないと思う。


青貝粉の装飾をし、水性ウレタンニスを一回塗ったものです。なんかいい感じに出来たかな?
でも手で触るとでこぼこです。青貝粉を降りかけたものも、結構な凹凸です。このままでは使えませんね。


青貝粉に比べ、金粉は流石にでこぼこは少なく、ぴったり貼りついています。
黒地に金も見た目にはいいです。


1回目のウレタンニスが乾いたら、#600のペーパーで表面のみをこすります。
ウレタンニスは、白い粉になって削れます。この段階で、青貝の破片も青貝粉も接着が弱いものは落ちてしまいますが、まあいいでしょう。


表面を整えるため、水性ウレタンニスの重ね塗りです。
2回塗りし#600のペーパー掛け、乾燥は2時間取って、またウレタンニスを塗る。


これは3度塗り後の乾燥の様子。もう1回塗ると良さそう。



水性ウレタンニスを4回重ね塗りした。
皮膜も出来たと思う。


頭の飾り部分もいい感じになった。


金粉の部分。水性ウレタンニスを塗っても、くすんだりせず、Good。


青貝粉の部分。こちらも貝の輝きが落ちていない。いいんじゃないでしょうか。


無垢、色付け、飾りの3部構成の塗り箸の完成です。
約半年日常的に使ってみました。箸の先、および全体に曲がりやしなりは無かったため、これを量産します。


 
 

マイ箸作り、四角い箸に丸みを付けていきます


カンナで四角になった箸を、電動ドリルに付けたやすりで四隅を丸くしていきます。
この工程が一番時間がかかります。
持ち手のほうは均等に、箸の先端は細く、なお且つ四角を残したまま細く加工するので、丁寧に削っていきます。


10本を1セットでやすり掛け。10本並べて削っていくと、不揃いだったものもほぼ均一になっていきます。


10本加工するのに、約1時間かかります。左が加工前、右が加工後です。
200本やるので、地道な作業です。
午後は雨が降ってきたので、とりあえず様子見。雨で涼しいので作業は楽です。


午後からはビーチパラソルを差して作業。涼しくていいわ。


50本やすり掛け完了。
200本やるには、あと3日かはかかる計算、先が長い。


 
 

マイ箸作り、今日はカンナがけオンリー


今週から本格的に箸作りをスタートします。
10月の納品なので、ピッチを上げないと間に合わないぞー。


本数が多いので自作の治具です。左側が箸の先になります。
1本、1本カンナがけします。


厚い皮の手袋をします。
昔の職人は手袋なんてしなかったけど、日曜大工では2、3本削るだけで豆が出来そうなので、これが無いとカンナは無理です。


小まめに水分補給しながら、せっせとカンナがけしました。


200本強あるので、本数は足りそうです。


まあ、こんだけ削ったんだ、っていう足跡です。


朝7時からずーっと同じ作業で疲れました。体全体が筋肉痛です。


 
 

マイ箸作り、半年ぶりに再開、山桜の木を切ります


約半年間、自作の塗り箸を日常的に使ってみました。
箸の先、および全体に曲がりやしなりは無いことを確認。今日から量産しま〜す。


使うのは「山桜(本桜)」です。日本の木、って感じ。
今回の木材もいつもの黒姫のとっこやさんから仕入れしました。
10ミリ厚に加工して貰っています。いつもながら、丁寧な対応で助かります。


下段の木材は定規です。
これは、箸の長さ238ミリに切るための桜の定規です。こういうのって職人に知恵でしょうかね。
少年時代は、こうした知恵を見よう見真似で授かったのが私の財産ですね。


ゼットソーの刃長265ミリののこぎりでカット。
箸の長さに合わせて幅32ミリ程度の板なので、ものの数秒でカット。265ミリののこぎりは使い易い。


238ミリにカット完了。ここからが、きついんです。


今度は、0.6ミリ幅のデコラソーに代えて、10ミリの短冊を作っていきます。
縦目なのでゆっくりですね。


横浜は今日も暑い。朝の6時からやって、78本をカット完了。
疲れた〜!!


 
 

木のコースターを作る(その5) くるみ油を塗って、やっと完成しました


今日は涼しいうちにと思い、朝6時から作業開始。まずは、#600の紙やすりで表面を仕上げます。
#600だと、つるつるになります。


全部で84枚、手でやすり掛けは結構疲れる。
市販の木のコースターなら、この#600程度だと思う。


そして、最後の磨き。電動のサンダーの出番。
こちらは、#1000です。ここまでやれば気が済むでしょ。


コーヒータイム。


磨きを掛けた後です。ぴっかぴかです。


コルクを木工ボンドで付けます。


ボンドの量はこの位。コルクを接着して、周りにはみださない程度の量です。


コルクが0.1ミリ程、枠より低い位置に収まった。いい感じです。


仕上げにクルミ油を塗ります。
これを塗ることで木の素材が白っちゃけず、綺麗に潤います。


いかがでしょう。クルミ油の力ってたいしたもんです。


ずいぶんと日数がかかってしまいましたが、やっと木のコースターが完成しました。
左からけやき、チーク、ウォールナットです。


銘木で作るコースター。なかなか良い仕上がりです。


丸型と四角で、それぞれに味がありますね。


 
 

木のコースターを作る(その4) コルクの型取りと円形コースター作成


今日は1ミリ厚のコルクを切り抜く。
プラ板で80ミリφのテンプレートを作り、ボールペンでなぞる。
厚みがないので、はさみで簡単に切れます。1ミリ厚だとぺらぺらです。


厚さ1ミリの規格のはずですが、ものによって厚みに差がありますね。誤差は±0.1ミリぐらいあります。
とりあえず、せっせと切り抜いた。70枚ちょっとしか取れなかった。80枚欲しかったのですが、計算ミスです。


続いて丸いコースターを作る。これもプラ板のテンプレートを利用します。
100×100ミリの正方形なので、四隅を丸くカットする感じです。


ジグソーでゆっくりRのライン上をなぞっていきます。刃を垂直に立てて、なるべくゆっくり動かします。


3種類、27枚を一次カット。
電動のこぎりとはいえ、慎重にやるので、結構疲れます。


けやきは柔らかいので、バリが目立ちます。


この程度のバリは、このあとサンダーを掛けるので消えます。


9枚を束ねて、側面を回転サンダーで慣らします。
#320ぐらいの番手です。


電動ドリルは、2台です。
番手の違うペーパーが付いています。


円はほんと、難しい。何度も何度も繰り返し、円に近づいてきました。


まだ、磨きをやっていませんが、こんな感じになります。
来週には、完成します。


 
 

木のコースターを作る(その3) トリマーとジグソーで加工


東急ハンズで注文した木のはがきが届きました。
とりあえず80枚作成します。こうやって重ねると結構な枚数です。


先週作った治具(テンプレ)をつかって、トリマーで丸く溝を彫る。


このリョービのトリマー(MTR-42)は、スイッチのON/OFFしかなく回転数を調整するような機能は無し。
いきなり高速回転でビットが回転、木くずも飛び散ります。
木くずを吸う掃除機みたいなものを追加で購入すればいいんですが、素人大工には高くて手が出ません。


まー、掃除すればいいんですけどね。


次は、100×100ミリの正方形に切ります。


ここはジグソーの出番です。


のこぎりで切るよりも楽だし、早く切れる。枚数を切るにはジグソーが便利です。
押しながら切る利点は、鉛筆で引いた線が見えること。ガイドを付けなくても、100ミリ程度なら真っ直ぐ切れます。


午後一からの作業でしたが、テンプレや電動工具のおかげで楽に加工できました。
これで、木のコースターの原型が出来た。なんとか形になったんじゃないかな。
しかし、今日の横浜は暑かった!

 
 

木のコースターを作る(その2) トリマで丸く溝を彫る


コースターにコルクを貼るので、1.2ミリほど表面を彫る。
以前は、彫刻刀で彫っていましたが、枚数をこなすため、今回はトリマの出番です。


トリマービットは、トップにベアリングが付いた直径19ミリのストレートビットを使ってみることにした。
ディグラムのビットは、最高の切れ味です。


ビット上のステンレス部をテンプレートのMDF材に当てながらなぞると、綺麗な溝が彫れます。
MDF材の厚さは9ミリです。これがちょうどいい厚みです。


中央からやや斜めにビットを立たせ、テンプレートの外側から内側に3周ほど回すだけ。
力を入れる必要は全くなく、テンプレに沿わせてゆっくりと抑えるようにトリマを水平に進めるだけです。


どうでしょう、綺麗に溝が彫れました。
時間にすると、10秒はかかっていないと思う。テンプレって凄い生産性です。


コルクは厚さ1ミリのものを使います。
貼ってみると、どうでしょう、ぴったりです。


30枚ほど彫ってみましたが、1時間もかかっていません。
やっぱりトリマを使うことで、凄い生産性です。
東急ハンズに木材の追加オーダーをしていましたが、商品が届いたとのこと。これで来週には、枚数が揃う。


削りかすもこの通り、大量に出ます。
今週はここまで。

 
 

木のコースターを作る(その1) 今日は汎用テンプレを作っています


今週から、木のコースターを自作します。10月までに75枚作る予定。
材料は東急ハンズの「木のはがき」。左からけやき、チーク、ウォールナットの3銘木。各216円です。
もうちょっと安いと助かりますが、私が作ろうとしているコースターは厚さ5ミリですが、5ミリ厚の板って売られていないので、仕方ないです。


コースターの中央を丸く彫って、そこにコルクを貼る予定です。
今回は、枚数が多いのでテンプレート(治具)を作ることにした。板は200×300ミリ、厚さ9ミリのMDF材で、200円ぐらい。
スターエムの自在錐(じざいきり)の出番です。高速で回転させるので、しっかりLレンチで刃を固定。


最初はゆっくり、次第にドリルを高回転させていくと、外刃と内刃がうまく切れ込み、MDF材が簡単に切れていきます。
自在錐は刃がするどく高回転させる工具ですので、日曜大工の初心者にはお勧めできません。(私も初心者ですが、・・・。)


始めはゆっくりと、ある程度刃が食い込んだところで次第に回連をUPさせていきます。ものの2〜3分で綺麗に穴が開きます。
表から7割程度切れ込んだら、裏返してやるとバリとかがなく綺麗に切り抜くことができます。


木のはがきのサイズは横100ミリです。どんなカップにも対応できるうに、直径78ミリの円をくり貫きました。
小さなことですが、設計通りに行くと、なんか嬉しい。


こんな感じで、円の中心を出しておきます。


円を切り抜いたMDF材の裏側に、木のはがきがきっちり収まるように、厚さ5ミリの端材をボンドで貼っていきます。
はがきの中心を円の中心になるように、同じ厚みの板で四隅を囲うようにします。


ボンドがしっかり付くまで、一晩固定しておきます。
雨も強くなってきたことだし、今日の作業はここまで。


 
 

マイ箸の塗装、ワシンのポアーステインを試す


山桜の箸ですが、無垢のままだと3回ぐらい使うと水分を吸って先が曲がってしまう。やっぱり2〜3年は使いたいものです。
そんなら塗り箸はどうか、ってことで箸の表面を保護する塗装をすることにした。
どんな塗り箸がいいか。候補としては漆調の堆朱(ついしゅ)塗り、貝を埋め込む螺鈿(らでん)塗り、そして金ラメをまぶすのも良さそう。洋金粉にするか、金沢の純金の切箔を貼ろうか、・・・。

口に入れることもあり、安全な塗料を使いたい。食品衛生法に適合したワシンの工芸うるし(油性)を使いたかったが、SDS(安全データシート)を見ると、健康有害性が高いですね。食品衛生法適合(塗膜からでる溶出物が基準以下)でも、これは使えない。・・・ちょっと残念。漆調の黒塗りの箸は候補から外れました。


くるみ油などの植物性の自然塗料というかオイルは箸の表面を保護するには向かない。(写真はくるみ油を塗ったもの)
世に出回っている安全な塗料としては「漆」と「ウレタン」の2つ。漆は素人には無理なので、今回はステインで着色し、ウレタンニスを塗ることにした。


写真の小さいボトルは、着色のためのワシンのポアーステイン。顔料の水性着色剤ですが、ホルムアルデヒド放散等級:F☆☆☆☆だし、SDSを見ても有害物質が入っていないようなので安全だと思われる。幼児用の木のおもちゃなんかもこれを使っているようです。
但し、グラスグリーンだけは胴の化合物が入っているようです。


まずは、箸を乾かす台作り。箸が9ミリなので、20ミリ間隔で穴を開けました。
ダンボールの箱なので、錐でぶつぶつ穴を開けただけです。13×8で、104個の穴が開きました。


グラスグリーンの原液です。どんな色になるのか楽しみ。


箸の下から10センチの所をマスキングしておきます。下の部分は口に入れるので、着色しません。
ポアーステインは水性なのですいすい塗れます。塗ったらウエスで拭き取るように説明書に書かれてあるので、拭き取ったところ、年輪部分に色が付く程度で、ほとんど着色しないですね。
色もちょっと違うかな、って感じ。写真を見ると、完全に線香にしか見えない。


グラスグリーンとオールナットを50:50ぐらいに混ぜて、濃い渋い感じのグリーンを作ってみた。
色を混ぜることが出来るので自分好みの色が作れるのもいい。


濃い目のグリーンを塗って、今度はウエスでの拭き取りは無しにしてみたところ、イメージしたような色合いになってきた。
これで3回塗りです。


3回塗りのあと#400のペーパーでやすり掛けし、更に2度塗りしてみた。合計5回塗りで、深みのある緑色になってきました。
ステインは木目を生かす塗料なのですが、5回の重ね塗りとなると木目は見えません。
それと光沢はありませんが、この上に水性ウレタンニスを塗るので、これでいいでしょう。


ブルーも塗り始めました。左側の6本。
青を出したいので、ブルー80:オールナット20の比率です。これで2回塗りです。


これはオールナット、原液です。
3回目の重ね塗りしているところ。なるべく薄くなでる感じで塗っています。


4色目はオールドローズ80:オールナット20。
オールドローズは何故か白っちゃけていて、味が出ないなあ。


乾燥時間は1時間なので、こうやってラップで包んでほこりと乾燥防止です。
一日ぐらいならラップしておくだけで、また利用できます。こういう点が水性塗料のいいところです。


とりあえず、4色×8本づつで、合計32本。
グリーンだけ5度塗りしていますが、他の色は3度塗りの状態です。このあと一晩寝かせてしっかり乾燥させ、明日は軽くやすり掛けします。


別角度から。こうやって見ると、なんか、箸職人みたくなってきたね。


 
 
<<back|<1234>|next>>
pagetop