November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

UHFアンテナの調整

屋根には、13年前の台風で倒れた際に設置した14素子のUHFアンテナが有るにはある。でも、近所の屋根を見ると、向きが違っているような感じ。

今回は、屋根の上のUHFアンテナの向きを調整しよう。おうち

 _虻に登ると気持ちいいです。昼寝したくなる。見晴らしがいいなあ。(のどかな田舎なので、360度、ほぼ、高い障害物は無し。)

 △気董∋呂瓩茲Α4スミの針金の支線のうち、2ケ所をはずした後、屋根馬を倒してアンテナの止め金具を回すも、ねじ山が切れてしまった。最悪・・・。もう一箇所は、クレCRC556を吹きかけ、丁寧に丁寧に緩めた。

 アンテナにはDXアンテナの文字がやっと読めるが、型式とかは不明。かなり劣化しているのは、目で見ても分かる。実際に手にすると、軽い。

 じきは東京タワー側で間違いないと思う。東京タワーまで33.2km、平塚中継所までは21.1kmなのだが、東京タワーの方が電波は強いだろうし、他の屋根のアンテナは、全部東京タワーに向いているからいいと思う。

 イ海離▲鵐謄覆納信出来るのか不安はあるが、10度ぐらいづつ向きを変えては、マストを立て、下にいる娘に電話して、受信レベルのdB値が上がったかどうかモニターして貰った。繰り返し試すこと、5回程度。

結果は、21ch(フジテレビ)で、受信レベルが2〜3dB上がった程度で赤のゾーンは変わらず。受信OKの緑のゾーンには程遠い。う〜ん、次は高利得のアンテナへの交換が必要かなぁ・・・・。本日は、ここまで。


(左)23chのテレビ東京のアンテナレベル   (右)21chのフジテレビのアンテナレベル

 
 

地デジが映らない

さっそく地デジハイビジョン液晶テレビ「BRAVIA」を、今までのアンテナ線(平行フィーダー線)につなぐ。UHFは綺麗に映る。さあ、今度は地デジを見るぞ〜!テレビジョン

まずは、屋内配線の整備から進めよう。
(1)壁面アンテナコンセントを、プラグ差込み型に交換

 ・私の家は古いので、アンテナコンセントは、フィーダー線タイプのアンテナコンセントだった。NATIONALの文字が懐かしい。
  

 ・フィーダー線タイプと同軸タイプとではプレート形状が違うので、プレート付きのアンテナコンセントを探したが、ヨドバシカメラでは置いていなかった。近くのドイトにて購入。
 ・壁中からの同軸ケーブル(3C2Vの細いやつ)をアンテナコンセントにつないだ。但し、この部分は芯線を直付けするタイプだった。ノイズ拾うかも知れないなぁ。プレートを被せて完了。
 ・配線はまだ地デジ対応ではないが、将来使うことを考えて隣りの部屋にも引き込むことにした。分配器は、本体が樹脂製の一番安いプッシュプラグ式2分配器を購入し、アンテナコンセントに直接を挿す。
 
 八木アンテナ、CSPD2-B、¥955

(2)コンセントからチューナーまでを同軸ケーブルに交換

 ・同軸ケーブルは、屋内配線の場合は4CFBで十分とのことなので、MASPROのS-4C-FBのケーブル(15mで¥1,323)とFiji PrttsのF型接栓(せっせん)10ケ入り(¥1,260)をヨドバシカメラで購入。


(左)マスプロS4CFB(15m)  (右)S4CFBは絶縁体の外側にアルミ箔が巻かれている。

 ・配線は、なるべく短くするのが基本なので、適当な長さに同軸を切り、分配器側にはプッシュプラグ(直付け)を付け、チューナー側にはF型接栓を取り付けた。(この接栓のリングの取り付けは、少し慣れが必要です。)


左の白いのがS4CFBにF型接栓を取り付けた物、右の黒いのはDVDレコーダーに付属していた3C2V

さて、いよいよテレビの地デジの設定。UHFのオートチャンネルスキャンを試したが、拾ったチャンネルは23ch(テレビ東京)と21ch(フジテレビ)のみ。更に、23chは画像が出ないし、21chはやっとモザイク画像が映るだけ。

泣けるなぁ、電波が弱いんだろうなぁ。悲しい原因究明はせず、本日の作業はここまで。

 
 

20型液晶TVを買いました

十数年愛用してきた茶の間のTV(SONYの20インチのブラウン管TV)が壊れ、この年末年始はTV無しで、のんびり本でも読んで過ごそうと決めていたら、子供達の猛反対に押しやられ、yodobashi.comで一番安いTVテレビジョンを買い換えることにしました。

なんと、ブラウン管のTVは売られていないんですね。敢え無く、地デジ無しの廉価品(バイ・デザイン社の20型液晶d:2032GJ)を、¥59,800で注文しました。
 
 バイ・デザインのd:2032GJ ¥59,800(10%)

どこのメーカーでしょうかねぇ、IBMのパソコンと同じでボディは黒です。しかし、写りはダメです。1ch、12chがほとんど砂嵐しになっています。「返品」が効くかとメールで問合せしたら、「返品可」とのこと。ヨドバシ.comって良いお店です。

そんな折、会社の先輩が、地デジは無料で全チャンネル見れるよ、って教えてくれた(それまで、地デジってまだ放送されていないのかと思っていた。)ので、今度は画像の綺麗な地デジ対応TVに的を絞りました。バイ・デザインの反省から、実際にお店で自分の目で見てから決めようと思い、休日になった今日、町田のヨドバシに出掛けました。

20型のTVを探すのに苦労しました。世間は、32型とか40型が主流であり、20型は奥のコーナーに追いやられていました。Pana、SHARP、SONY、東芝の4メーカーを一挙に眺めると、違いがはっきりするもんですね。一番くっりきりと映っている、「SONYのブラビア」にしました。SHARPのアクオスは吉永小百合だから液晶は良いだろう、panaのビエラは使い易そう、っていう先入観は、現物見ると吹っ飛びますね。BRAVIAエンジンは、CanonのデジカメのDegicに近いものがあります。

 
 SONY BRAVIA KDL-20S2500 ¥99,800(10%)→¥79,800(10%)

何も言わないのに、若い女性の店員が「79,800円にします」って言うので、「これ下さい」って言うと、さんざん隣りで悩んでいた女性の方も、「私も1台」って言ってました。やっぱり、X'masセールなのでしょうか、Webで¥99,800してたのに、店頭だと、¥79,800は安いですね。得した気分になりました。

 
 
<<back|<12
pagetop