January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

電子キーボードカバーを作った


私のピアノはYAMAHAのNP-12Bです。
娘が使っていたクラビノーバがありましたが場所を取っていたので、61鍵盤の小さな電子キーボードを「大人のピアノ」練習用に、昨年のクリスマスに自分へプレゼントしました。
リビングの低いテーブルで使用しています。ただ、鍵盤に蓋が無いので、当然、埃が被ります。


埃よけにキーボードカバーを作ります。ピアノカバーは黒のベルベットとかベロアのイメージがありますね。中学校の体育館の舞台に置いてあったのは黒い布が被せてあった。

ユザワヤで黒のベルベット(1.5m)とフリンジブレード(1.7m)を購入してきた。 ベルベットは丁度奉仕品ということで@437円/M、かつ20%Offでたったの525円。
フリンジが182円、金色っぽいシャッペスパン手縫い糸が141円でしたので、材料費の合計は、848円です。安いねえ。


黒とか白の糸は在庫あります。
さっそく型紙無しで、適当に布を切り出します。


ピアノを覆うだけなのでちょっとだけマチを付けて、半カバーのように作った。このマチのお陰でゴムとか無しですっぽり収めることが出来た。
正面からサイド回りにはフリンジブレードを手縫い。フリンジを付けると華やかになりました。


白のフェルトでYAMAHAのロゴを切り抜き、まつり縫いします。


ロゴは中央に縫い合わせましたが、少し右肩があがってしまった。まあ、ご愛敬ということで。
黒のベルベットと金色のフリンジの飾りで、シンプルながらもチープさが抑えられてGoodです。


楽譜立て部分はカバーをしていませんので、付けたままカバーが掛けられます。


ベルベットに少し皺がよっていました。
だから奉仕品だったのかなあ?キーボードカバーなので特に不便じゃないし。


光の加減では皺も目立たないので、良しとします。
ベルベットは柔らかいので、取外しも楽ちんです。


848円で完成したピアノカバー。やっぱり自作はいいですねえ、満足です。
あとはピアノの腕を上げるのみ。毎日の練習が必須ですね〜!


 
 
 
pagetop