September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

地デジが映らなくなった(5Cケーブルへの交換で解決)その対応メモ


2011年7月の地上デジタル放送の開始から8年経過し、3日前から「エラーコード:E202」と表示され、全く映らなくなった。
アンテナの向きが台風の影響で変わったのかなあ、と思ったが、ちゃんとスカイツリー方向を向いている。


これが現在のアンテナからの配線図です。
屋根に上って確認したところ、ケーブルの一番外側のビニールの被膜は剥けちゃってますね。4Cケーブルは屋外に使っちゃダメですね。被膜が薄いので直射日光の影響がもろ出ちゃう。


とりあえず、アンテナとブースター間、ブースターから屋内配線につながるF型接栓のジョイント部までを、4Cケーブルから5Cケーブルに交換してみた。
屋内配線ジョイントと接続しても、変化無し。直接、屋内からのケーブルと簡易的につなぐと、電波を受信。
室内配線は3C2Vのケーブルで、かれこれ40年以上風雨にさらされていることもあり、このジョイント部の劣化と判断。


今回は、既存の室内配線(引き込み線)を流用せず、アンテナからの5Cケーブルを直接壁に穴を開けて室内に通した。バッチリです。
テレビがBSだとニュースが見れないのでなんか寂しかったですが、良かったです。
5Cケーブルの直径は7.7ミリ程度なので、穴は9ミリφで空けました。ケーブル交換だけで、丸一日掛かった。
3種類のケーブルは、上から地デジ、BS、そして光回線。


 
 
 
pagetop