November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロジェクターでホームシアターを楽しむ


同窓会のビデオ映写用に調達したELEPHAS プロジェクター(LED 3500lm 1080PフルHD対応)。
とりあえず壁に映してみる。


でもねえ、やっぱりこれじゃあ雰囲気が出ない。


照明を落とすと、映りは悪くない。
大型スクリーンを付けることにしよう。

以下が、プロジェクターとアンプ/スピーカーとの接続図。



Amazon Fire TV Stickを付けてPrime Videoを見る。
音声は、プロジェクターのイヤホン端子にJPRiDE社のAAC APT-X LL対応のBluetoothトランスミッターを接続。


受信側は、ONKYOのCR-N765のLINE1に、August Bluetooth 4.2 ワイヤレスオーディオレシーバー apt-X LL対応 受信機 MR230B をRCAコードで接続。
これで音声は、Bluetoothでフロントスピーカー(YAMAHA NS-BP200)に繋がる。


プロジェクターの設置は、スクリーンとほぼ同じ高さにする。
このELEPHASのプロジェクターは、角度を付けて台形補正をすると、上下がピンとが合わないようです。
よって、三脚(Eienn 三脚 一脚可変式 2段・4段 3Way雲台)にサンコー カメラ三脚用ノートPCデスク CLHCMAL2 を付けて乗せた。


プロジェクターのレンズがスクリーン中心になるよう、さかさまに取り付け。


プロジェクターの高さは、110cmぐらいで水平になるようにしています。


スクリーンは、ニトリの遮光ロールカーテン(180cm)の裏面(白い面)を天井から吊り下げ。


さっそく広瀬すずの「チアダン」、有村架純の「ビリギャル」とドリーム映画を試写してみた。
大きなスクリーンで見ると迫力が違う。音もフロントから聞こえるので、まるで映画館。
これは当分、Prime Videoにまりそうです。


 
 

comments

   

trackback

 
pagetop