October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

クロスビーにKindle Fire HD 8をカーナビとして使う


クロスビーのカーナビは、パナソニック CN-RZ83ZAです。バックモニター付き車載カーナビとしては、これしか選択肢は無かった。
VICS WIDEに対応しているとはいえ、渋滞情報の反映に大きな不満があります。
iPhoneのGoogleMapに表示される渋滞情報と比較し、精度とリアルタイム性に欠け、高価な純正ナビだがナビの役目をしていないことが多々あります。


(上の写真は、スズキの純正ナビ)
これまで乗っていたローバーミニにはFire 7にNAVIeliteを入れ、外部GPS+iPhone 6とテザリングしてVICSを拾っていた。
特に不便も感じず、NAVIeliteの方がVICSの渋滞情報がリアルに反映されていたように感じる。
↓過去の記事を参照ください。
GPS非搭載のAmazon Fireタブレットをカーナビとして使う(外付けGPS編)
Amazon Fireタブレットを、クラシックミニに設置。本格カーナビとして使えます。


さっそく取付けます。
GPSレシーバー(GNS2000)は、昨日作った木の自作ケースに入れ、ダッシュボードに設置。ケースの裏には滑り止め用にプレーンゴムを張っています。
Fire HD 8は、MAYOGAのタブレット車載ホルダー(1年間の無償交換保障)で固定。粘着ゲルの吸盤は、369gのFire HD 8をしっかりと固定してくれますね。


運転席からの視界はこんな感じ。
視界のじゃまにはならない程度に設置できた。


今回のFire HD 8ナビの構成図。
Fireナビの音声ガイドは、標準ナビとUSB接続してカースピーカーから出力させたかったが、USBとして認識せず。
よって、Bluetooth接続でANKERの後付けスピーカー(SoundCore mini)に出力。


NAVIeliteにもアイシン独自のオンデマンドVICSの渋滞情報が反映されているとのことだが、FM多重で拾うVICS WIDEとの違いがあるのかどうかチェックしたい。
そんな訳で、最新車載ナビとスマホ用ナビのダブルナビで当分使ってみることにした。


 
 

comments

   

trackback

 
pagetop