July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

和式トイレから洋式トイレにリフォーム


家のトイレは和式の古いトイレ。
外国人のゲストの為に、年内に洋式トイレに交換する工事をお願いした。


水の元栓を締め、まずは便器を外す。


タンク、ペーパーホルダー、タオルハンガーを外し、壁の下周りのタイルをはがしていく。
汚物の排気管には詰め物をしています。


外したタンクは外に。


床のタイルもはがしたところ。


給水パイプの通る壁をはがす。


汚水の配管もうまく加工して取り付け。


給水パイプを延長して新しくパイプを設置。


手洗い用のタンク周りの壁が腐っていたので、新しくベニヤに取り換え。


給水パイプが引かれた壁は、補強材を両サイドに入れてます。
丁寧な施行です。


トイレのドアはリフォームの対象外なので、ここだけはお父さんがペンキを塗る。
ヨーロッパをイメージしたグリーン系のカラーを選択。JカラーVibrantシリーズのアンティックグリーンです。
2リットル缶で2,600円。


床には厚みのあるベニヤを上から敷いています。


隣の部屋のブレーカーから直接電源を取っています。


電源コンセントを新設。


パテは粉末のものを使用しているようです。


軽ワゴンに作業用の用具が満載。坂道は登らないと言ってました。


これが新しいLIXIL(リクシル) のトイレです。
温便座とシャワーをリモコンで操作するもの。今時の便座は陶器製では無いので軽い。


1日目の作業はトイレを設置したところ迄。これで夜のトイレが使用出来るので助かりました。
2日目は、壁全面にパテ塗りからスタート。ドライヤーで乾かしていました。


乾燥後、#100の紙やすりでやすり掛け。
配線部も綺麗になった。


壁紙の貼り方と切り方を丁寧に教えて貰いました。
若い職人さんですが、仕事も丁寧で綺麗です。


コーナーは難しそうです。


壁紙を合わせてカットしている所。カッターの傷はシールを貼っていました。
仕上がりは全くカットしたようには見えません。これは素晴らしい。


床はブロツワフの宿がテラコッタ柄だったこともあり、どうしてもテラコッタにしたかった。
東リのテラコッタを選択、正解でした。


こげ茶色の巾木で、引き締まりました。


ドアを取り付け、ペーパーホルダーとリモコンを取り付け。


タオルハンガーはこの位置に取り付け。


テラコッタの床に花柄の壁紙で清楚な空間になりました。


リフォームが完成しました。
2日間、総額35万円ですが、洋式トイレは必須ポイントなので満足です。


ドアもカントリー調で綺麗です。


 
 

comments

   

trackback

 
pagetop