August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

木のコースターを作る(その1) 今日は汎用テンプレを作っています


今週から、木のコースターを自作します。10月までに75枚作る予定。
材料は東急ハンズの「木のはがき」。左からけやき、チーク、ウォールナットの3銘木。各216円です。
もうちょっと安いと助かりますが、私が作ろうとしているコースターは厚さ5ミリですが、5ミリ厚の板って売られていないので、仕方ないです。


コースターの中央を丸く彫って、そこにコルクを貼る予定です。
今回は、枚数が多いのでテンプレート(治具)を作ることにした。板は200×300ミリ、厚さ9ミリのMDF材で、200円ぐらい。
スターエムの自在錐(じざいきり)の出番です。高速で回転させるので、しっかりLレンチで刃を固定。


最初はゆっくり、次第にドリルを高回転させていくと、外刃と内刃がうまく切れ込み、MDF材が簡単に切れていきます。
自在錐は刃がするどく高回転させる工具ですので、日曜大工の初心者にはお勧めできません。(私も初心者ですが、・・・。)


始めはゆっくりと、ある程度刃が食い込んだところで次第に回連をUPさせていきます。ものの2〜3分で綺麗に穴が開きます。
表から7割程度切れ込んだら、裏返してやるとバリとかがなく綺麗に切り抜くことができます。


木のはがきのサイズは横100ミリです。どんなカップにも対応できるうに、直径78ミリの円をくり貫きました。
小さなことですが、設計通りに行くと、なんか嬉しい。


こんな感じで、円の中心を出しておきます。


円を切り抜いたMDF材の裏側に、木のはがきがきっちり収まるように、厚さ5ミリの端材をボンドで貼っていきます。
はがきの中心を円の中心になるように、同じ厚みの板で四隅を囲うようにします。


ボンドがしっかり付くまで、一晩固定しておきます。
雨も強くなってきたことだし、今日の作業はここまで。


 
 
 
pagetop