May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プラレールアドバンスに、鉄コレのキハ81を乗せ替えてみた。バッチリです。


プラレールアドバンスは、子供も大人も楽しめるような新幹線や機関車等の車両を揃えています。
売れ筋商品を出すのは開発者としては当然ですが、私的には好みの車両が無いこともあり、何かないかなあ〜と色々と考えた。
アドバンスは当初、Nゲージにも対応させていたという記事があったので、N-ゲージ車両に乗せ替えられると思われます。
ただ、ちょっと高価過ぎて候補にならないこともあり、鉄コレ(鉄道コレクション)で物色。
試しに鉄コレ 第2弾 高松琴平電気鉄道 81と73をヤフオクで購入してみました。(2両で1,500円)


リモコンのIRコントローラーのダミー車両と並べてみた。このダミーの白い車両と互換性あるかなあ?!
どうせなら、このリモコンも真っ白にして欲しかったわ。青のライン、別に無くってもいいし、乗せ替える車両とマッチングしないでしょ。


鉄コレの車両は、12m級、15m級、17m級、20m級と色々あるが、この高松琴平電気鉄道は15m級なので、単純計算では100ミリ。実寸では、約93ミリ。
一方、IRコントローラーの車両サイズは95ミリ。
15m級の高松琴平電気鉄道の車両と、測ったようにサイズが一致しました。良かった。
(・・・ということは、プラレールアドバンスから発売されている車両は、実際のサイズの縮小ではなく、少しだけショ−トサイズになっているってことなのかな?)


車両幅、こちらもピッタリ。
ただ、鉄コレの方はプラスチックの透明窓の部品を内側から貼り付けるようになっているので、この窓部の厚み分だけ狭くなってます。


IRコントローラーの突起部、これはワンタッチで取り付けられるように汎用性を考慮した爪です。
これがじゃまをして鉄コレにはすっぽり被せられません。うーん、困った。


カッターで大胆にカットしました。


組み込み。・・・はい、ばっちりです。


電源のスイッチ用の穴も空けました。赤外線の受信部は穴を空けないでも受信するようなので、そのまま。
ドリルで3ケ所の穴を空けてから、ヤスリで均しています。


穴を空けた部分は、プラの地の色が出たので、ルーフの色と同じ色で隠します。


ボディーをはめこんで、はい、完成。
IRコントローラーの台車部とボディーは、正規品はねじ留めしているんですが、ゆるみもぶれもなくしっかり被さっているのでねじ留め無し。
ねじ留め無しでも、かっちりはまっているので、これなら走行時に問題になるようなことはありませんね。


アドバンスのIRコントローラー+鉄コレの高松琴平電気鉄道(15m級)キハ81の組合せ。完璧です。
付属していた窓部品は運転席のみしか組み込んでいません(サイドは付けていない)が、これ、売り出したら売れるんじゃないかな。
こういうレトロ系は、若いお父さんは興味ないかなあ〜!
トコトコ走るディーゼルカーを見ていると和みます。・・・このディーゼルカーで毎日通学していた頃が懐かしい。


 
 
 
pagetop