October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プラレールをリモコンで操作(ミスター・モーターマン)


プラレールのコンセプトは、色んなレールを組合せて実在しないようなレイアウトを作って遊ぶ楽しさにあると思う。
しかし、我が家の限られたスペースではそれは不可能。
楕円形のレールを作ったものの電車をただ走らせているだけでは飽きるので、何かないものかと検索。


プラレールをリモコン化でできる商品、ブレイブ (BRAVE)のミスターモーターマンです。
左のかえる色が運転じょうずエコ3で、右の紺色がミスターモーターマンエコ3です。
従業員たった3人のベンチャー企業のようです。購入のポイントは、1つのコントローラーで4チャンネルの送信が可能なこと。
つまり、2人が異なるチャンネルを使うことで、別々の電車をコントロールできるってこと。


紺色のモーターマンは、2つのレバーで操作する(左:アクセル、右:ブレーキ)本格的なものなので私が使用。
かえる色の運転じょうずは左のレバー1つで発車・停車が出来る(右レバーはトルク切り替え)ので3歳の孫が使用。1歳半では無理だった。
いやー、これは楽しいわ。発車ベルや警笛(電車/機関車)、新幹線の次の駅で降りる準備のアナウンスもボタンひとつで流れます。


単線をぐるぐる回っているだけでも良かったが、追加パーツで島式駅を作っててみた。
追い越しとか出来るようになって、暫くは遊べそうです。


但し、このm3エンジンという単三電池型の周波数受信部、かつニッケル電池ですが、小さいだけに電池の持ちがあまりよくなく、25分ぐらいしか持たない。
充電には専用の充電器が必要で、充電にも同じぐらい時間がかかるので、このm3エンジンだけ追加で買おうと思う。


今回、追加で購入したのがこの江ノ島電車。雰囲気がGood。


更に、ふみきりセット。
レールの上を電車が通過すると、ふみきりが下がり、なんと警報機のカン・カン。カンと同時に赤色LEDが点滅するという懲りよう。
1歳半の孫は、このふみきりが一番楽しいようで、通過する度にニコニコです。
LEDは正面側1ケ所なので、ちょっと加工しようかとも思った。


 
 
 
pagetop