October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ビジネスマンの製図用シャープ(その32)「PLATINUM プロユース1500」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その32)「PLATINUM プロユース1500」〜
0.3/0.5/0.7mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):11.0mm 重量(実測):21.9g 1,500円(税抜き)

プロユースシリーズの兄貴分の1500です。

ずん胴、短足のユニークな製図用シャープです。愛嬌があるので、愛用されている方も多いようです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

プロユース共通のセンスのないロゴです。

毎回書いているので、プラチナのデザイン室の方に怒られそうです。怒り
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

グリップは極太で、洗濯板みたいに波があるだけ。

ローレットにはほど遠いですが、アルミの塗装が厚いので滑らないです。(私見ですが、雑に扱っても塗装が剥げないので塗装技術が高く、厚いんじゃないかな、との想定です。)
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップは小さめなのが付いています。

ノックキャップを含め、アルミの質感は高く、しっかり作られています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

問題は、ここです。

芯硬度表示をするため、口金に硬度(3H〜3B)を刻み小さなリングで位置を合せます。

口金が小さく、本体側にある黒いゴムリングで締め付けゆるみを吸収する構造です。

うーん、口金がガタツキそうです。でも、"3B"が選択できるのっていいね、そんな柔らかい芯使ったことないけど、3Bはそそります。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャック部、本体側のネジは黄銅でしっかりしています。

口金が小さいのは、プラチナの、かつ日本の技術で補っています。

プロユース1000とこのプロユース1500は、まさにJAPAN品質です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

あまり短いので軸バランスがどうのこうのいうようなシャープではありません。

万年筆のような太軸がお好きな方には、これしか選択肢がないでしょう。

私は、自宅用にボールペンはOpt、シャープペンはこのPRO-USE 1500、消しゴムはCLIC ERASER FOR PROを使っています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop