November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビジネスマンの製図用シャープ(その31)「OHTO スーパープロメカ1500」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その31)「OHTO スーパープロメカ1500」〜
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):8.0mm 重量(実測):25.5g 1,500円(税抜き)

オートのプロメカ1000(丸軸)と、手前の2本がスーパープロメカ1500(六角軸)です。

スーパープロメカには、芯送り出し調整機構が付きます。1,500円とちょっとお高い価格設定です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

スーパープロメカはアルミの軸が美しい。アルミ削り出しの肌を残しながら、ほんの少し塗料が乗っている感じ。

こういう表面加工は好きですね。

クリップも留めてあるネジを回すと外せるようです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

グリップは、ごく普通のローレットグリップで、キレキレではなく浅いミゾです。指が痛くなるようなことはありません。

スーパープロメカは、グリップ上部に芯送り出し機能が付く分、グリップは短くなっています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

送り出し方法は、手でこの部分を回します。1ノック2.0mmまで出せます。そんな必要ないですけどね。

軸をくりぬいているので強度が弱くなっていると思います。

軸に巻きつけている4本の黒いシリコンリングは不要ですね。六角軸なので浮いちゃってるし、何のためのリングか分からない。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ノックキャップもアルミでよく出来ています。

ノックキャップには芯硬度表示窓(4H〜B)がありますが、驚くことに3ピースです。ノックキャップですよ、凄い懲りようです。

こういった部分が愛好家を増やしているのだと思いますね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ガイドパイプを格納できるのは、プロメカ1000と共通です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

とにかくメカ好きにはたまらない1本です。

但し、25.5g(実測)もあるので、グラフ1000 フォープロの2倍以上の重さです。

手軽さには欠けますが、ずっしりした金属の重さを感じるシャープもいいのではないでしょうか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop