September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビジネスマンの製図用シャープ(その20) 「PILOT S10(エステン)」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その20) 「PILOT S10(エステン)」〜
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm 5カラー 軸径(本軸部実測):9.4mm 重量(実測):19.2g 1,000円(税抜き)

PILOT Sシリーズの兄貴分、S10(エステン)です。

スケルトンボディーに、長いローレットグリップ。うーん、どうなんでしょ
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ここだけ見ると、S3、S5、S10というシリーズ共通のデザインでまとまっています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

全長の半分を占めるローレット加工のグリップ。

葉巻型のボディー形状に合わせ、先端に行くにしたがってテーパーになっています。マットシルバーの口金と統一され、思わず見とれる美しさ。

まず、この形状は世界で唯一、このS10だけかと思う。PILOTってすごいわ。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャックもSシリーズ共通です。

ここで目を疑ったのが、グリップの厚み。しっかりした作りで、ちょっとやそっとではへこむことなないでしょう。その分、重量は重いです。

Sシリーズはグリップ部が本体の半分を占めるので、そのデザインは変えられなかったようです。それがPILOTのコンセプトですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

S10はマットシルバーの消しゴムキャップで、芯硬度表示窓が見やすいです。

S10は価格も1,000円と高価なので、中高生がターゲットではないと思います。

ビジネスマン向けであれば、この価格帯でスケルトンの軸は受け入れづらいです。是非、シルバーやマットブラック、あるいはメタル軸を追加して欲しい。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop