November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビジネスマンの製図用シャープ(その16) 「ぺんてる スマッシュ」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その16) 「ぺんてる スマッシュ」〜
0.5mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):12.5g 1,000円(税抜き)

1986年生まれ。グラフ1000がプロ用なら、このスマッシュは若手社員によるデザインとのこと。

Amazonなんかの評判もすこぶるいいです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ロゴはトンボっぽい気がしますが、黒のクリップとジャバラのノックキャップはGood。

好きなのはこの本軸の塗装。グラフ1000より一歩進んだ塗装技術だと思われる。ナシ地っぽいところは、国産では最高レベルです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

好き嫌いが分かれる、口金一体式のグリップ。

私も好きじゃない。グリップ形状、口金のぶれなさ、滑りにくさはダントツの性能だと思います。

やっぱり製図用シャープは、メタルのしっかりした口金じゃないといけない、っていうのが私の考えです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

芯硬度表示窓が軸についていることにより、グラフ1000では「B」までだがスマッシュは「2B」表示があります。

数ある製図用シャープで、この窓がカチ・カチッて決まる爽快さは、スマッシュだけですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

しっかり掴むチャックは、グラフ1000と同じです。

グラフ1000とスマート、生い立ちは違うけれど、ぺんてるのシャープはこの2本から生まれたと思う。いい商品です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop