July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ビジネスマンの製図用シャープ(その10) 「PILOT S3/S5」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その10) 「PILOT S3(エススリー)/S5(エスファイブ)」〜
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm 10カラー 軸径(本軸部実測):10.5/10.5mm 重量(実測):11.2/11.5g 300円/500円(税抜き)

PILOTからはS3(エススリー)とS5(エスファイブ)の紹介です。

S3は300円と安価な上に、使いやすくてカラーも豊富(0.4とか0.7だとカラーは選べない)。街の文房具屋で買えるのが最大の武器ですね。

軸のおしり部分がつぼまった丸軸のデザインで、他にはないデザインです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

S3とS5はグリップが異なります。

奥の3本がS3でABSのグリップですが縦に20本絶妙に溝があります。とても手にフィットして馴染みます。この溝が滑らなくしている技術なんでしょうね。

一方、手前3本がS5のゴムグリップです。こちらは均等の溝が切ってあり、面白みに欠けます。しかし、ゴムに厚みがありますね。と言っても、重量は0.3gの差しかなくそんなに変わりませんが、軸バランスがいいです。厚いゴムグリップを装着するため、軸を薄くしちゃった影響でしなりますね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

不可解なのが、中央リング部にある小さな突起。

クリップを外したときの転がり防止のためらしい。・・・これ、いらないんじゃない?
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

驚いたことに、消しゴムに芯つまりを掃除するピンが付いていた。

Sシリーズには全てこの消しゴムにピンが付いていて、ありがたいです。世の中コストダウン化で、最近見られなくなったもののひとつです。

現行品では、ステッドラーのシャープにもこの消しゴムにピンが付いています。こちらはドイツ魂なんでしょう。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップにもPILOTのロゴが入ってます。

ここまでやると、とても300円では原価割れするんじゃないでしょうか。巨大メーカーのなせる業ですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

S3とS5の違いは、グリップとこの消しゴムキャップです。

ここに芯の太さの表記と、濃さを表示する窓があるのがS5です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

PILOTのこだわりは、この芯表示が「2H」から「2B」です。普通のキャップ部につく表示窓は「3H」から「B」なので、一般ユーザーの声を吸い上げたんだと想定できます。

ただ、半透明なので隣りの文字まで透けてしまって、読みづらいです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

PILOT S3(エススリー)は、300円で購入できるシャープの中でも1、2を争う良い商品です。

半透明というかスケルトンの軸は最近の流行なんでしょうかね。私は嫌いなので透けない軸だとS3のブラックしか選択肢がありません。よい商品ですが、使わない理由です。

その点、カラーフライトの軸カラーは大人が使うカラーを揃えています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop