September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビジネスマンの製図用シャープ(その5) 「ZEBRA Tect/Tect 2way light/Tect 2way」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その5) 「ZEBRA Tect/Tect 2way light/Tect 2way」〜
0.3/0.5/0.7mmm 8カラー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):11.5/17.4/23.4g 300円/600円/1,000円(税抜き)

セブラのテクト・シリーズ。

手前からテクト(オレンジ、ブルー)、テクト2ウェイライト(ホワイト、ブラック)、テクト2ウェイ(シルバー)です。

300円のテクトは、この価格帯ながら0.3mm芯があったこと、それにノックの軽さに惹かれて購入しました。

質感、軸バランスもよく、とても300円には見えません。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

テクト・シリーズはこのシリコンリングが特徴です。

これがなかなかいいんです。滑らないです。ラバーグリップが苦手なのでこの感触はGood。

手前の2本(テクト)は2010年の発売以来使っていますが、シリコンリングの劣化は見ての通りありません。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

消しゴムなんか、むき出しで刺さっているだけです。

この100円シャープ並みのチープな装備もいいんじゃないでしょうか。金具を入れると軸バランスが頭に行くしね。(ちなみに、1,000円のテクト2Wayも同じです。)
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

2ウェイはフリシャ機能が付きます。このフリシャ機能は使わないのでoffにしておくことで、軸バランスがペン先に移動し低重心になるのでいいんです。

特に2ウェイライト(ホワイト、ブラック軸)は、軸とグリップの境にあるリングがメッキなので高級感があります。

1,000円の2ウェイはグリップが真鍮で質感が高いのですが、このリングが透明プラなので逆に安っぽく見えちゃいます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ちょっとグリップを外してみました。

2ウェイライトのフリシャ機能は、この軸内のシルバーのリング状の金属の重りが移動するようです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップがテクトと2ウェイでは異なります。

テクトのこのクリップの形は好きですけどね。

またテクトでは軸にJAPANの文字が入っていましたが、2ウェイではクリップにJAPANの文字が入っています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

とにかくこのテクト2ウェイのノックの軽さは信じられない軽さです。世に出回っているシャープの中で一番軽いと思います。

ライトとは消しゴムのキャップもちょっとだけ差別化してますね。

とはいえ、芯表示の窓がありません。製図用としては必須のアイテムですが、これが無いのが最大のマイナスポイント。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

300円シャープでシリコンリングの付いたグリップは、こテクトだけでしょう。

ゼブラ、やるなあ〜って感じ。オススメします。

また、テクト2ウェイライトのホワイトは、メッキ金具のおかげで高級感もあるし、軸バランスもいいので使い易い。ノックの軽さを味わうために買ってもいい1本です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop