August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ウッドデッキ、17年目の改修

ウッドデッキを作ったのが17年前。柱は腐るし、床はスコスコなので、週末を利用して改修工事をすることにした。

材料のウッドデッキは、アメリカンレッドシダーなんぞはコーナンに売っていないので、安いホワイトウッドで間に合わせます。

1本397円×15本で5,955円。それに柱は90ミリ角のマツ材、1,382円。計7,337円。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

17年経過しているので、ネジの頭が錆びてます。

ほぼドライバーでは回せませんね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

そんな時には、どんなネジでも回せるという商品。ネジザウルという商品です。

まっ、半分ぐらいのネジは外せましたが、残りの半分はネジが途中で切れちゃいました。

とにかく地道に抜くしかない。・・・・初日は、この作業でほぼ終了。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

2日目は、朝6時から作業開始。

ウッドデッキの板は、全面張り替えではなく、雨が直接当たって木がボケている軒先部分のみ交換することにした。

のこぎりで1本づつ切っていきます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

とにかく、暑い。晴れ

ニュースでやってたけど、横浜でも35度を越えたとか。小まめに水分補給です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

以前使ったニューシールステイン(日本特殊塗料)と同じものが売っていなかったので、アサヒペンの水性ガーデン用カラー(ウォルナット)を購入。

アサヒペンの水性ガーデン用カラーは1.6Lで3,065円でした。本来、ウッドデッキは2年に1回は塗装したいところ。よって、入手性の高いアサヒペンにした。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ニューシールステインは、流石です。

1回塗りでもこれだけ塗料が浸透します。それに比べ、アサヒペンの水性ガーデン用カラーは1回塗りだと水性絵の具を塗ったぐらいにしか染まりません。

水性は扱いが楽でいいですが、耐候性はあまり期待できません。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

また休憩。

ファンタ・グレープを自販機で買ってきたけど、ファンタって旨いね。ゴクゴク飲んじゃいました。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

2日目の作業完了。あまり暑くて休憩を取り過ぎたかな、とにかくへばったので終了です。

手前側が、アサヒペンの水性ガーデン用カラーを1回塗った状態です。

ムラもあるしこれでは耐候性も発揮できないでしょう。来週、もう一度塗ります。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 
 
pagetop