July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ビジネスマンの製図用シャープ(その1) 「STAEDTLER 925-65 カラーコレクション」

ビジネスマンが会社で普段使いに使える製図用シャープペンシルを紹介します。
製図用シャープとして私の定義は、4mmスリーブ、金属の口金、重心がフロント、硬度表示窓あり、ってとこでしょうか? 製図など全くしませんが、シンプルで機能的にも優れた製図用シャープは何本あってもいいものです。

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その1) 「STAEDTLER 925-65 カラーコレクション」〜
0.5mmのみ 5カラー 軸径(本軸部実測):8.8mm 重量(実測):11.3g 350円(税抜き)

2009年9月に発売になった「925-65 カラーコレクション」。

ステッドラーは925-XXという型番を使っていますが、その廉価版に925-65があります。ただグラファイトカラー単色だったので、販売的には振るわなかったと思います。

芯径0.5mmのみですが、ポップな5色カラー展開したのが、925-65 カラーコレクション。


名前がいいですね、マシュマロホワイト、マーガレットピンク、スカイブルー、ライムグリーン、キャロットオレンジ。

今回は、真っ白なマシュマロホワイトとほんと人参みたいなオレンジの2本を購入しました。女子高生が持ちたくなるカラーリングです。

グリップの溝は、ごくごく普通の溝です。いかにも製図用ってのは好きじゃないのでこれで十分。そんな重くないし、軸バランスも金属製の口金のお陰でちょうどいいです。


驚いたのは、口金部分。口金は製図用と同じものを使っているし、チャック部分はしっかり金属製。これで350円ですから素晴らしい。

まったく手を抜いていないところがステッドラーのいいところ。ドイツメーカーって感じがします。


しかーし、よーく見てみると、ASSEMBLED IN THAILANDって文字がくっきり刻まれてありました。

グローバル企業は、みんなこんなもんでしょう。


気を取り直して、私の気に入った箇所が、この硬度表示窓。

これがあるとなんか、製図なんかやらないけどその気になってしまうから不思議。

ただ、この窓がとてつもなく硬くて女子には回せないと思う。


最後にノック部の芯サイズを表す文字表示。分かり易くっていいです。

そんな訳で、ビジネスマンが会社で使うのに最適な製図用シャープペンのナンバー1は、ステッドラーの925-65 カラーコレクションで決まり。
Panasonic DMC-GM1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020A(35瀬侫ルム換算40mm)

【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
 
pagetop