August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ポカポカ陽気に誘われて、庭で焼き鳥を焼く

気候がいいので、庭にバーベQコンロを出してみました。

尾上製作所の65センチのステンレスのBBQコンロを使っています。

あのブリキバケツの尾上製作所が作っているんだとばっかり思っていましたが、箱を良く見たら中国製でした。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

この四角の棒(アルミ)は、焼き鳥には必須です。

15mmの太さのものを2本、アルミホイルで巻いてバーベQコンロに渡し、その上に串を乗せます。

町内会のお祭りでもやっているので、この便利さは格別です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

具材はスーパーで出来合いの物を買ってきました。

モモ肉です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

角棒の上に乗せるとこんな感じ。

こうすることで、串が燃えずにうまい具合に焼けます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

家族2人だけなので、10本づつ焼いています。

大人数だと角棒をもう一列増やし、二列で対面になって焼くのですが、この量で十分です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

皮の油がしたたり落ち、たまに炎が上がりますが、基本的に遠赤外線でじっくり焼きます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

いい感じの焼き具合になってきました。

電子レンジでチンもいいですが、やっぱり焼き鳥は炭火でゆっくりが最高です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

塩は、瀬戸のほんじおを買ってきました。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

振った塩が見えます。

初めて使ったんですが、この瀬戸のほんじお、焼き鳥にはばっちり合います。

なんてんたって、やっぱり焼き鳥は、焼きたてが旨い。焼き鳥

バーベQシーズンの到来ですね。ビール
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

 
 

comments

   

trackback

 
pagetop