April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

DIAMINE(ダイアミン)のRegistrar's Ink

ダイアミンの古典BBインクが、キングダムノートさんで入手できることを知って、さっそく注文。

30mlのガラス瓶に入ってます。瓶のラベルなど長い船旅のせいか、くたびれている感じ。


瓶のふたを開け、臭いを嗅いでみても、それほど酸臭くないです。

ほんとに没食子インクなのかな〜!って感じで、ちょっと拍子抜け。


書いてみると、サラサラ系インクで、最初はPILOTのBBみたいに青い。

しかし、みるみる濃くなっていくのが分かる。乾くと灰色+紫色系のブルーブラックです。濃淡は少なく、濃いです。

乾くとダイアミンの普通の染料インクのブルーブラックよりも、更に濃いBBです。

例えるならモンブランのBBか、KOBE INK物語の海峡ブルーのように深い紺色です。


サラサラ系インクながら、乾くのも早い方だし、にじまないし、色の変化が楽しめるので、さっそくPILOTのカスタム74に入れ替えました。

会社でもサインするのに古典BBは必須なんですが、この濃い色は最適です。気になるのは、普通のノート(アピカのCDノート)を使っていますが、書出しがちょっとインクの出が悪いかな。

30mlと小さなボトルで、2,322円(1,782円+送料540円)はちょっと高いですが、イギリスからの送料だと思ってます。

 
 

comments

   

trackback

[stationery][handmadeink]ダイアミンの古典ブルーブラックであるレジストラーズインクについて分かっていることまとめ

黒猫陛下が話題にされていましたが、ナガサワ文具センターにダイアミンのインクが多数入荷し、その中には古典ブルーブラックのDIAMINE Registrar’s Inkもあるそうです。 ダイアミン 101色インク取り扱い開始! 大型の万年筆でも入るサイズの80mlのボトルインクでの取

  • 趣味と物欲
  • 2014/08/19 1:48 PM
 
pagetop