September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

FUJIFILM XQ1 初撮り(2)

フィルムシュミレーションを変更して撮ってみた。

PROVIA(スタンダード)、カラー:+1、シャープネス:+1です。

一般的な彩度のパラメーターはありません。カラーのパラメーターは彩度ではないようです。

PROVIAは、おちついた発色で、見た目通りとでも言えます。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

生憎、空に雲がかかってしまい、どんよりしてしまいました。

PROVIAはカリカリの絵が好きな人には、少し眠たいかもしれません。

昔はキャノンのギトギトしたDIGICが嫌いでしたが、最近はメリハリの効いた彩度の高いエンジンが好きですね。

PROVIAも悪くはないですが、解像度が物足りないです。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

やはり、楽しいのはパートカラーです。下の2枚は比較用に並べてみました。同じ場所で撮影していますが、印象がだいぶ異なります。

 
FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

何かを引き立たせるにはもってこいですね。

パートカラーは、原色の赤、橙、黄、緑、青、紫の6カラーあります。

グリーンは彩度のある明るい緑しか認識しないようです。それと原色のパープルってどんな色って興味ありますね。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

いい感じでしょ。びっくり 当分はこのパートカラーをいじって遊べます。

 
FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

手振れ補正はめちゃくちゃ効きますね。

1/4秒のシャッター速度でもぶれていません。これは嬉しい強い味方です。

また、ISO1250ですが、高感度でも荒れていなこともあり夜間もいけるかも。

しかし、高速AFは全く機能せず、何度か繰り返してやっとピントが合いました。

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 25-100mm/F1.8-4.9(35ミリ換算)

 
 

comments

   

trackback

 
pagetop