October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

CASIO EXILIM PRO EX-P600


まだカシオのHPに掲載されていました。これにはほっとした。CASIOのEXILIM PRO EX-P600です。

1/1.8型600万画素CCDで、当時としては大き目のCCDを採用。


バッテリーを充電したら、動いた。てBL

ロボットのようなごついデザインで、ファインダーも付いています。

広角は33mmスタートの4倍ズーム。今ではちょっと物足りない画角。

しかし、このデジカメ、ISO 50が選べるんです。ここが凄いところ。


CANON LENSとしっかり書かれています。

さっそくHPでファームウエアの更新バージョンがあるか調べたら、Ver.1.02が2004年11月8日に更新されたのみでした。


設定をデフォルトのまま撮影してきました。起動はもっさり、AFも遅い、液晶は見えづらいんですが、見た目通りにしっかり写ります。画像処理が自然なので、ギトギトしないのがいいです。左下のようにやや中望遠の解放F値あたりが、このカメラの良さが一番出ます。

  
CASIO EXILIM PRO EX-P600 CANON LENS 7.1-28.4mm F2.8-4.0(35ミリ換算33-132mm)

望遠端ですが、絞り込んでいるので全域にシャープです。

同じCanonのレンズを使っていた当時のIXYのこってり間は皆無で、あくまで自然色です。

アスペクト比3:2が選べるのは今回初めて知った。ハイエンドカメラなんだと実感。

CASIO EXILIM PRO EX-P600 CANON LENS 7.1-28.4mm F2.8-4.0(35ミリ換算33-132mm)

マクロでの中望遠、解放。

シャープネス:ハードの設定です。このデジカメの得意とする場面。

10年前のデジカメとは思えません。たまに古いデジカメで撮るのも悪くないです。カメラ

CASIO EXILIM PRO EX-P600 CANON LENS 7.1-28.4mm F2.8-4.0(35ミリ換算33-132mm)

 
 

comments

   

trackback

 
pagetop