September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

PILOT カスタム74

PILOT CUSTOM 74です。

普段使いの万年筆にコンバーター(CON-50)を使用していますが、インクが1週間持たないこともある。市販品の中で最も容量の大きなCON-70を使うために、ヤフオクにてGet。ヤフー定価10,500円で、オークションでも5〜6Kで取引される人気商品です。

このカスタム74とセーラーのプロフィットに絞り、落札金額「3,980円」で30件ぐらいの入札を試みてGetした1本です。


カスタム74は、入門金ペン万年筆としてショップの人が必ず最初に薦める商品。

万年筆と言ったら太軸のこのバランス型(両端が丸みを持ったもの)を思い浮かべる人の多いのではないでしょうか。


私自身初めての金ペンです。勿論中古品ですが、それでもちょっと胸が躍ります。

ティアドロップ型クリップは、レトロ感があってGood。


軸は樹脂です。この価格帯になると黄銅かなんかになるかと思ったが、樹脂製です。とは言っても、黒光りしていて、キャップの飾りリングと相まって重厚感があります。

飾りリングのCUSTOM 74、光ってます。

樹脂軸なんですが、キャップを軸尾に差したときのバランスも素晴らしい。


ニブは5号と小さめのニブサイズ。大きければいいってもんじゃないし。

しっかり、「14K585」と書かれています。純金(K24)の58.5%の純度ですから、高価です。

字幅はSF、ソフトな細字です。ペン先に模様が入っていると、ペン先は硬くなる傾向にあるとのこと。鉄ペンの硬いカリカリニブしか知らないので、金ペンのしなり具合が気になります。


PILOTは製造年月をニブに刻んでいます。

B296なので、1996年2月製造です。20年前の商品ってことですか、これはこれで驚く。レッド

首軸にインク跡がないことから、カートリッジだけで使用していた様子。グットコンディションです。



PILOTの一般コンバータCON-50は、セーラー、プラチナより容量が大きい0.81ccです。

CON-70は、1.10ccと更に容量UP(趣味の文具箱vol.11 p72参照)。並べてみると2倍ぐらい入りそうですが、3〜4割増量ってところ。

CON-50と違って、コンバータ内にシャカシャカ動く金属用のリード線が入っています。金属の形も共用ではないですね。


インクは、古典BB(没食子インク)ながら青みが残る"R&K Salix"に決めていますので、さっそくCON-70に吸わせました。

インクの吸上げ方が、普通は回転させて吸入するんですが、CON-70はプッシュ式になっているので、ブシュ・ブシュって4、5回やります。(ペン先を下向きにしても吸い上がる構造は不思議です。)

ゴクゴクって感じで吸ってくれます。頼もしい。


初めての14K万年筆で書いてみた。

金ペンの書き味ですが、こうれはもう使ってみた人しか味わえない感触。

なめらかです。

鉄ニブのF(細字)より、このSF(軟細字)ニブは太めに出ます。細字だけ求めるなら、鉄ニブです。



今まで3千円以下の鉄ペンオンリーで井戸の中の蛙だったので、このしなやかさは感動ものですね。

年賀状は昨年から万年筆で書いていますので、今年はパイロットカスタム74とR&Kサリックスで決まり。0

(注)・・・・とは言っても、私の場合、鉄ペン歴が長いので金ペンだと腰が弱くへろへろなタッチがします。これは好みの問題でしょうけど、鉄ペンのカリカリが好きです。


 
 

comments

SFニブは鉄ペンからの乗り換えでは柔らかすぎるでしょう。 漢字仮名交じりの日本語筆記には、たいていの方にはFニブが最適かと思います。SFに比べて腰の強さが違います。
しかし、細字なので適度なしなりもあります。カリカリ感もほとんどありません。一度お試しくださいませ。

  • 龍」の」尻尾
  • 2015/05/08 9:40 AM

龍」の」尻尾 さん、こんにちは。

コメント、ありがとうございます。SFニブを使っていましたが、Fニブのカスタム74を購入しました。

Fニブはしなやかでありながら腰もあるので、最近はこの1本しか使っていません。他の金ペンには戻れないでしょうね。

  • noguchan
  • 2015/05/08 9:54 AM

Fニブゲットされましたか!74のFニブ最高です。
勿論私もFニブは74です。インクフローをほんの少し、ペンクリで絞って貰うとくっきり、すっきり、また新しい世界が開けますよ。

  • 龍の尻尾
  • 2015/05/14 5:52 PM

またまたこんにちは。
サリックス、没食子インク!渋い色ですね!
何と申しましょうか? 玄人好みとでもいっておきましょうかね! 時間経過とともに変化するのがまた、楽しみですね!
カスタム74Fニブにサリックス没食子、シビレテしまいますね!

  • 2015/08/19 6:32 PM

龍さん、こんにちは。

ダイアミンのインクも使っていましたが、最近はサリックスとペリカンのみですね。2本のペンで1本のインクが無くなったら、もう一方のペンを使うようにしています。

  • noguchan
  • 2015/08/20 8:33 AM

お久しぶりです。74のFニブその後調子はいかがでしょう? 古典インクがお好きなようで、定期的に洗浄されていますか?私はこの頃顔料インクにはまっております。モンブランのパーマネントブルーを146に飲ませて使っています。老眼が酷く、パーマネントブルーは視認性に優れており重宝しております。なかなか書き味良く、視認性も良いインクは見つかりませんでしたが、やっとここにたどりつきました。
顔料インクにも是非トライしてみて下さい。

  • 龍の尻尾
  • 2016/10/12 9:15 AM

龍の尻尾さん、こんにちは。

実は、先日カスタム74の胴軸のネジ部に亀裂が入り、京橋の修理センターで交換してきたところです。胴軸の締め過ぎには注意です。その際、洗浄をお願いすれば良かったと後悔しています。

顔料インク、ペン先に固着などしませんでしょうか?

  • noguchan
  • 2016/10/12 9:34 AM

こんにちは、顔料インクですが、各社とも研究改良を重ねられてjて定期的な洗浄さえすれば、何も問題は起こっておりません。ただ余り使わないペンにいれるのはお薦め致しません。モンブランのパーマネント フブルーはとても素敵な色で、視認性がよく気にいっております。今のところ、ルグランとベストマッチです。国産の顔料インクもとても素晴らしいですね。
ひと月に一度、水洗い洗浄をしております。

  • 龍の尻尾
  • 2016/12/01 1:44 PM
   

trackback

 
pagetop