July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Canon IXY DIGITAL L / L2

「IXY DIGITAL L2」
2004年発売のモデルです。うわー、10年前のコンデジですか?今更、何故こんな古いモデルを掲載したかというと、写りがいいんです。古いデジカメで起動か遅いとかAFが遅いとか、バッテリーが持たないとか言われますが、綺麗な写真が撮れるのでヤフオクで入手しました。

当時、中田選手をCMに使い、スマートな印象でした。実際に手にすると、とにかく小さくて軽いのでびっくりする。細いメンソールのタバコより小さいです。

こんなトイカメラ風で、写真が撮れるの?って感じですが、描写力は最高です。

写真のカラーはミッドナイトブルーで、この色がいいです。


マグネシウムの筐体にステンレスで枠を囲み、強度を付けています。

カラーボディーは美しく、クリップのような形状のグリップのデザインも効いていて、質感は高い。

レンズは、CANON LENS 39mm F2.8(35瀬侫ルム換算)、1/2.5型CCDと小さめです。


単焦点レンズですが、撮影時にはせり出します。

コンデジなのにズーム機能を搭載せず、単焦点の39ミリにしたというキャノンのこだわりが伝わります。

この時代、単焦点レンズはリコーのGR DIGITALしかない。今でもGR DIGITALは健在ですね。キャノンには頑張って欲しいところです。


本体右側にあるクリップ形状のグリップ。

飾りのようにも見えるが、撮影時には右手中指にしっかりひっかかり、グリップ機能を果たします。

こういうデザインは、現在のコンデジではあり得ない。


IXYシリーズは、このスクエアボディー、かつシンプルなデザインがGood。

写真左の2台がIXY DIGITAL L、右2台がL2。

それぞれ4色展開された(シルバーのみ共通)。左から、プラチナシルバー、ピアノブラック、スターガーネット、ミッドナイトブルーです。ネーミングもいいですね。


IXY DIGITAL Lは400万画素、翌年発売のL2は500万画素です。

ソニー製CCDセンサーとキャノンのDIGICの威力で超小型・超軽量カメラなのに、シッカリとシャープな画質が得られる。

そんでもって、スーパーマクロも使える。


カメラのサイズと不釣合いな描写の良さ、このギャップに驚かされます。

コンデジ市場は、発売1年で旧型となってしまいますが、このキャノン IXY DIGITAL L/L2は淘汰されずに現役です。IXYの歴史の中でも名機だと思う。

次回以降、少しづつ写真をUPしていきます。


 
 

comments

   

trackback

 
pagetop