September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

パイロット ROISSY(ロワシー) F(細字) 廃盤品

PILOTのROISSYです。ロワシーと呼びます。1987年(昭和62年)にフランスにPilot Pen(France)S.A.を開設した時の記念モデルかと思います。事業所の所在地が、フランスのロワシーです。(2010年にはスティショナリー用品事業を売却している。)

ヤフオクで購入した初めてのセコハン万年筆です。人気が無いのか激安で入手しました。

ダークブルーの樹脂製の軸カラーは、なかなか落ち着いたいい色です。ただ新品の艶はなく、やはり中古品なりの艶です。

発売時期がネットで検索しても不明です。定価は5,250円と高額ですが、ニブは金ペンでは無いですね。


飾りリングにフランス国旗のトリコロール、軸にも「R」のシールが貼ってあり、万年筆としては異例のデザインではないでしょうか?(セットでボールペン、シャープペンも揃うが、いづれも廃盤となっています。)

ネットでも情報がほとんど無いので、逆に考えれば、貴重品かも?

軸はニューヤングレックスよりは太いですが、細身の軸です。軸/キャップ、および首軸の結合部が全て樹脂製なので、軽くチープな印象です。


ニブにも「R」が刻まれていて、なかなか凝っています。

ゴールドのクリップと飾りリングは金属性です。そのためキャップ部は重量があり、キャップをおしりに挿した時の軸バランスが悪いです。


コンバーターは、CON-50が使えます。

コンバーターを挿すことで、若干重心がペン先に移り使いやすくなりました。

定価5Kの高級万年筆ですので、インクはPILOT純正のブルーブラックから使ってみます。

ニブも特殊合金ながら硬くはないし、書き味もすーっと滑るような書き味ですね。ペン先は(F)ですが、若干PILOTの細字より太い気がしますが、なめらかでよいニブです。


PILOTのインク(インキ)は、製造年月日(yymmdd)が化粧箱のふたの裏側に記載されています。

これだけでも、安心しますよね。ビン

また、PILOTのブルーブラックは、pH7.70と完璧な中性なので、これまたペン先を傷めないのでGoodです。


 
 
 
pagetop