September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ラミー「サファリ スケルトン万年筆 L12(EF)」

■はじめてのスケルトン万年筆シリーズ(5)
LAMY「サファリ スケルトン万年筆 L12(EF)」
ロングセラーサファリのスケルトンモデル、極細字(EF)、2002年発売、定価3,990円。

ラミーのサファリを買おうかどうか、散々迷った。値段が4,000円ですからねぇ〜、私の感覚では高級万年筆の部類に入るし。

amazonAmazonで2,250円(送料、無料)だったので、スケルトンモデルをGet。当然、ニブは極細字(EF)。

海外メーカーは漢字のように細かい文字は書かないので、一般的に筆跡が太いとのことなので、EFです。


おまけのカートリッジインク(ブルー)が1本入っています。

この茶色のリングは、カートリッジがセットされないようにするためのダミーです。

Remove / Entfermen と英語とドイツ語で書かれています。

最初、何なのか分からず、サファリっておしゃれだなあ、なんて思ってた。


デザイン上の特徴は、この太いピアノ線のクリップ。

頑固一徹な感じで、これがサファリだって一目で分かるトレードマーク。

インナーキャップもシルバーメッキされているし、ゴムのパッキンが付いていて、ペン先を乾かさない工夫がしてありますね。

ただ、このクリップがでかい。ペンケースに入れるのはちょっと太いかな?


首軸のグリップ部も、三角形をしていて握りやすい。ペン芯は透明ではなく、黒のまま。

太いクリップのキャップは、デザインは良いが、いかんせん金属で重い。

書く時にキャップをおしりに挿して使うと、軸バランスが悪く、使う気にならない。ダウン

デザインだけで売れているヒット商品なんだろうなあ!


好きじゃないのは、この軸にペイントされた「LAMY」の文字。それもシルバーで光ってる。

キャップのデザインを見ただけで、LAMYだって分かるので、もう少し地味めにに小さくプリントして欲しかった。


コンバーターを挿してみました。

うーん、コンバーターのつまみが派手なレッドでして、まあ、他のメーカーには無いカラーリングです。

スケルトンは見せる万年筆なので、まあ、かっこいいなあ、とプラスに考えましょ。


ニブは鉄ニブで、細身の小ぶりなニブです。

EF LAMYと、こちらは地味に刻まれています。

筆跡は日本のM(中字)並みに太いとの書き込みがありますが、やはりちょっと太めです。

とういえ、いやいやどうして、硬いニブのおかげでペン先を立て気味に書くとF(細字)程度にも書けます。


コンバーターが派手なレッドなので、インクもレッドにしようかな〜と迷った。

しかし、ラミーのブルーブラックは、古典BBの中でもペリカンのBBと共に好きなインクなので、ブルーブラックを入れようと思う。


1週間、ラミーの古典BBを使ったが、せっかくのスケルトンボディなので、インクを入れ替えた。

ペリカンのブリリアント・レッドです。

サファリの透明軸は、やっぱり明るいインクに限る。晴れ


ペリカンのブリリアント・レッドも色に深みがあります。

純粋な真っ赤(朱色)、を求める人には向きません。

エルバンのオペラレッドのような濃い紅色(べにいろ)までいかないまでも、癖のない明るい赤で、色の濃淡がはっきりしています。



(2013/06/23追記)・・・結構使い易いので、新しくシャイニーブラックを購入しました。

LAMY「サファリ シャイニーブラック L19(EF)」
頑強な作りのロングセラーの定番万年筆、ブラックは会社用に使える。極細字(EF)、1980年の発売、定価3,990円。

スケルトンは会社用には、ちょっと、という方は、この「シャイニーブラック」がお勧め。

軸は光沢のある普通のブラックで、LAMYのロゴも塗装していないので目立たない。

軸は塗装ではなく、プラスチックそのものなので高級感はありませんが、チープな印象はありません。デザインによるんでしょうね。


シャイニーブラックは、会社用としては、一番無難なカラーリングです。

インクは勿論、ラミーの古典ブルーブラックです。

ニブはEFながら細字には書けません。私的にはもう少し細字が好みですので、手帳にはとても無理。ノートに速記メモ書きとして、なぐり書きするような用途にはベスト。


サファリは定価が3,990円だが、Amazonで2,200円程度(送料無料)で買えるようになりました。amazon

サファリの特徴は、ビビットなカラーリング。ボディカラーに合わせてインク選びも楽しい。

軸も太めで金属クリップが異様にでかいので、細身軸が好みの方には向きませんが、手軽にボールペンからの乗り換えなら、この硬いスチールニブはお勧めです。



■はじめてのスケルトン万年筆シリーズ
 万年筆 其の一:セーラー「ハイエースネオ スケルトン(F)」
 万年筆 其の二:セーラー「プロフィットジュニア 透明軸 MF(中細) 」
 万年筆 其の三:パイロット「限定プレラ iro-ai(色彩逢い) 細字(F)」
 万年筆 其の四:プラチナ「バランス #5 シャインクリスタル 細字(細)」
 ドラえもん おまけ:PILOTのコンバーター(CON-50)を、プラチナ互換にする
 万年筆 其の五:ラミー「サファリ スケルトン万年筆 L12(EF)」

 万年筆 番外一:プラチナ「プレピー デモンストレーター」
 万年筆 番外二:BORGHINI/ボルギーニ Transparent万年筆/V71(オレンジ)
 万年筆 番外三:入門万年筆 ペリカン「ペリカーノJr 学習用(A)」

 ビン 其の他:パーマネント(古典)ブルーブラック・インクを試す

 
 
 
pagetop