November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

雑誌おまけ万年筆には、カラーインクを使う

雑誌の付録に万年筆が付く、という情報を得たので、近所の本屋さんで購入。

MonoMax(2013年1月号、790円)とGoodsPress(2013年1月号、730円)です。

MonoMaxのCOACHとのコラボ万年筆は「即日完売!」なんて記事がありましたが、近所の本屋さんには、まだ3冊残ってた。


ま、こんな箱にポロっと入っていました。

COACHは外から見えないのに、化粧箱にもCOACHのマークやブリスターパックでの梱包です。

結構、イメージを売っている感じです。

両方ともヨーロッパ規格のショートカートリッジ(青)が2本付きます。


中身に取説がぺらっと1枚入っていましたが、書いてある絵は全く同じ、フリーの図なんでしょうね。

GoodsPressの取説には、適合カートリッジのメーカーと型番まで書かれており、親切です。

それと「MADE IN CHINA」としっかり明記しています。こういう細かなところに顧客志向が見え、好印象ですね。


2本とも、軸、首軸、キャップが真鍮製で、なかなかの質感です。

特にCOACHコラボの軸は、カバンなんかと同じ落ち着いた茶色の総柄(そうがら)で、気分はプランドっぽい。

これは、ブランド好きにはたまらんかも。はーと

ライムグリーンの軸は、ショートサイズでPILOTプレラと同じ長さです。


ニブは、無刻印のユニバーサルデザイン。

何か文字が入れてあればと思うが、万年筆の重要ポイントは手を抜いた形です。

2本とも同じニブのようです。


はい、裏側も同じ。共通です。

イコール、交換可能かと思い、抜こうとしましたが抜けず。壊しそうなので、交換は諦めました。


シルバーの飾りリング、ここは手を抜かず、ブランドロゴ入り。

絶対、知らない人はCOACHの万年筆だと勘違いするね。


この2本には、常用のブルーブラックではなく、カラーインクを入れることにする。

中国の多くのメーカー(HERO、DUKE、カンガルーなど)は、日本メーカーの互換性のないカートリッジではなく、メーカー互換のヨーロッパ規格を選択したのは正解ですね。

GoodsPressのライムグリーン軸に入れるので「緑のインク」を探します。


ヨーロッパ規格のショートカートリッジで、豊富な30色ものカラーインクを揃えているのが、「エルバン」です。

6本入りで420円ですが、分度器さんでは、1本からバラ販売してくれます。それも1本70円です。

危険参考までに、REGALのインクコンバーターは、GoodsPressにはきつくて刺さりませんが、COACHコラボ軸には刺せました。


さっそく、GoodsPress軸でエルバンの「アイビーグリーン」の試し書き。

その右側は、iroshizukuの「深緑」です(REGALで書いています)。

アイビーグリーンなんて、ネーミングがいいよね。

そのアイビーグリーンは、鮮度がよい明るい緑ってとこかな。色彩雫の深緑が混ざったような眠い緑に比べると、濃い緑色です。

上段の赤インクは、MonoMaxのCOACHコラボ軸で書いた「オペラレッド」。深〜い赤でもあり、赤ブドウの熟成したワインレッドとでも表現したら伝わるでしょうか。オペラレッドは、少し裏写りしちゃうけど、クラシックな落ち着きもあり、この軸にはこの赤しかない、って感じでベスト。

エルバンってiroshizukuで提供していないカートリッジが入手できるので、文句なく楽しめます。手 エルバンインクの特徴は、時間が経つと筆跡の濃淡がはっきりするので、万年筆の魅力がよく出ます。但し、染料にしてはインクの乾きが遅いのが気になります。


一言、書き味も書いておきましょう。

スチールニブなので硬いですが、すいすい書けます。HIRO製かなあ?中華、あなどれない。

極細字というほどではないですが、細字と言っていいでしょう。

キャップをおしりに刺すが、きちんとはまらないのでぐらぐらする。それとオール真鍮なので軸バランスが悪い。

クリップの作りも今ひとつとマイナス面もありますが、プラ軸には出せない質感があります。カエルカラーのショート軸から「みどりのいんく」が出る、いいですね。会社用に使います。アップル


ライムグリーンと全くニブかと思ったが、こちらの方が筆跡は太いです。国産の中細字といったところかな。マーキング用にはよさそう。

硬いというのは同じですが、ニブポイントが太い分、すらすら書けます。上質紙には書き出しが渋りますが、問題ないです。

廉価ニブは当り外れが出やすいが、当りを引いたようです。

インクフローが良いお陰で、キャップを閉めないで10分放置しても、書き出せるのは良い。(GoodsPressのライムグリーンのニブは、5分でインクが出なくなった。)

クリップも天軸からの一体構造の凝った作りになっていて、上質感ありです。

この2本の万年筆、雑誌のおまけで、カエルカラー730円とCOACHもどき790円ですからね。いやー、凄いっす。リンゴ


 
 

comments

両方を入手し、ニブ交換してみました。
COACHの方は、元々少々緩かったのですが、
Goods Pressはがっちりと固定されており、
ちょっと苦労しましたが、焦らず時間を
かければぽろっと外れてくれます。

  • ヒゲ
  • 2012/12/28 10:24 AM

ヒゲさん、こんばんは。

この2本、ニブの交換可能ですか、よい情報ですね。

GoodsPressのカエルカラーのニブは細字で良いので、明日、書店に足を運んでみます。COACHは売れてるだろうけど、GoodsPress残ってるかなあ?

  • noguchan
  • 2012/12/28 8:05 PM

モノマックス、買いました(^ ^)

久々に万年筆で書きたいなぁ、届け思ってたところだったのでタイムリー!

質感はなかなかですね〜

会社でのメモ書き用に使おうと思います。

  • きるか
  • 2012/12/30 3:22 PM

きるかさん、こんばんは。

万年筆ってなかなかいいですよ。私もここ数週間しか使っていませんが、。。。
私は、会社用に3本(メモ用のBB、それと赤系、緑系がマーカー用)も使っています。

  • noguchan
  • 2012/12/30 4:17 PM
   

trackback

[stationery]MonoMax付録のCOACHスペシャル万年筆のコストパフォーマンスが高い件

購入しようか悩んでいたのですが、Twitterやブログで購入報告をあれこれ読んで、購入する方に傾いていたところ、福岡では2日遅れでコンビニに並んでいたので、まんまと購入してしまいました。 カートリッジが態々別になっている凝ったパッケージです。まず軸を持ってみ

  • 趣味と物欲
  • 2012/12/14 5:53 PM
 
pagetop