October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

年賀状の宛名書きには、この1本

年賀状はやっぱ、万年筆でしょ!シリーズ(17)

師走に入り、かれこれ11月から1ケ月に渡り、私なりに検討してきた結論です。年賀状の宛名書きにふさわしい万年筆シリーズの最終回は、「年賀状の宛名書きには、この1本」です。安価な、それでいてボールペンにない万年筆の魅力が味わえる逸品をセレクトしました。


【年賀状の宛名書きにふさわしいペン】


 チェック古典BB、または顔料インク・・・・年賀状は、雨や雪に当ることも考えると、染料インクは除外です。
 チェック太くても良い・・・・極細字は、ボールペンと変わらないので、味を出すにはある程度太くてOK。
 チェック安価なペン・・・・年に1回しか使わないし、手入れが難しそうなので、高級品は必要なし。

インクは、ペリカンのブルーブラック(古典BB)とセーラーの青墨(顔料)が好みなので、2ボトルをセレクト。

ニブは、細字の4本(※)を除くと、この2本に落ち着きました。オートとセーラー、やっぱ日本製が一番安心できます。皆さんもこのニブとインクは、オススメします。
 ペンオートのF-スピリット(1,050円)+ペリカンBB
 ペンセーラーの旧ハイエース(1,050円)+青墨


【候補1】OHTO F-SPIRITには、古典BBのペリカン 4001 ブルーブラック


字幅が万年筆らしい筆跡が出るのがシュミット製ニブだと思うし、書き易さでF-スピリットを第一候補にした。

インクは、古典BBの中でも唯一ブルーの味が残る、ペリカン 4001のBBが好みです。

乾くと濃紺のインクは、古典BBの最高の味わい。

(2012/12/22追記)
本日から年賀状を書き始めましたが、はがき表面は良いんですが、裏面はインク滲みが酷くて使えません。オートはパイロット並みにインクフローが良いのと、ニブが中細字なので特に滲むようです。

表面の宛名書きには問題ないので、F-スピリット+ペリカンBBは宛名書き専用にします。


インクジェットはがきはカラーインクの定着を優先したので、筆記具のインクの吸収も早いようで、細字以外ではのきなみ滲みます。

ペリカン4001のブルーブラックだけ滲むというのではなく、パーカーBB・ウォーターマンBB・iroshizuku月夜も、同様に滲みます。

年賀状用のインク選び、なかなか始めてでは難しいです。やかんさん


【参考】各メーカーのボトルインクで、インクジェット用はがきの裏側に試し書きしてみました。


【候補2】SAILOR 旧ハイエースには、顔料インクの青墨(せいぼく)に決まり


セーラーの青墨の色合いに魅了されたこともあり、このインクは使いたい。

筆跡が顔料の特徴なのか、輝くところがGood。

このインクに合うのは、やはり同社の旧ハイエースしかないでしょう。若干、細字なところと、ブルーが薄いのが気になるので、第二候補としました。

(2012/12/22追記)
青墨(せいぼく)は、インクジェット用はがきの裏面でもインク滲みは全くありません。(上の試し書き写真を見てください。1本だけ、滲みが出ません。)セーラーのナノインク、素晴らしいです。万年筆のボトルインクでは無理なのかなあ〜、と半分諦めていたので、良いインクに巡り会えました。0


ただ、ペン先がこんな、ダンゴ状態になってしまいます。

旧ハイエースのニブポイントが細いため、2枚ほど書くとCanonのプリンタで印刷したはがきのインクかすを引っかき、ペン先にだまになって溜まります。

これはどの細字ペンを使っても同じでしょうから諦めます。



 (※)細字ニブを持つペン =宛名書きには適さないが、手帳などに書き込むには最適。
  ・PILOT ペン習字ペン(EF) (515円)
  ・PILOT プレラ(F) (3,150円)
  ・PILOT ニューヤングレックス(F) (3,150円)
  ・PLATINUM デスクペン(極細) (735円)


<年賀状はやっぱ、万年筆でしょ!シリーズ>
 ペン第1回:プラチナの200円万年筆「プレピー <0.3>細字」
 ペン第2回:プラチナ「プレジール <0.3>細字」
 ペン第3回:セーラー「ハイエース」と「ハイエース・ネオ」
 ペン第4回:オート「F-SPIRIT(F-スピリット) 細字」
 ペン第5回:シェーファー「ノンナンセンス F(細字)」
 ビン第6回:万年筆には、ブルーブラックインクでしょ!
 ビン第7回:パーマネント(古典)ブルーブラック・インクを試す
 ペン第8回:中華万年筆ってどーよ! 「カンガルー&デューク」
 ペン第9回:台湾万年筆だって負けていない!! 「REGAL」
 ペン第10回:プラチナ「デスクペン 極細字」
 ビン第11回:パイロットインキ iroshizuku(色彩雫)
 ペン第12回:プラチナ「プレピー デモンストレーター」
 ペン第13回:オート「万年筆 Dude/デュード ブルー(細字)」
 ペン第14回:パイロット「PRERA/プレラ ロイヤルブルー F(細字)」
 ペン第15回:パイロット「ペン習字ペン ノンカラー EF(極細字)」
 ペン第16回:パイロット「ニューヤングレックス F(細字)」
 ペン第17回:年賀状の宛名書きには、この1本
 ペン手帳用細字万年筆、そしてメモ用にも使う
 ペン雑誌おまけ万年筆には、カラーインクを使う

 
 

comments

はじめまして。
ゲルインクペン関係のエントリーを興味深く拝見していましたが、この年賀状シリーズ?も最高ですね。
ここまで低価格万年筆を取り上げていただいてとても参考になりました。
それにしても日本の万年筆って優秀ですね。とりあえずプラチナのデスクペンを買ってみようかと思っております。

アルマーニ さん、こんばんは。

褒めて貰うと、なんか嬉しいですね。(・・・・いい大人なんですけど。)

万年筆も1,000円で遊べますね、ボールペンに比べて高価で購買層が異なると思いますが、年に1回ぐらいは万年筆もいいかな?って思っています。

話は変わりますが、アルマーニさんのblogの写真、完璧プロですね。撮影テクニック、盗ませて頂きたいものです。素晴らしいです。

  • noguchan
  • 2012/12/11 10:54 PM

いや〜お恥ずかしい。
noguchanさんのブログではカメラもよく取り上げてますよね。私、普通の、一眼じゃないデジカメですから(苦笑)。あ〜恥ずかしい。

  • アルマーニ
  • 2012/12/11 11:10 PM

今、しみじみとボールペンのカテゴリを見させて貰ったいたんですが、うへー、すげーっていう感想ですね。シグノ、うーん、いいですね。

カメラ・・・、そうなんです私のブログ名は「Photo's LIFE」です。気ままに写真を掲載しようと思って立ち上げたものですので、そんな名前を付けました。

  • noguchan
  • 2012/12/11 11:17 PM
   

trackback

 
pagetop