September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シェーファー「ノンナンセンス F(細字)」

年賀状はやっぱ、万年筆でしょ!シリーズ(5)

シェーファーのノンナンセンスは、1969年発売のカジュアル万年筆の草分け的存在で一世を風靡したペン。黒・赤・黄・白・紫・灰・桃・緑などのカラーも斬新、シェーファー独特の太くずんぐりした軸とクリップの先が丸いデザインが、懐かしくもあります。


■シェーファー NoNoncense(ノンナンセンス) F(細字)

カジュアル万年筆の草分け、ステンレスニブ、F(細字)、定価は600〜1,200円、メーカー:アメリカ、廃番品。

私は、シェーファーといったら、このデザインを思い浮かべます。

だいぶ昔ですが、学生時代に同じ形のボールペンを使っていましたね。

今回、デッドストック品の赤と白を1本づつ購入(840円)してみました。青とか黄色とかはストックがなく、残念。

eBayなんかでゲットするのもいいかも?


白のボディのクリップには、「SHEAFFER」の文字。



赤いほうは、「SHAFFER USA」です。

軸のおしりのロゴも異なります。発売時期によるものでしょう。

このクリップの丸いポッチが、古い記憶を蘇らせてくれます。雰囲気ありますね。


スクリュー式のキャップです。

勘合(カンゴウ)式よりスクリュー式の方が、ペン先が乾かないような気がします。

しかし、ノンナンセンスは密閉感はあまり感じないです。


ニブはステンレスで、大きいです。

SHEFFER(R)とMADE IN USAが刻まれています。シェーファーは、ニブを自社生産している数少ないメーカーです。

字幅は「F」ながらかなり太い、との下馬評がありますが、プレピー0.3と同程度。細字のハイエースには若干及ばない程度です。但し、プレピーと比べると書き味はあまり良くない。

ペン先は硬いけど順方向にはなめらかに書けますが、戻る方向には多少ひっかかります。英字だけなら問題なし。価格相応の書き味です。(※赤い軸の1本しか試し書きしていないですが。)

しかし、力を入れなくても書ける、これが万年筆の魅力ですね。


インクを指す部分、針が出ていて、国産品とは全く構造が違いますね。

付属カートリッジは、Sloveniaとなっています。アメリカじゃないね、ユーゴスラビアだっけ?

シェーファーは、このカートリッジを軸側に入れ、軸をねじ込んでいくとカートリッジに穴が開くという独自の方式だそうです。

インクコンバーターは購入をためらっています。(※シェーファーのインクコンバーターは高い(1,000円程度)ので、本体より高価になってしまうので買い控えています。)


プラチナのプレピーとの筆跡を比較。

上がシェーファーのノンナンセンス。付属していたカートリッジインク(黒)です。硬質紙でも多少、ひっかかりがあります。

太さは、Fですがプレピーの0.3とほぼ同じくらいです。

一番下が、ハイエースの細字、インクは青墨(せいぼく)です。

【総合評価】
 ・質感/品質:★☆☆(カジュアル万年筆なりの質感ながら、デザインが良い。)
 ・書き味:★☆☆(順方向はすらすら書けるが、逆方向に引っかかりがありますので、漢字には不向きか?)
 ・年賀状の宛先書き:★★☆(この太さ具合は、年賀状向きです。カリカリ感が少しマイナス要素。)
 ・手帳に細かな字を書く:★☆☆(細かな文字には適しません。)


<年賀状はやっぱ、万年筆でしょ!シリーズ>
 ペン第1回:プラチナの200円万年筆「プレピー <0.3>細字」
 ペン第2回:プラチナ「プレジール <0.3>細字」
 ペン第3回:セーラー「ハイエース」と「ハイエース・ネオ」
 ペン第4回:オート「F-SPIRIT(F-スピリット) 細字」
 ペン第5回:シェーファー「ノンナンセンス F(細字)」
 ビン第6回:万年筆には、ブルーブラックインクでしょ!
 ビン第7回:パーマネント(古典)ブルーブラック・インクを試す
 ペン第8回:中華万年筆ってどーよ! 「カンガルー&デューク」
 ペン第9回:台湾万年筆だって負けていない!! 「REGAL」
 ペン第10回:プラチナ「デスクペン 極細字」
 ビン第11回:パイロットインキ iroshizuku(色彩雫)
 ペン第12回:プラチナ「プレピー デモンストレーター」
 ペン第13回:オート「万年筆 Dude/デュード ブルー(細字)」
 ペン第14回:パイロット「PRERA/プレラ ロイヤルブルー F(細字)」
 ペン第15回:パイロット「ペン習字ペン ノンカラー EF(極細字)」
 ペン第16回:パイロット「ニューヤングレックス F(細字)」
 ペン第17回:年賀状の宛名書きには、この1本
 ペン手帳用細字万年筆、そしてメモ用にも使う
 ペン雑誌おまけ万年筆には、カラーインクを使う

 
 
 
pagetop