October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プラチナ「プレジール <0.3>細字」

年賀状はやっぱ、万年筆でしょ!シリーズ(2)

今年はプレピーオンリーで行こうかな、とも思ったんですが、色々と調べているうちに物欲が高まり、素人ですが少しだけ万年筆を掘り下げました。万年筆と言うより、文房具の延長ってとこかな? 年賀状作りに間に合うように急ピッチでレポートします。


■プラチナ萬年筆 プレジール(Plaisir) <0.3>細字

プレピーと同じニブを、アルマイト加工の軸に入れた高級版。軸カラーは全7色。1050円。

軸とキャップが変わると、ここまで変わるんですね。キャップを閉めると、高級万年筆の雰囲気です。

軸は13.9ミリ(実測)と太目で重量感がありますが、アルミなのでとても軽いです。アルマイト塗装が素晴らしいので、1,000円の万年筆には見えません。

カートリッジインクが1本付属していますが、軸カラーと同じではなく、インク色は全てブラックです。(なんでよ、って感じ。)


キャップのリングはどうなんだろ、ちょっと目立ち過ぎかな?Plasir PLATINUM JPPANと刻んであります。

書く際に、キャップをおしりにはめると、この真鍮リングが後ろに来て、バランスが悪くなってしまいます。

安っぽいメッキなので、使っているうちに、すぐくすんでくると思われます。


それと、このキャップの頭の「0.3」の文字。うーん、メーカーのデザイナーの品位が問われます。

これで、一気に文具万年筆に格が下がりますね。ダウン

それと、キャップを閉める際、硬くぎこちないので、結構な力で閉めないといけません。この辺は、全く高級感
ゼロです。ペン先が乾かない工夫なんでしょうが、改善を期待します。


200円のプレピー(手前)とニブは全く同じです。

グリップ部を黒とかにして差別化したら良いと思うんですが、共通部品を使うことで低価格を実現しています。

プレジールのニブが消耗したら、200円のプレピーと取り替えればいいわけです。これは良いです。


ブラックの軸は、なかなかの高級感がありますね。

プラ軸のプレピーは見た目、安っぽいです。軸に書かれているpreppyの文字はシールではなく、印刷してあるので剥がせないのが残念。

でも、書き味は同じです。というか、キャップが軽いので、プレジールより軸バランスは良いです。


これが、プラチナのインクコンバーター。

スクリュー式で、おしりのつまみをねじって吸い上げる方式です。

金色でデザインは良い。定価は525円で、まあ普通です。MADE IN JAPANと箱に書いてあります。


さっそくプレジールに付けてみました。

当然ですが、純正なのでぴったり付きました。

・・・・しかし、このコンバーターに入れるインクが無い。ボトルインク、買ってみようかな!


200円のプレピーに付けてみたら、スケルトンから金色が見えて、これがお洒落ですね。

このコンバーターは、プレピーに使うのが良いかも。


プレジールのお遊び心を生かすのが、このキャップと軸のカラーの付け替えでしょうね。

赤と黒のツートンカラーは、とっても似合う。

当分、このプレジールを使ってみようと思う。

安価で高品質、プラチナというブランドの持つ安心感。良い商品です。手

【総合評価】プレピーと書き味は同じです。
 ・質感/品質:★☆☆(プラチナの低価格万年筆ではNo.1だと思う。軸は美しい。)
 ・書き味:★★☆(カリカリ感もなく、スムーズです。)
 ・年賀状の宛先書き:★★★(ピッタリですね、この位の太さが宛名書きには向く。)
 ・手帳に細かな字を書く:★☆☆(手帳には若干太くなる。)


<年賀状はやっぱ、万年筆でしょ!シリーズ>
 ペン第1回:プラチナの200円万年筆「プレピー <0.3>細字」
 ペン第2回:プラチナ「プレジール <0.3>細字」
 ペン第3回:セーラー「ハイエース」と「ハイエース・ネオ」
 ペン第4回:オート「F-SPIRIT(F-スピリット) 細字」
 ペン第5回:シェーファー「ノンナンセンス F(細字)」
 ビン第6回:万年筆には、ブルーブラックインクでしょ!
 ビン第7回:パーマネント(古典)ブルーブラック・インクを試す
 ペン第8回:中華万年筆ってどーよ! 「カンガルー&デューク」
 ペン第9回:台湾万年筆だって負けていない!! 「REGAL」
 ペン第10回:プラチナ「デスクペン 極細字」
 ビン第11回:パイロットインキ iroshizuku(色彩雫)
 ペン第12回:プラチナ「プレピー デモンストレーター」
 ペン第13回:オート「万年筆 Dude/デュード ブルー(細字)」
 ペン第14回:パイロット「PRERA/プレラ ロイヤルブルー F(細字)」
 ペン第15回:パイロット「ペン習字ペン ノンカラー EF(極細字)」
 ペン第16回:パイロット「ニューヤングレックス F(細字)」
 ペン第17回:年賀状の宛名書きには、この1本
 ペン手帳用細字万年筆、そしてメモ用にも使う
 ペン雑誌おまけ万年筆には、カラーインクを使う

 
 

comments

プレピーもプレジールも気になってたので、非常に参考になりました。
ありがとうございました。

  • いぐなっち
  • 2013/01/11 12:47 PM

いぐなっちさん、こんにちは。

参考になってよかったです。
この価格帯で、パイロットも出して欲しいと願っています。

  • noguchan
  • 2013/01/11 1:01 PM

このキャップの0,5とかの刻印、最近買ったグリーンには書かれておりませんでした(まっさらな傷もついてない状態)。でも気に入って中字用に紫を買ったら刻印されててがっかり・・・。刻印されてるのが通常なんですか? ちなみに最初に買ったプレジールのグリーンはペン先も最初からシルバーでした。

  • mois
  • 2015/08/23 11:16 PM

mois さん、こんにちは。

プレジールはマイナーチェンジで、ユーザーからの要望の高いキャップ強度やニブのメッキ剥がれなどの対応をしているようです。
販売店によっては新・旧が混在して販売されているのだと思います。

  • noguchan
  • 2015/08/24 8:46 AM
   

trackback

 
pagetop