August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

JIS規格「ゲル J/K/L互換リフィル」で、大人のボールペンを作る

〜男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ(その12)〜

前回はゲルインクを数本試してみたのですが、HI-TEC-Cにはない滑らかな良いインクを発見したので、今回は、お気に入りのゲルインクを挿せる軸をチェックすることにした。国産のある程度高級軸、はたまた海外のローラーボールも何本かチェックします。

【第一章】ゲルインクの選択
まず、私が選ぶゲルインクの最低条件が、以下の2つ。
 チェック インクに大好きなプルーブラックがあること
 チェック ゲルインクは書き出しが太いので、ボール径が0.4ミリ以下

,擇鵑討 Slicci(スリッチ)
ゲルインク(染料)、ニードルチップ、0.25、0.3、0.4ミリ、替え芯なし。全21色、本体210円。
水性染料+ニードルチップで、手帳など細かな文字を書くには書き易い。この滑らかさで第一候補とした。

0.25、0.3、0.4ミリと選べ、インクカラーも豊富。軸が細いこともあって、女の子向きと敬遠するサラリーマンが多いかと思うが、書いてみるとその考えは吹っ飛ぶ。

それと、ハイテックCと比較してのアドバンテージは、カリカリ感の少なさに加え、ニードルチップの強度。

ハイテックCは簡単に曲がったりするが、スリッチは雑に扱っても平気です。

ハイテックC同様、替え芯がないので、210円出して芯のみ使う。ブルーブラックの他に、ロイヤルブルーやターコイズブルーといった色を選べるのも良い。


∋杏 Signo(シグノ)
ゲルインク(顔料)、キャップ式Signo極細:アロー型チップ、0.28/0.38ミリ、全17色。本体157円。
     キャップ式Signo bit:ニードルチップ、0.18/0.28/0.38ミリ、全2色。本体210円。(ブルーブラックは廃盤?)
     ノック式Signo RT:アロー型チップ、0.38ミリのみ、全8色(ブルーブラックあり)。本体105円。
シグノはキャップ式(2種類:極細/bit)、ノック式(RT)と3種類あるので、3本試す。(写真上から、極細、bit、RT)

0.28や0.38ミリを揃えています。ゲルインクは総じて太く出るので、このボール径も良い。

ハイテックC 0.3ミリ並みに細かい字が書けるゲルインクはSigno極細 0.28かな。

ノック式シグノRTのブルー系は、この4色。上から、「ラベンダーブラック」、「青」、「ブルーブラック」、「ライトブルー」。

Signoのブルーブラックは、古い万年筆のインクの色合いが出ます。あまり細いとその味が出ないので、この0.38ミリのブルーブラックが丁度いい太さかと思う。

ブルーブラックでは、お勧めの1本です。

ただ、ペン先を下に向けて保存するとインクがほんのちょっとだけボタってきます。(これは個体差があると思うが、・・・・。ちなみにRTは、ReTractableの略。)


ゼブラ SARASA CLIP(サラサクリップ)
ゲルインク(顔料)、アロー型チップ、0.3/0.4ミリ、全20色、本体105円。替え芯:JF-0.3芯/JF-0.4芯、各84円。
0.3ミリの書き味は、名前の通り、サラサラっと書けます。

決して滑らかではないが、エンピツで言うならやや硬めの芯(2Hぐらい)の書き味です。ゼブラのJF芯は擦れもなく、安定していると思う。

グリーン(ビリジアン)やオレンジ(レッドオレンジ)も良い発色で、マーキングにも適します。

近所のお店でサラサクリップ全20色を見ると、嬉しくなっちゃうね。

サラサのブルーブラックは、黒に近い感じ。

他のブルー系は、写真の上からブルーブラック、コバルトブルー、ペールブルー、ライトブルー、ブルーグリーンの5色のラインナップ。

同じブルーブラックでも、0.3ミリから極太の1.0ミリまで揃うので、気に入った太さを選べるのも利点。

クリップのロゴカラーが違うだけで、リフィルの形状は統一されている。さすがゼブラのJF芯です。

価格も安いし、ゼブラのHPよりリフィルのみ84円(送料無料)で買えるのが強み。


せ杏 JETSTREAM(ジェットストリーム)
新油性インク、アロー型チップ、0.5ミリ、全9色、ブルーブラックなし。本体157円。
ジェットストリームは外せないでしょ。2006年の発売以来、油性の概念を変えたインクですからね。

いつからか知らないうちに、黒/赤/青以外に6色のカラーインクを揃えたようです。(2012/3月発売)

生憎、青系インクはブルーブラックではなく、ライトブルーです。

ペン先は普通のアロー型チップです。

ジェストの赤0.5ミリは、濃く、混ざりけのない赤で、「The RED」と呼んでいます。(私が呼んでるだけですが、。。。)

私のお気に入りですので、今回のお勧めインクの候補にします。


PILOT FRIXION POINT(フリクションポイント)
ニードルチップ、0.4ミリ、全15色、本体231円。(替え芯は、黒・赤・青のみの設定)
フリクションポイント0.4は、ニードルチップということもあり好みです。超極細と言っているが、そんなことはない。

ブルーブラックの色は、Signoやサラサに比べると、ブルーに近く味がない。

書き味もごくごく普通でこれといって特筆するものはないが、消せる、ってことだけで候補に入れました。

一番上が、ノック式のフリクション0.5ミリ。アロー型チップです。

その下がフリクションポイント0.4。よーく見ると、ニードルの先端の形状が複雑な凹凸がある。各社の知恵が詰まっている部分です。


PILOT HI-TEC-C(ハイテックC)
ニードルチップ、0.25、0.3、0.4ミリ、全40色ぐらい、替え芯はなし。本体210円。
ゲル J/K/L互換ではないが、忘れてならないのが、バイオポリマーインクの普通のハイテックC。

※雑学ですが、0.5ミリは「ハイテック0.5」でして、「C」が付かない。

手帳に書き込むには、この0.3ミリのカリカリ感が最高なんです。

0,3ミリと0.25ミリでは、インクのさやが違うんです。(右が0.25です。)

ペン先のニードル部の構造は同じに見えるのですが、0.25ミリだけインクの量が異なるようです。これは、0.25ミリは、0.3ミリの半分程度の少ないインクを使い切るとニードル部が消耗するということ。ハイテックCでも、0.25は今ひとつの印象。

ペンケースには、コレトではなく、普通のキャップ式0.3ミリのブルーブラックを常用ペンとして入れています。エンピツ


(※)PILOT Juiceの記事、2012/12/09に追加しました。
PILOT Juice(ジュース)
ゲルインク(顔料)、アロー型チップ、0.38ミリ、全24色、本体105円。(替え芯は、黒・赤・青のみの設定)
パイロットから新製品の「ジュース」が2012/11にリリース。

ネーミングがいいわ。HPではカラフルジュース占いをやっていて、見てみると楽しい。

芯幅も4種類、カラーも30色となると、全部展示するには大きなスペースが要るだろうね、お店も大変だ。選ぶ側から言うと、競合するサラサクリップを含め、選択肢が増えたので喜ばしい。


今回、0.38ミリの渋めのカラー(ブルーブラック、ダークレッド、コーヒーブラウン、ターコイズグリーン、リーフグリーン)を5本買ってみた。(5本買っても、475円でした。)

商品番号が「LJU-10UF」でして、「UF」は万年筆では馴染みのペン先の太さの表示でしょう。万年筆メーカーらしい。

でも、この熱転写プリント、雑でですねえ、美しくないしすぐ消えそう。105円ですからね。このクリップ部は、サラサクリップが上かな?


ジュースですが、私のチョイスが悪いのか、暗い色ばっかりで、グリップゴムの色合いも冴えませんね。

でも書き味は、0.38ミリでもぬめぬめした感じで、顔料系のスラスラですね。ゲル特有の字幅が太くならないのもいいです。

サラサクリップ0.3のカッチリしたサラーっとした感じとも違い、ハイテックC 0.3のカリカリ感とは一味もふた味も違います。

またひとつ、楽しみなボールペンが増えました。


芯にはLP2RF-8UFと書かれています。

替え芯の形から推測するとフリクションの替え芯と同じでしょうか、互換性が楽しみでもあります。




【第二章】「ゲル J/K/L互換リフィル」と国産軸の相性
上記ゲルインクを、国内メーカーの少しだけ高級なボールペン軸にセットしてみます。大人の文房具としては、スケルトンのプラ軸ではなく、高級軸に収まったゲルインクペンがかっこいい。

評価項目は、
 チェック リフィルを無加工で軸にセットできるか?
 チェック 価格は、2,000円以下で入手可能な軸

PILOT 『HI-TEC-C Cavalier(カヴァリエ)』
キャップ式、軸径9.4ミリ、重さ23.5g、定価1,000円、2,000円、3,000円の3種
前回紹介しましたが、比較する意味で再登場です。

写真上がゴールドクリップ、メタリック軸の2,000円、下がシルバークリップの1,000円の軸です。

細身の軸がお好み(普通の100円ボールペンより細いかな?)なら、ベストの選択になります。塗装もいいし、キャップのかっちり閉まる感じは、1,000円ながら品質も高く、お買い得の軸です。

使用時、キャップを軸の頭に挿しますが、頭に挿した時もカチっと固定出来る軸は、カヴァリエだけの特徴です。

ハイテックC専用の軸かとおもいき、ハイテックCは入りません。シグノRT、サラサクリップ、フリクションポイント、ジュースは無加工で入るので、お好みのリフィルセットできます。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(×)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(×)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(○)

(凡例の説明)
 ○:無加工で入ります。
 △:ぺん先にリフィルが入るので、リフィルをカットすれば装着可能になります。
 ▼:軸に入るが、短い、またはずれるので何かしら加工の必要あり。
 ×:全くムリ。



OHTO 『American Taste Deluxe(アメリカンテイスト デラックス)』
回転繰り出し式、軸径13ミリ、定価1,050円、廃盤品
アメリカンテイストは、軸にアクリルを使い、透明感のあるマーブル柄の軸でとても美しい。アクリル軸は国内ではこの軸のみ。

シリーズで多種出しており、単価も500円〜と安価に設定。廃盤なのが残念。

でも、国産ゲルのJ/K/L互換リフィルはどれひとつと装着できませんでした、うーん。(ダイソーの100円パーカー互換ゲルインクのみ装着可です。)

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(×)
ノック式Signo RT(×)
SARASA CLIP(×)
JETSTREAM(△)
FRIXIN POINT(×)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(×)
※ペン先にジェストがうまく入りましたので、リフィルを切って使えます。これは嬉しい。



ぺんてる 『Lancelot(ランスロット)3シリーズ ゲルインクボールペン』
キャップ式、軸径11.3ミリ(リング部12.8ミリ)、重さ29g、定価3,150円、ゲルインクBPは廃盤品
アーサー王第一の家臣として有名な騎士の名を付けただけあって、シルバーの飾りリングがちょっと派手ですが、軸も飾りリングも真鍮なので、なかなかの質感です。

(定価は3,000円だが、2,000円強で入手可能。本当は、ランスロット5の黒軸+金クリップが欲しかったが、高いので断念。)

シルバーのメッキも錆びるようなことはないように思えます。

ゲルインクボールペンは既に販売は終了していますが、この3シリーズ、塗装が美しいです。表面に特殊な高弾性樹脂を使い、ペンケースに入れておいてもくすまないというぺんてるの独自コーティング技術らしい。

キャップを頭に付け替えると頭が重くなり、軸バランスが悪い。

しかし、キャップを閉めた時の音は、高級感がありますね、密閉してる感じがする。また、キャップを頭に付けるときの感触がなんとも言えない、スーッと吸い込まれるような感じで質感がある。この感触は虜になるでしょう、オートの1,000円シリーズとはひと味もふた味も違う味があります。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(×)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(○)
FRIXIN POINT(×)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(×)


トンボ 『ZooM 505bw 水性ボールペン』
キャップ式、軸径17ミリ、重さ30g、定価2,100円
ZooM 505bwは1986年発売です。発売時はシルバーのみでしたが、四半世紀たってブラックやパープル、アズール・ブルーを追加しています。

クリップは何度かデザインの変更があったとのことだが、ロングセラーモデルはいいですね。ずっと作り続けて欲しい商品です。

来年はトンボ鉛筆創立100周年なのでロゴもトンボマークに変えるようです。

この軸はめちゃ太い。国産最太の軸かと思う。ロングセラーにはそれなりの理由があります。キャップを頭に被せても、軸のバランスがペン先加重になっていて、書きやすいんです。

デザイン上の特徴は、飾りリングの部分でしょうか、グリップ部と同様に上質のラバーが巻いてありますね。(ちなみに、505はDesign Collectionではないようです。)

替え芯(BK-L5P)に、ロイヤル・ブルーがあります。これは超珍しいです。この色がいいんです。しかし、替え芯は万年筆型の密閉式カートリッジを入れるため、他の互換リフィルが入りません。

Slicci(△)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(△)
ノック式Signo RT(×)
SARASA CLIP(×)
JETSTREAM(△)
FRIXIN POINT(×)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(△)
※スリッチが入ったのは、この「ZooM 505」だけ。これはこれで価値がある。えんぴつ



OHTO 『LIBERTY(リバティ)太軸 CB-10GL(ブラック)』
キャップ式、軸径13.2ミリ、重さ33.6g、定価1,050円

オートのリバティ・シリーズの紹介です。全7種の軸(ALL 1,000円)に、好みの300系リフィル(油性/水性/ゲル)とカラーを選べるというもの。

この自由に選べるということからLIBERTY(自由)という名前を付けたようです。

私個人では国内最高のシリーズと思っています。インク色にブルーブラックが選べるのも、このシリーズならではのものです。

写真は太軸ですが、他に、中軸、細軸も選べます。

軸がぶっとい。クリップも太い。そして重い。古い万年筆のような葉巻型の雰囲気を持つ、重量級の軸です。

キャップを閉める時のかっちり感が良く、とても1,000円とは思えない質感がある。

太軸に金クリップのデザインは、男の定番ローラーボールとして逸品です。オートの傑作だと思う。巷にはあまり流通していないが、この軸は数十年と使えるペンとして、お勧めできます。

こうしてみると、ラバーグリップの厚みも半端じゃないです。良い作りです。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(△)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(▼)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(○)



OHTO 『Proud(プラウド)CB-10PD(ブラック)』
キャップ式、軸径12.1ミリ、重さ22.2g、定価1,050円
リバティの太い軸に慣れると、12ミリの太さのプラウドがすっきり見える。

オートのHPでは、ヨーロピアンスタイルと言っていますが、何がヨーロピアンかは分かりません。軸のトップ部(一番ボトム部)が角ばっているところかな?

写真では、リバティ(上)とプラウド(下)を比較するために並べた。

一番の違いが、グリップが真鍮にラバーグリップではなく、黒いプラスチックのグリップです。

軸先の真鍮部が少ないことで軽く仕上げているようだ。キャップを軸トップにはめて使用する際は、バランスが悪いと感じた。また、キャップを閉めた時の音が、軽いタッチなので重量感は劣る。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(△)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(▼)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(○)


OHTO 『epic(エピック)CB-10EM(ブルー)』
キャップ式、軸径10.0ミリ、重さ17.7g、定価1,050円
このエピックは、PILOTのカヴァリエに近く、細身の軸だ。

ボディカラーはブルーを選んだが、光沢のあるブルーが見る角度で深いブルーに輝き、スタイリッシュである。

同社のマルチスリム4も、光沢のあるブルー軸で、お勧めできます。

特徴のある角ばったクリップは都会的センスが溢れている。

グッドデザインですね。

グリップも細く、ラバーグリップでなく、黒のプラスチックです。

これはプラウドと同じ作りで、キャップを付け変えた際、軸の重量バランスは悪い。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(△)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(○)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(×)


OHTO 『FINE(ファイン)CB-10N(シルバー)』
キャップ式、軸径10.0ミリ、重さ23.5g、定価1,050円
ファインは一風変わったデザインだ。鋭角な斜めラインが全体を引き締めている。

軸にCERAMICと書かれているので、軸がセラミック加工されていると勘違いするが、セラミックボールを使用したペン先のインク出し機能のことです。

このシルバー軸もセラミック塗装です、と言っても疑いません。(セラミックってよく分かりませんので。)

軸のトップ(というかボトム部)まで、斜めのラインです。

この部分に、キャップ部がしっかり合体するというアイデアも良く考えられている。

グリップ部は真鍮にメッキなので、軸の重さのバランスもなかなか良い。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(△)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(○)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(○)



【第三章】「ゲル J/K/L互換リフィル」と海外製ローラーボールとの相性
海外メーカーのローラーボールにはあまり興味がない。有名メーカーだと、すごい値段だから。ま、参考として手元にある軸に入れ込んでみることにする。(参考)海外製品もジェッツスタイルでは、オークションで格安で入手できます。

SHEAFFER 『Sheaffer100 マットブラック』
キャップ式、軸径10ミリ、重さ30g、定価3,150円、メーカー:アメリカ
とりあえず、シェーファー。

普通のハイテックCを入れようとして失敗した軸。シグノRTやフリクションポイントが装着できた。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(×)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(×)
JETSTREAM(×)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(×)


Noble Regal 『12-200R 水性ボールペン』
キャップ式、軸径11.5ミリ、重さ25g、定価2,100円、メーカー:台湾
そして、リーガル。

25gなんですが、しっかりした重さを感じます。

ただ、使用時にキャップが軸の頭に挿すところが甘い感じ。カチっと挿せないです。

しかし、ジェットストリームのリフィルが無加工で入った。これはいい、ジェストの赤インクをセットしようかと思う。

重厚なシルバーの飾りリングに、ジェストの赤インクのアンバランスがいいね。手

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(△)
ノック式Signo RT(○)
SARASA CLIP(○)
JETSTREAM(○)
FRIXIN POINT(○)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(○)


DUKE 『D209R マットブラック』
キャップ式、軸径12ミリ、重さ23g、定価不明、メーカー:中国、定価は不明だが、ヤフオクで388円で落札。
デューク。

中国では万年筆の高級ブランドとして知られ、あの小泉首相もDUKEの万年筆を所有している。

1ケ月程度使用したが、使用時にキャップを軸本体に刺していたら、その部分だけマット(つや消し)がこすれてしまい、マットじゃなくなった。うーん、中国メーカーって、こんなもんなのか?

ジェストは入りました。

Slicci(×)
キャップ式Signo極細(×)
キャップ式Signo bit(×)
ノック式Signo RT(×)
SARASA CLIP(▼)
JETSTREAM(○)
FRIXIN POINT(×)
普通のHI-TEC-C(×)
Juice(×)


『カラフルな軸のローラーボール各種』
キャップ式ローラーボール、カンガルー、ピカソ、プレイボーイ。(全て中国製。)
何本か、カラフルな軸カラーのローラーペンがありますので、ご紹介します。

上からライムグルーンと赤い軸がカンガルー(定価2,100円)、濃い黄色がピカソ(定価3,150円)、真っ白な軸がプレイボーイ(定価1,050円)です。

会社の会議に使うにはちょっと派手ですが、気分転換にはなります。

「ゲル J/K/L互換リフィル」が入るか試してみました。

想定通り、シグノRTと、サラサクリップがなんとか入りそうです。海外もの、特に中華製は、入れてみないと分からないですね。

軸カラーに合わせてインクを入れるのもいいかな?エンピツ


ピカソのリフィルは、ネジ山が切ってあり、ペン先にねじ込むように固定します。

世界のリフィルには色々ありますね。

             カンガルー ピカソ プレイボーイ
Slicci            ×     ×     ×
キャップ式Signo極細  ×     ×     ×
キャップ式Signo bit  ×     ×     ×
ノック式Signo RT    ×     ○     ○
SARASA CLIP      △     ▼     ▼
JETSTREAM       ×     ▼     ▼
FRIXIN POINT     ×     ×     ×
普通のHI-TEC-C    ×     ×     ×
Juice            ×     ×     ×


【最終章】大人の文房具として、お勧めする着せ替えゲルインク・ボールペン
今回、JIS規格「ゲル J/K/L互換リフィル」として8種のリフィルを、14本の軸に装着できるかを試してみましたが、なかなかうまくいきませんでした。試行の結果、やはりハイテックC 0.3は、どの軸にも入らない。スリッチ0.3、シグノ極細0.28もいづれも無加工では装着不可でした。ハイテックCが入る軸は皆無という残念な結果です。

最終的に、会社の会議での使用に耐えられる大人のゲルインクボールペンは、以下の4本としました。皆さんもお試しください。

『OHTOリバティ+三菱シグノRT(0.38ミリ)』
※当組合せは、無加工でリフィルがセットできます。
軸はオートのリバティ。

ブラックの太軸に、ゴールドのクリップと飾りリング、この組合せがいいんです。

リフィルは、シグノRT(ノック式)のブルーブラックを入れます。シグノのブルーブラックは、他社のインクより万年筆のような色合いなので、こういう葉巻型のオーソドックスな軸には最高です。

リバティは、キャップを軸の頭に挿してもバランスが最高です。

軸とキャップはアルミなので、それが良いバランスを保っているんんでしょうね。

1万円ぐらいする万年筆とかありますが、それに匹敵すると思っています。とても、1,000円の軸には見えません。

飾りリングもペン先も真鍮のゴールド。

まだ、使い始めて2週間ほどですが、このゴールドがいつまで輝くか、楽しみでもあります。

大人の文房具としてのボールペン軸では、最強かと思う。


『トンボ ZooM 505bw+ぺんてる スリッチ(0.3ミリ)』
※当組合せは、リフィルを加工(短くカット)する必要があります。
なんとかして、水性染料インクのスリッチのなめらかインクが使いた〜い。

ZooM 505bwのペン先にスリッチがすっぽり入ったので、純正リフィル(BK-L5P)の長さに合わせてはさみで切ってみた。

バッチリ、グッド・ジョブです。手

こんな太軸から、細い0.3ミリのニードルチップが出てきます。

やっと、第一候補のスリッチが使える軸が見つかりました。

Webで検索しても、スリッチのリフィルを入れた例は見つからなかったので、ほんと良かったです。

国産最太軸のZooM 505と、国産最細軸のスリッチ本体です。妙にいかすショットですね。

スリッチは女子高生向けなんでしょうね、リフィルまでメタリック調、軸も細くて私のでかい手では使いづらい。
 
文房具好きだけど、スリッチはちょっと、・・・・という方がいらっしゃると思います。私もその一人でした。そんな方に是非お勧めしたいと思います。

細かい文字を書くという点では、ゲルインクはスリッチに限りませんが、ボール径0.3ミリでも油性のジェストの0.5ミリと変わらない太さです。スリッチのニードル部は、細くても折れ曲がらないような作りなので、近いうちに0.25ミリも入れようと思う。


続いて、赤インクのお勧めを紹介します。

『カンガルー キャップ式ローラーボールペン+ゼブラ サラサクリップ(0.3ミリ)』
※当組合せは、無加工でリフィルがセットできます。
中華製カンガルーのローラーボール(K353)です。

明るい真っ赤/黒のツートン軸には、赤色インクを入れるしかないでしょう。サラサクリップのリフィル(0.3ミリ)が、なんとか無加工で入りました。(先がちょっと詰まっている感じですが。)

サラサの赤インクは、ギトギトしていない明るい発色の赤だし、カラフルな軸と合いますね。


『OHTOアメリカンテイスト+三菱ジェットストリーム(0.5ミリ)』
※当組合せは、リフィルを加工(短くカット)する必要があります。
オートのアメリカンテイストは、既に廃盤になっているが、マーブル軸は大好きです。

リフィルはジェストの芯をはさみで切るだけで入るので、赤インクをセットした。このジェストの赤0.5ミリは、濃く出る上にスムーズさでは抜きん出てると思う。現在の一番好きな赤インクです。

インクと同じマーブルカラーなので、ナイスです。手



〜男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ〜
 vol.01  PILOT ハイテックC コレト 本体ボディ 2色用
 vol.02(3種類) PILOT ハイテックC コレト ルミオ
 vol.03(4種類) 三菱 ジェットストリーム シリーズ
 vol.04  三菱 スタイルフィット マイスター 回転式3色ホルダー
 (休憩)(6種類) ボールペン対決 ハイテックC vs ジェスト
 vol.05(8種類) マルチペン 〜国産萬年筆タイプ(前編)〜
 (コーヒーブレーク) 4C互換 vs S-7S互換
 vol.06(6種類) マルチペン 〜国産萬年筆タイプ(後編)〜
 vol.07(5種類) マルチペン 〜人気の海外メーカー〜
 vol.08(11種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その1)
 vol.09(6種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その2)
 vol.10(9種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その3)
 vol.11(15種類) 高級ボールペンにお気に入りのリフィルを入れる
 vol.13(8種類) 着せ替えペン 「シェルパ」にハイテックC
 vol.14(4種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その4)
 vol.15(2種類) プラチナのダブルアクションR3に、ジェストやシグノを挿してみる

 
 

comments

すごいっす!めちゃめちゃおもしろいし役に立ちました!ゲルペンの替え芯と高級ペンの組み合わせ、もっともっと発見して教えてください!研究熱心さに脱帽です!

  • heidi
  • 2012/09/14 10:20 PM

heidi さん

コメントありがとうございます。勇気付けられます。

お気に入りのボールペン、どうにかならないかなあ〜という発想から、少しづつ幅が広がっていきます。それが趣味でもありますが。

参考になれば幸いです。

  • noguchan
  • 2012/09/15 5:44 AM

師匠の技を参考に、ボールペンの着せ替えを楽しんでおります。鉄道忘れ物の店に行ったら3000円代のボールペンが400−500円でいろいろゲットできてラッキーでした。

  • heidi
  • 2012/09/17 9:18 PM

ほおー、そういう店があるんですね。面白そうですね。
ボールペンだとどこに落としたか分からないので、届けないんでしょうね。再利用なのでエコですね。

  • noguchan
  • 2012/09/18 8:48 AM

次の世代も使えるような良いボールペンを買って使っていたい、でも、どこぞの高級ブランドのインクのように、本質とかけ離れたランニングコストを払うのはいや、という私のような人間に、とてもうれしい内容でした。先駆者がいて下さることに感謝です。

  • D-Miki
  • 2012/10/07 2:55 PM

D-Mikiさん、こんばんは。

参考になりましたでしょうか?

私の趣味は色鉛筆でして、日頃メモがてらに絵を書いて、色を塗っています。

ボールペンは細字のハイテックCばっかり使っていたのですが、ちょっとは他メーカーのものも使って見ようと浮気しています。100円とか200円ですが、筆箱に貯まってしまって、使い切るのに数年かかりそうです。

  • noguchan
  • 2012/10/07 7:33 PM

大変勉強させて頂きました。
私は仕事用で、Zebraのゲルインク0.7mmのブルーブラックと赤を使いたかったので、
ご紹介頂いたLiberty, Cavalier, Proudを購入して
利用させて頂いてます。
Proudは確かにバランス悪いですね。
LibertyとCavalierはバランス、使用感、安さ、ともに、とても良いですね。
今、一番のお気に入りは、Libertyですね。
ありがとうございました。
こうなると気になるのは、Zebraのゲルインク搭載できて、さらなる高級路線ってあるのか、ということですね。笑

  • D-Miki
  • 2012/10/18 2:27 AM

D-Mikiさん、おはようございます。

ゼブラの100円ボールペンも黒軸に入れると、なんか高級ボールペンになった気がしますよね。

愛用(常用)のボールペンがあるのはいいですよね、使い切った芯を変える時が、これまた愛着が沸き、芯が捨てられなくなったりします。

  • noguchan
  • 2012/10/18 5:51 AM

はじめまして、互換芯に大変関心のあるゼノンです(笑)
私もスリッチ(キャップ式)を太い軸で使いたいな〜と思って検索してみたところ、この記事に到着いたしました。
そこで質問なのですが、[Pentel]ZooM にスリッチの芯を入れても、ペン先ガタついたりしませんでしょうか?

ゼノンさん、おはようございます。

ご質問の、トンボ ZooM 505bw+ぺんてる スリッチ(0.3ミリ)ですが、ペン先は全くガタツキなく収まります。ただ、文中に記したように芯をカットする必要があります。お試しください。

ゼノンさんのblogも拝見しました。プラウドやプレラの記事、参考になります。

  • noguchan
  • 2012/11/25 6:37 AM

はじめまして。

ジェットストリームの書き心地が気に入っていますが、チープ感が否めませんので、少し高級感のある軸を探していました。

そんな中、こちらのサイトに辿り着きました。

素晴らしい調査に、感銘を受けております。

一つ質問がございます。

ご紹介頂いておりますリーガル12-200Bか気になり、ネットショップを検索してたのですが、こちらの品番では、該当商品が見つかりません。

12-200Rではないでしょうか?

ご確認頂ければ幸いです。

  • マッチ
  • 2012/11/25 10:04 PM

マッチさん、おはようございます。

ジェットストリームは、書く紙によっては最強ボールペンですよね、私も好きです。

台湾リーガルの商品ですが、ご指摘の通り12-200Rでした。私がメモ帳に記した文字の読み違い(R→B)で、誤植したものです。本文も訂正しておきます。

リーガルですが、種類も多く安価に入手可能なので、数本持っていますが、特に品質に問題はありません。

  • noguchan
  • 2012/11/26 8:51 AM

マッチさん、おはようございます。

ジェットストリームは、書く紙によっては最強ボールペンですよね、私も好きです。

台湾リーガルの商品ですが、ご指摘の通り12-200Rでした。私がメモ帳に記した文字の読み違い(R→B)で、誤植したものです。本文も訂正しておきます。

リーガルですが、種類も多く安価に入手可能なので、数本持っていますが、特に品質に問題はありません。

  • noguchan
  • 2012/11/26 8:52 AM

ありがとうございます。

リーガルを数本お持ちとのことですが、ジェットストリームは12-200R以外も互換は可能でしょうか?

教えて頂ければ幸いです。

  • マッチ
  • 2012/11/27 5:19 PM

マッチさん、ごめんなさい。

リーガルは、ボールペンは1本のみの所有で、ブログ掲載商品のみです。

他にリーガル社の万年筆を3本持っていますが、ボールペンも万年筆も、品質的には問題ありません。

ジェットストリームは、ブログ掲載記事にあるように、いくつかのメーカーの商品が刺せます。

  • noguchan
  • 2012/11/27 5:37 PM

こんにちは。
素晴らしい情報をありがとうございます。
OHTOリバティ+三菱シグノRTを、現在使用中です。

もし黒インクでも宜しいのなら、
ぺんてるのエナージェルのリフィルも使えます。

如何でしょう。

  • orihara
  • 2012/12/12 4:32 PM

申し訳ありません。
エナージェルは、0.5でした。

  • orihara
  • 2012/12/12 8:21 PM

oriharaさん、こんばんは。
お役に立っているとのコメント、大変嬉しく思います。
とはいえ、最近は廉価万年筆でよい商品を探しているところです。

  • noguchan
  • 2012/12/12 9:27 PM

はじめまして。
こんな遊び方があったのかぁ。。。
ペンで下書きをしないと、ワープロの文章がまとまらない私にとって、書きやすいボールペンは必需品です。
モンブランやウォーターマンのスルスル感が好きなのですが、使い出して3ヶ月しないうちに、いつも職場の机の上で消失しちゃいますw。
そんなわけで、ゼブラのサラサ一筋でしたが、こちらのブログを読んで、趣味人心がムラムラと沸いてきております。海外製品軸に国産極細ブルーブラック芯、ううむ、やるしかないな
と、情報収集し出したところです。
掲載物以外のオススメがありましたら
御教示頂けるとたいへんうれしいです。

  • sro201
  • 2013/04/27 2:31 PM

sro201 さん、こんにちは。

ボールペンは、各社それぞれ良い商品を出していますよね。
私は細い字が書けるのが好みで、手帳用にハイテックCがメインです。

文字をたくさん書くのであれば、スルスル、ヌルヌル感の高いペンが良いでしょうね。
一押しは、ぺんてるのエナージェル ユーロは、細字ながらヌルヌル感があります。

ブルーブラックなら、三菱のビジョンエリートと、最近出たシグノRT1(RTじゃなくRT1)もよく滑りますので、お試しください。

  • noguchan
  • 2013/04/27 3:46 PM

こんにちわ!素敵ですね。。。大変勉強になりました。
わたしもジェットストリームが好きなのですが、軸のチープ感は否めず
いろいろ探していてこちらへたどり着きました。
参考にさせていただいてオートのepicを購入し、ジェットストリーム芯を入れてしばらく気に入って使っていたのですが、
通常ペン先を下にして使用・保管するジェットストリームを上向きに使用したからか
空気が入ったのか書けなくなってしまいました・・・。
ジェットストリームでインクが途中でかすれたり書けなくなることは初めてだったので
用途に合った使い方をしなくてはならないのだと痛感しました。
難しいですね。。。epicの青さはとても気に入っているのですが、インクがあまり好きではなくて。
キャップ式のゲルまたはジェットストリームインクでepicに合うものを探す旅に出ています。

  • せりざわ
  • 2013/06/07 10:23 PM

せりざわさん、こんばんは。

ジェットストリームインクはいいですよね。
擦れたインク、芯を80度ぐらいで湯せんして、後ろから自転車の空気入れで空気を入れてみてはいかがですか?
確かに文具屋さんではペン先を下にして置いてありますね。私のシグノ、ジェストは上向きで筆箱に入れて通勤していますが、問題は無いですね。

  • noguchan
  • 2013/06/08 1:20 AM

OHTO LIBERTY互換の情報を探していてこちら様にたどり着きました。
飽くなき情熱に脱帽です・・・

一言お礼申し上げたく失礼しました。
本当に参考になりました。有難うございます。

  • こまきね
  • 2013/07/06 1:36 AM

こまきねさん、おはようございます。

オートのリバティ、プラウドはスタンダードな黒軸に金クリップで低価格ながら良い商品です。
好きな文房具を使うのが、一番です。

  • noguchan
  • 2013/07/06 7:31 AM

こんばんは。
ボールペン遊び、粛々と進行中です。
ジェッツのオークション、例の中華系メーカーの黒軸は大体ゲットしましたよ。
シェルパも2本買いました。

教えて頂きたいことがあります。
1、Vコーンをシェルパに入れたときの寸足らずを解消するには、どうするのが一番効果的なのでしょうか?
2、プレイボーイ社のローラペンに互換適合する日本製レフィルはあるのでしょうか?万能選手シグノRT 1のレフィルでも、いまいちなのです。
3、もうひとつシェルパで、フリクションボールをいれたところ、後ろのバネが壊れてしまいました。消しゴム部が挟まって、バネが取れちゃいました。これって、リカバリー可能でしょうか?

御教示頂けるとたいへんうれしいです。

  • sro201
  • 2013/07/16 2:17 AM

sro201 さん、こんにちは。

ジェッツ、買占めましたか、大人買いですね。
さて、ご質問の件、
1はダイソーの100円ボールペンの軸を使ったらどうでしょう?カッターで適当な長さに切って差し込む。
2は、色々試さないとこれというものがないでしょうね。プレイボーイはお洒落な現代風のデザインが多いので、色々と確かめるのが一番です。
3は回復可能ですよ。私もすぐバネが外れちゃいましたから。外れるものだと思ったほうがいいですね。最悪、これまたダイソーの100円ノック式ボールペンのバネが使えると思います。このバネ、万年筆のカートリッジ抜け防止に使っている、万能バネです。

  • noguchan
  • 2013/07/16 8:41 AM

早速のご返答、ありがとうございます。
ダイソーゲルペンの青、たまたまかもですが、スペアインクの色が薄いのです。シェルパの件、試してみます。
シグノの長レフィル、カットしてシェルパで使えました。シェルパ、持ち歩いてると、あちこち凹みそうです。
ブルーブラック活用レフィルは、
サラサとシグノのオールサイズラインアップで決まりのようです。


  • sro201
  • 2013/07/17 8:37 PM

はじめまして、Markと申します。このサイトを参考にさせてもらい、HI-TEC-C Cavaler とSARASA の組み合わせを愛用しています。

国産の300系のリフィルが使える、ノック式の高級軸になかなか良いものが無いと言うのが私の印象なのですが、最近良いものを見つけました。

PILOT FRIXION BALL KNOCK Biz です。フリクション ボールのリフィルが300系なので、各社のゲル系のリフィルが、使えると思います。
バランスも良いし、塗装は艶消しでステッドラー風。他のフリクションボールに付いている消去用のラバーは、キャップがついていて目立たなくなっています。

このサイトでは、キャップ式のみが紹介されているので、もしかすると、ノック式は除外されているのかとも思いましたが、、、。

ご参考になればと思い、投稿させていただきました。

以上


  • Mark
  • 2013/10/07 4:09 AM

Markさん、おはようございます。

ノック式Bizという名前だけでも、サラーリンマン仕様の感じですね。フリクションボールは海外でもヒットしているようなので、メーカーも力が入るのでしょう。

特にノック式を除外しているわけではなく、ノック式=油性ボールペンが頭にあるせいでしょう。

今回は良い商品を紹介頂き、ありがとうございました。

  • noguchan
  • 2013/10/07 8:10 AM

たった今購入してきて差しました。OHTOのリバティ-CB10Lと純正の替芯C-305、そしてお奨めのユニシグノRTです。
実は退職記念にと思い、ここ数日ネットで外国産の数万円のものを探していたのですか、貴殿のページに行きつきました。
鹿児島の文具屋が今日から3割引をしていたので上記合計で795円でGOODなものが買えました。書き味抜群、純正の替え芯の方が濃いようですが、シグノもなかなかのものです。交換しながら楽しみたいと思います。いいものを紹介していただいてありがとうございました。外国産を買ってムダ金になるところでした。

  • 松元
  • 2013/11/08 5:37 PM

松元さん

退職記念に795円では、少し寂しいですね。
でも文具は高価な商品だから良いとは言い切れないところがありますし、毎日使ってなんぼの世界ですから、それはそれで価値があります。

お気に入りとして使い倒していただければ、情報提供元としては嬉しい限りです。

  • noguchan
  • 2013/11/08 10:25 PM

カラフルな軸のローラーボールが欲しくなったのですが、どこで手に入るのでしょうか?いくら調べても情報が手に入らなかったものですいません。

  • haoming1828
  • 2014/06/14 4:54 PM

haoming1828さん、こんばんは。

お探しの商品はどこのメーカーでしょうか?私は現行品を掲載していますので、間違いなく入手できるはずなんですが。

カラフル軸とのことですが、ジェッツスタイルさんで気長に探すと、お気に入りが見つかると思いますよ。

  • noguchan
  • 2014/06/14 6:43 PM

ノック式シグノの替芯に合う軸を探していてこちらにたどり着きました。
記事を参考にさせて頂き、シェーファーVFMにシグノ芯を入れようとしたのですが、入りませんでした。
シェーファーVFMはシェーファー100と同じ芯だと思うのですが、何か加工をされたのでしょうか?

  • ニコラ
  • 2014/07/07 4:44 PM

ニコラさん、こんにちは。

検討されたシェーファーVFMの替え芯がどのタイプなのか、現物を持っていないので何とも申し上げられません。

私の当Blogに記載したものは、加工した場合はその内容を明記して、誤解の生じないようにしているつもりです。

  • noguchan
  • 2014/07/07 5:53 PM

こんにちわ。検証実験、圧巻ですね。
わたくし、スーツの胸ポケットにさしても恥ずかしくないノック式ボールペンを探してこちらのブログを発見しました。
非常に参考になりますが、ほとんどキャップタイプのボールペンなんですね。
中にいれたリフィルはノック式のもあるので、
についての
検証もあればなぁと思ったりしました。
もしパーカーのジョッターお持ちでしたら、
男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ その14 をお考えでしたら、
ジョッターも仲間に入れてくださいね、期待しています^^

  • tsubasa
  • 2014/08/10 10:24 AM

tsubasa さん、こんにちは。

パーカーのソネットオリジナルやジョッタースペシャル、ジョッターフライター、どれもいいですね。

確かに濃いスーツの胸ポケットに羽根矢は映えますね。パーカーのクリップは、スーツ用に出来ているじゃないかと思っているほどです。

  • noguchan
  • 2014/08/10 10:58 AM

このサイトを見てランスロットのゲルインクが欲しくなり
探しまわったんですが遅すぎたようです。無念。
それはさておき検証されたガッツは凄いですね!

  • Rそこ
  • 2014/09/20 4:50 PM

Rそこ さん、こんにちは。

ランスロット3のゲルインキはもう廃盤でしたか?飾りリングの装飾は、他のペンにはないもの持っていますからね。

インクの開発は各社競っていますが、軸はなかなか新商品は出ないようですので、長く扱ってくれると良いと思います。

  • noguchan
  • 2014/09/21 7:51 AM

キリタローラーボール ジェットストリームとシグノ互換性 有ります

  • ネコ
  • 2016/09/04 12:51 AM

ネコ さん、こんにちは。
コメントの意味がよく分らないため、私からのコメントは控えます。
芯の互換性をいろいろ試行しながら楽しむのはいいですね。

  • noguchan
  • 2016/09/04 6:13 AM

こんにちは。
通りすがりの者ですが、1つコメントさせてください。
オートの太軸リバティボールペンですが、継続して使用されていますか?

私は5本ほど所有して、かなりの頻度で1年ほど使用していましたが、使用頻度の高いものほど、グリッパーの劣化によりベタベタになり、使えなくなったので、3本ほど処分しました。(油のようなものがグリップ部分からにじみだすような状態です)

私も当初は永く使えるものとして、入手してよろこんでいましたが、やっぱり1000円程度のものだな、と思いました。(1年で捨てると割り切って買うのには問題ないと思います)

ゴムの劣化は、使用頻度によるものか、時の経過によるものなのかは、よく分かりません。

  • 隠れシステムアナリスト
  • 2016/09/19 8:51 AM

隠れシステムアナリストさん

コメント、ありがとうございます。リバティのグリップはおっしゃる通りです。油脂分が滲みます。気分的にいい感じはしません。硬化を防ぐ何かだと思いますが、調べた訳ではありません。

同じオートのプラウドはそういうことは無いので、リバティのグリップに限ったものと思われます。

ロングセラーになるような品質では無いのが残念です。

  • noguchan
  • 2016/09/19 11:51 AM

noguchanさん、返答ありがとうございます。

やはり、オート・リバティのグリップは問題ありのようですね。同じく、私も万年筆のプラウドを使っていて、そのグリップべたべた現象は無いので、ボールペンリバティだけの現象のようですね。

わりとオートのボールペン太軸リバティはネット検索するとプラスの情報ばかり検索されて、マイナスの情報は見たことがなかったので、継続して使ってレポートを書いている人は少ないのかもしれませんね。

意外と300系でしっくりくる軸がなくて、一度、パイロットのカスタム74軸を使ってみたいと思っているところです。

コメント返答ありがとうございました。

  • 隠れシステムアナリスト
  • 2016/09/19 12:45 PM

隠れシステムアナリスト さん

確かに継続利用の気づきレビューは無いですね。
愛好家が多いので、今度、べたつきリバティのグリップは掲載しないといけないですね。

  • noguchan
  • 2016/09/19 12:56 PM
   

trackback

 
pagetop