September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

OLYMPUS XZ-1

昨日の朝日新聞に、ミラーレス一眼が好調で、デジ一眼のシェアで50%を超えたという記事があった。

記事の中に写真入りで出てたオリンパスの新マイクロフォーサーズ一眼「OLYMPUS OM-D」がかっこいい。銀塩のOM-1のデザイン踏襲で最近の4/3機とは異なり、フィルムカメラ世代を意識してますね。

さっそくヨボバシカメラに見に行ってきた。・・・・が、「OM-D」の発売は、まだ先(3月下旬)でした。ハイエンドコンデジは、XZ-1で打ち止めかなぁ〜?
(写真は、オリンパスのHPより)


せっかくヨドバシに来たので欲しいカメラを物色。これはフジフィルムの「X10」。

質感は高い。それにずっしり重い。

一般コンシューマー向けとは一味もふた味も違いますね。持っていることに自己満足しそうなデジカメです。

欲しいけど、お値段も高い。


続いてオリンパスのコーナーに。

やっぱ、PENより「XZ-1」の大きさ、軽さは捨てがたい。

flickrでのXZ-1の投稿写真を見ていて、画質の良さはデジ一眼以上。

店員さんにお値段交渉すると、あっさり予算内に値引きしてくれました。(どうやら、今週末は決算も近いし、何やらキャンペーン間近の予感がする。XZ-1発売は、2011年2月です。)


念願のOLYMPUS XZ-1をGet!!

ホワイトボディも塗装の塗りとか厚そうで良かったが、実際に手に取るとピピッとこなかったので、無難なマットブラックを購入。

エントリー機のようにレンズはボディに引っ込まないので、厚みはある。そこそこ質感の高いレンズキャップを被せるが、このキャップは爪ではさむのではなく被せ式です。すぐ無くしそうなので、付属の黒紐で結んでおいた。


「i.ZUIKO」の文字。

XZ-1の最大の武器がこのレンズ。F1.8-2.5、これが欲しくって購入したんだからね。

Aモード時には、レンズ周りのリングで露出を変えるという優れもの。カメラを操作していると実感する部分です。


さっそく、名古屋のaki-asahiさんの、「XZ-1用貼り革キット #8308」(¥1,600)を貼ります。

きれいにレーザーでカットされているので、水を含ませた綿棒で裏のり部を湿らせて、貼るだけです。

XZ-1のグリップはつるつるなので、実用的な滑り防止になるし、クラシックな雰囲気にもなるので一石二鳥です。


はい、こんな感じに仕上がります。

OLYMPUSのロゴはそのままに、下にあるf1.8の文字は消えます。

初めから付いていたと思えるほど、ぴったりです。aki-asahiさんの貼り革キットは品質も高いです。


PEN E-PL1s(左)とXZ-1の比較をしてみました。

ボディの厚みが違います。一回りは違います。E-PL1sはパンケーキなんですが、XZ-1は4倍ズームでこのサイズです。

携帯性を最優先する場合、この1センチ程度の厚みが結構効いてくるんですよね。


そして、ただ今、専用ケースの作成中。

A4サイズの染色したぬめし革(厚さ2ミリ)をはさみでカットし、のりしろをボンドで貼り付けるだけ。PEN E-PL1sのケースも作ったので、第二作目です。

XZ-1オリジナルケース、ものの1時間で簡単に出来ちゃいます。革の臭いは好きですね、使い込むほど味が出るのもいい。

SDカードも毎年のように安くなってますね。
今回は、愛用のサンディスクのエクストリーム(SDHC UHS-I)の8GBで、¥2,130でした。

そして、バッテリーのフル充電中。
XZ-1はAC電源の充電器は付属していない。カメラ本体をUSBケーブルでPCと接続し、PCから充電する方式です。取説ではフル充電に3時間なので、それほど不都合は感じない。

明日からバリバリ撮るぞ〜!力こぶ


(参考価格)
・OLYMPUS XZ-1  ¥41,700(10%ポイント還元)
 ポイント分を考慮すると、¥37,530で価格.comの最安値より安くGetできた。交渉価格は、¥37,500円でした。
・SDカード SDHC 8GB  ¥2,130(10%ポイント還元)


 
 

comments

   

trackback

 
pagetop