August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その1)

〜男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ(その8)〜

ハイテックCコレトや三菱のスタイルフィットの着せ替えシリーズではなく、各メーカーから出ている多色(3色or4色)ボールペンもチェックしてみます。商品も安く手に入るし、種類も豊富。各社3色が300円、4色が350円が相場ですね。樹脂軸でも、ビジネスマンに向くかどうか?
(※断っておきますが、ボールペンンの書き易さということではなく、サラリーマンの黒い手帳に挿しても違和感がないかどうか、という評価です。)

イオン 『TOPVALU 4色油性インクボールペン』 
4色ボールペン(黒/青/赤/緑)(定価¥198)
近所のイオンに、オリジナルの「TOPVALU 多機能ペン(MF-40A)」が置いていないかを見に出かけた。

新学期シーズン間近ということもあり、結構な売り場面積を取ってあったが、残念ながらお目当てのMF-40Aは無かった。
(参考とさせて頂いたページ)だめ狼の「(・∀・)俺の明日はどっちだ(゚Д゚≡゚Д゚)!?


そんな訳で、何も買わずに帰るのもしゃくなので、TOPVALU 4色油性インクボールペンを買って帰った。

ボールペン1本の買い物だったんですが、支払い時に「テープでいいです」と言ったら、袋代の2円が引かれて196円で購入。得した気分。

替え芯は「ゼブラSK-0.7芯」と包装紙に書いてあったので、もしや?!と思ったら、案の定、ゼブラのクリップオンスリムス4Cと、全く同じです。

白いボディーが、クリップオンスリムス4C。


クリップ部にロゴが入っていない、芯にZEBRAの文字が入っていないだけ。

本家は367円なので、約半額です。

軸の太さは12.0ミリですが、ラバーが硬化プラスチック素材なので手帳に刺さる。軸カラーが選べれば断然、TOPVALUがお得。

軸が透明プラなのでビジネスには使用不可ということで、評価は高くない。

デザイン:C、機能性:C、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★☆☆☆☆(1点:勧められない)



トンボ 『REPORTER 3(リポーター3)』
3色ボールペン ボール径:0.7ミリ(黒/赤/青) (定価¥315)
軸は半透明しかないです。3色ながら軸径12ミリなので、この価格帯の多色ボールペンの常識内です。

どこにも飾りがないシンプルな、個性の無いデザインです。

トンボはユニバーサルデザインの商品をはじめ、デザインでは他社をリードしているので、冒険して欲しいところ。リポーターコンパクトのような軸カラーで出したら、良いと思うのは私だけではないはず。


このペンを購入するきっかけは、ブラインドタッチ可能なノックボタン。

看護士さんの「夜間に患者見回りをするとき、触れてインク色の違いがわかればさらに良い」との声に応えて出来たものという。これだけでも買ってみたくなる商品です。

更に、消音設計のノックは革新的なアイデアで差別化された商品です。透明軸で無ければ使ってみたいのですが、・・・。

デザイン:C、機能性:B、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★☆☆☆☆(1点:勧められない)


参考です。
トンボ鉛筆のデザインは光るものがある。

この写真は、TOMBOW "Zoom 414"ですが、シンプルで使い易そうです。価格が5,250円なので手が出ません。

(写真は、トンボのHPより)



トンボ 『REPORTER COMPACT(リポーターコンパクト)』 
4色ボールペン(黒/赤/青/緑)(定価¥367)
こちらは、リポーターコンパクトです。

カラーは、11色の中から、落ち着いた色合いのクラシックネイビー、クラシックボルドーを選んだ。長さが、117ミリしかなく、非常に短い。

4色ボールペンですが、4C互換の金属芯ではないのに軸径が12ミリに収めています。


リポーター3と同じブラインドタッチのノックレバーです。

夜間のノック音を軽減するラバーを取り入れた消音設計のノック音も共通仕様になっていて、トンボの専売特許はしっかり引き継いでいます。

首から下げるための紐通しなどもあり、完璧な看護士向け専用マルチペンです。

デザイン:B、機能性:A、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★☆☆☆(2点:あまり勧めない)


おまけです。写真の下の2本がPILOTの「Petit1(ペチット1)」でして、これでも万年筆。

勿論、インクはブルーブラックとレッドです。7年使っていないのですが、インクカートリッジのインクが乾いていないので、書けました。恐るべし、PILOT。(2005年発売、¥315)

キャップを閉めると、レポーターコンパクトより1センチ程短いです。短足モデルは可愛いです。

更に驚いたのは、今でもNewモデルが購入できるとのこと。息の長い商品です。



ゼブラ 『Surari 3C/4C(スラリ 3C/4C)』
3色ボールペン(黒/青/赤)(定価¥315)/ 4色ボールペン(黒/青/赤/緑)(定価¥367)
エマルジョンインクを試すために購入。

広告通りすらすら書け、好印象。力を入れないで、すーっと書ける。

ただ、3色ボールペンで、軸径12.8ミリは太い。さぞかし太い替え芯が入っているのかと思ったが、ごく普通の3.1ミリφ(実測)です。


このペン先の赤いボールを外す時がいいです。

ブルーインクがなかなか濃いので、使ってみるのも良いかも知れない。0.5ミリ芯もあるので次回試して見よう。

ボールペンの軸は、黒とはいえ半透明ですし、太いので手帳には使えない。

デザイン:C、機能性:C、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★☆☆☆(2点:あまり勧めない)


スラリ4Cを購入してきたので、並べてみました。

4Cは4色BPながら、3Cと全く同じ太さの軸。かつ、3Cはやや透明軸でしたが、4Cはほぼ真っ黒の軸で好みです。

今回は0.5ミリ芯ですが、ゲルの0.5ミリより細く書けます。ゼブラのエマルジョンインクは、ブルーがいい発色です。ジェットストリームでは滑って書けないようなすべすべの紙にも擦れずに書けるのが良いです。

デザイン:C、機能性:B、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★★☆☆(3点:普通に勧めます。悪くないです。)



ゼブラ 『Clip-on Slim 3C / 4C(クリップ-オン スリム3C / 4C)』 
3色ボールペン(黒/青/赤)(定価¥315)/ 4色ボールペン(黒/青/赤/緑)(定価¥367)
ジェットストリーム3色ボールペンの軸径は12.2ミリと太い。そこで、ゼブラのクリップ-オン スリム3Cを試してみた。

ゼブラのHPのウェブマスターからのヒトコトがいけてる。「多色ボールペンとは思えないぐらいホントに細いです。やれば出来る!という感じでしょうか。」そう、やれば出来るんです、軸径は10.8ミリです。

3本用のプラ軸としては、技術的にこれが限界なんでしょう。


これは、クリップ-オン スリム3Cと4Cの比較。

3Cは10.8ミリ、4Cは12.0ミリとわずかしか違わないが、この1ミリは見た目も持った感じも異なるから不思議だ。

黒や青軸はスケルトンなので見送り、今回はホワイト軸を購入。ヨドバシ.comで購入したが、写真で見るより格段に質感は高いです。

3Cですと、芯の値段が60円×3本なので、軸だけだと120円の計算ですね。4Cだと軸は110円。


写真の上から、
・三菱ジェットストリーム3色BPの白
・クリップ-オン スリム4C
・そしてクリップ-オン スリム3C

こうして競合商品を並べてみると、クリップ-オン3Cが一番手に馴染む。


さっそく標準の替え芯SK-0.7芯を、PILOTハイテックCコレト(LHKRF-10C3)のブルーブラックとレッド+シグノ(UMR-109-28)のブラウンブラックと渋めの色に交換。

ゼブラのインクが悪いということじゃなく、ハイテックCやシグノのインクが好きなだけです。

着せ替えには、良く切れるカッターで芯のおしりを切って装着するだけ。はさみだと簡単に切れるけど、直角に切れないのでカッターがいいです。

お気に入りの軸に、お気に入りのインクを使う。ほんと、この安さで遊べるステーショナリーの楽しみ方はこれにつきます。手帳に挿せるというのはありがたいのでポイントも高くした。

デザイン:C、機能性:B、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★★★☆(4点:お勧めします)



ぺんてる 『Rolly C4(ローリー C4)』
4色ボールペン、ボール径:0.7ミリ(黒/赤/青・緑) (定価¥367)
ぺんてるは私の超愛用品だった蛍光ペン「カクテルライン」があり、とても気になるメーカーですが、ボールペンは今ひとつの印象です。

4色BPで12mm(実測)は、ゼブラのクリップオンスリムス4Cと同じで、頑張っていますね。


際立った特徴もないのが残念です。

全体的にモノトーン基調に、この覗き窓がデザイン上のアクセントになっている。

ニードルポイントのKAREN(カレン:可憐)もありますが、こちらはどうも女性をターゲットとしているようです。

ジェットストリームにも負けないすらすらした書き味があるので、もっと頑張って欲しいメーカーです。

軸とグリップ部をシルバー系にしていることと、4色BPで手帳に挿せるというところぐらいしか思いつかない。

デザイン:C、機能性:B、革新性:C、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★☆☆☆(2点:あまりお勧めしない)



無印良品 『3色ボールペン・シャープペン付』 
3色ボールペン(黒/赤/青)+シャープペン(定価¥380)
無印にはデザインの良い商品が多いので物色した結果、3色ボールペン・シャープペン付きを購入。

全て透明な軸なので購入をためらったが、無印なら何かしら凄い機能やアイデアが詰まっているだろうと、前向きな思考です。


特に、軸のオス側のねじ部の加工は雑だし、スライドレバーの作りも甘い。

軸の頭のキャップに消しゴムが入っている訳でもなく、ごくごく普通、いや普通以下のペンだった。

日本製 MADE IN JAPAN という印字を消して欲しい。

デザイン:C、機能性:C、革新性:C、重厚感:C
男の手帳に合う度:☆☆☆☆☆(0点:お勧めできない)



トレードワークス 『ラバーグリップ4アクションペン』 
3色ボールペン(黒1.0/黒0.7/赤0.7)+タッチペン(定価¥399)
こちらは、世界堂で手にいれたラバーグリップ4アクションペンという商品。

軸はフロストホワイトということで、半分透けてる感じ。

どこかの商品のOEM版だと思うが、特定できず。

振り子方式のノック、替え芯は4C互換なので、そこそこの商品だと思われる。


ビジネスマンを意識しているのか、インクは黒が0.7ミリと1.0ミリの2種類付く。

それに加えて、赤のボールペンとタッチペン。「タッチパネルペンは、iPhoneには不対応」とご丁寧に書かれています。

商品は面白いんですが、半透明ってのがマイナス。

デザイン:C、機能性:B、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★☆☆☆☆(1点:勧められない)
 


三菱 『JETSTREAM(ジェットストリーム)3色ボールペン』 
3色ボールペン(黒/赤/青)(定価¥420)
以前、0.5ミリ芯の黒軸ジェストを買ったが、書き味の良さから、今回は同じ0.5ミリ芯のホワイト軸を選んだ。

ゼブラのクリップ-オン スリムスのホワイト軸が綺麗だったこともあり、白い軸+ラバーグリップであれば、会議にも使えそうな気がする。


どうしても比較してしまいますね。上がゼブラのクリップ-オン スリムス4Cです。

クリップ-オンが4色で軸径12.0ミリ、重さ13.3g、定価¥367。

このジェスト3が3色で軸径12.2ミリ、重さ11.5g、定価¥420。

ジェットストリームは価格的に2ランク上の値札です。


それと、私にはクリップ-オンのノックレバーのスマートさや、軸頭の形状が好みですね。

多色ボールペンは各社ともハンを押したように、スケルトンボディー+ゴムグリップ+ノック式です。

その中で、ジェットストリームの油性インクは、クセになるなめらかさで一歩秀でているのは確かです。

デザイン:C、機能性:B、革新性:B、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★☆☆☆(2点:あまり勧めない)




パイロット 『FRIXION BALL 3(フリクションボール3)』 
3色消せるボールペン(黒/赤/青)(定価¥630)
パイロットからフリクションインキを使った消せるボールペンが2011年12月に新発売されたようなので、1本ゲット。

私もそうだが、新しい手帳を買い換えるタイミングでメーカーも出しているようです。(この「フリクションボール3」といい、トンボの「リポータースマート」もしかり。)


軸は太いです、13.8ミリ(実測)ありますから、手帳には挿せない。

軸が太いのには理由があって、このリフィール、3.6ミリもある。

実際にどれぐらい消えるのかというと、8割程度消えるって所でしょうか?もし手帳に間違って書いた文字なら横線を引くので、あまり必要ないかな?(公式文書などの訂正には使えるかと思います。)


私が一番、目を引いたのがこの軸のメタリック塗装です。とっても綺麗な仕上がり。

ストレート基調のボディで、デザインは悪くはない。

フリクションボールは、世界中でヒットしているらしく、パイロットの技術力の高さには驚かされます。

デザイン:B、機能性:A、革新性:A、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★☆☆☆(2点:あまり勧めない)


〜男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ〜
 vol.01  PILOT ハイテックC コレト 本体ボディ 2色用
 vol.02(3種類) PILOT ハイテックC コレト ルミオ
 vol.03(4種類) 三菱 ジェットストリーム シリーズ
 vol.04  三菱 スタイルフィット マイスター 回転式3色ホルダー
 (休憩)(6種類) ボールペン対決 ハイテックC vs ジェスト
 vol.05(8種類) マルチペン 〜国産萬年筆タイプ(前編)〜
 (コーヒーブレーク) 4C互換 vs S-7S互換
 vol.06(6種類) マルチペン 〜国産萬年筆タイプ(後編)〜
 vol.07(5種類) マルチペン 〜人気の海外メーカー〜
 vol.09(6種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その2)
 vol.10(9種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その3)
 vol.11(15種類) 高級ボールペンにお気に入りのリフィルを入れる
 vol.12(14種類) JIS規格「ゲル J/K/L互換リフィル」で大人のボールペンを作る
 vol.13(8種類) 着せ替えペン 「シェルパ」にハイテックC
 vol.14(4種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その4)
 vol.15(2種類) プラチナのダブルアクションR3に、ジェストやシグノを挿してみる

 
 
 
pagetop