October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PILOT ハイテックC コレト ルミオ

〜男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ(その2)〜

PILOT 『HI-TEC-C COLETO Lumio(4色用) (ハイテックC コレト ルミオ)』
ボディーのみ、4色用 (定価¥1,050) 2010年9月発売
いやいや、お店に行って驚きました。コレトコーナーには、色どり鮮やかな軸がいっぱいじゃないですか?

これは女子中学生なら「きゃ〜、かわいい!」とか言ってはまるわけだ。

そんな中、このLumioなる商品を手に取った。

ひと目で気に入ってシルバーを購入。でも、ホルダーのみで1,000円なので、1本だけにした。良ければ買い足そう。

この軸、プラスチックですがうまいことメタリックなシルバー塗装がされています。クリップも金属になっているし、高級感あります。

軸は4色用ということで替え芯が4本セットできるのだが、前に使っていた透明プラ軸2本用(実測11.0mmφ)よりほんのちょっとだけ太くなっただけで、細身に仕上がっています。

実測12.3mmφなので、問題なく手帳に刺せます。

替え芯は、今までと同じように頭のふたをパカっ開けて差し込みます。

しかし、このふたがきつくてなかなか開かない。小学生の女の子なんか無理だと思う。ただ、1年も使っているとゆるゆるになるだろうと想定。

軸は高級感を増したが、芯色と同じスライドレバーの芯の色を表す部品は昔のままで味気ない。廉価品のイメージはぬぐえないかな。差別化してもいい部品だと思うんだが。

ただ、スライドレバーを戻した際の音は、旧ホルダーの良いところを引継いでおり、非常に静かです。(消音設計をうたっているトンボのレポーターより静かです。)

特筆すべきは、軸の先端部分の質感が良くなった。丸みを帯びたR形状で、書き易くなった。リフィルがプラなので先端が内側に向くのは回避できないが、マルチペンにしては、書き込み時、芯先がぐらつかない部類に入ります。

コレトユーザはたくさんいると思うが、男の手帳にはこの改善ポイントは評価できる。

これだけのために本製品を購入しても良いくらいです。

私の個人的な採点(A/B/C)と、お勧め度を、★の数(5点満点)で表現しておきます。
デザイン:A、機能性:A、革新性:B、重厚感:B
男の手帳に合う度:★★★★☆(4点:お勧めできます)

なんで4点かって?それは、スライドレバーがコレトを使うのでちゃちいのと、軸の塗装がつるつつるで汗っかきの人にはすべっちゃう。ゴムグリップは好きじゃないんですが、塗装技術でなんとかなったと思う。1,000円という価格ですからね。(やっぱり売れ筋は、芯込みで500円に収めないと売れないと思う。)


(2013/02/06追記)
ブラックを購入。

シルバーとブラックとでは、塗装が異なります。

シルバー軸はシルバーのコーティングがしてあるような感じですが、ブラック軸はマットで光沢はありません。

黒軸の質感もなかなかのものです。


で、私のお気に入りは、グリップ部が黒で、軸頭がシルバーのツートン・ルミオ。

こうすることで、ちょっと古いパーカーの万年筆っぽくもあり、レトロな感じが出ます。

まず、会社では誰も持っていないし、大人のセンスです。手



PILOT 『HI-TEC-C COLETO Metallic Body(3色用)(ハイテックC コレト メタリックボディ)』
ボディのみ、3色用 (定価¥158) 2009年3月発売
このメタリックボディーは、コレトシリーズの限定カラーです。netを検索すると、現在は売っていないようです。メタリックの黒、銀、青のラインナップでしたので、黒と青ボディを購入していました。

プラ軸ですごーく軽いボディーですが、メタリックコレトは透明ではないので、中の芯は見えませんね。これはいいです。

ごくごく普通のクリップで、何の工夫もないですね。メタルクリップにしたら最高なんですが、この価格帯では無理なんでしょうね。

150円のプラ軸ですが、ゴムグリップのデザインは面白い。やっぱりこういう所にデザイン部の力が現れます。主力商品はパワーがあります。

私の使用用途としては、ブルーブラックと赤、それともう1色の好きな色を選べればいいので、3色軸はとてもいいです。軸径:11.5ミリというのは、太くもなく細くもない、好きな太さです。

上位機種のコレト・ルミオ同様、芯先のブレが全くないのは素晴らしい。重厚な印象はありませんが、透明プラ軸でないので仕事にも使えるかな? 150円の買え芯ホルダーではベストです。(まあ、ボディ150円+芯100円×3本で、450円もしますけどね。)

デザイン:C、機能性:A、革新性:B、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★★☆☆(3点:普通に勧めます)



PILOT 『ハイテックC コレト スマートモード(3色用)』
ボディのみ、3色用 (定価¥158) 2011年6月30日発売
ビジネスマンにも使って貰おうとのコンセプトで出されたスマート。

私は、スケルトン軸とグリップのラバーがあまり好きじゃないので、こっちのほうが好みです。

黒(グレー?)とシルバーは、なかなか仕事でも使える感じです。

プラスチック軸ながら、スケルトン軸に比べたら、雲泥の差。

そこそこ高級感があります。価格も抑えてあるのが良い。(1,000円ボディのルミオは高すぎる!)

デザインはシンプルで、ルミオ同様にセンスが良いので、仕事にも使えます。

ルミオは、クリップが金属です。(一番上)

スマートは3色用なんですが、ルミオ4色用より軸が太いです。スマートの方が軽いんですが、持った感じはしっくりきます。

インクの減り具合も見えるので、実用的かと思います。暫く使ってみることにする。

デザイン:B、機能性:A、革新性:B、重厚感:C
男の手帳に合う度:★★★★☆(4点:かなりお勧めできます)



〜男の手帳に合うマルチペンを選ぶシリーズ〜
 vol.01  PILOT ハイテックC コレト 本体ボディ 2色用
 vol.03(4種類) 三菱 ジェットストリーム シリーズ
 vol.04  三菱 スタイルフィット マイスター 回転式3色ホルダー
 (休憩)(6種類) ボールペン対決 ハイテックC vs ジェスト
 vol.05(8種類) マルチペン 〜国産萬年筆タイプ(前編)〜
 (コーヒーブレーク) 4C互換 vs S-7S互換
 vol.06(6種類) マルチペン 〜国産萬年筆タイプ(後編)〜
 vol.07(5種類) マルチペン 〜人気の海外メーカー〜
 vol.08(11種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その1)
 vol.09(6種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その2)
 vol.10(9種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その3)
 vol.11(15種類) 高級ボールペンにお気に入りのリフィルを入れる
 vol.12(14種類) JIS規格「ゲル J/K/L互換リフィル」で大人のボールペンを作る
 vol.13(8種類) 着せ替えペン 「シェルパ」にハイテックC
 vol.14(4種類) ビジネスマンに似合う多色ボールペン(その4)
 vol.15(2種類) プラチナのダブルアクションR3に、ジェストやシグノを挿してみる

 
 
 
pagetop