November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

オリンパス E-PL1s用の自作カメラケース(革です)

PEN Lite E-PL1sのドレスアップ作戦(2)です。

カメラケースはコンデジの時はずっと衝撃に強いGRAPH GEARを使っていたのですが、サイズが無いので自作しました。

無塗装、無染色のサドルレザーのヌメ革(2ミリ厚)なので、使い込む程に味が出る、・・・だろうと思います。


まずA4の紙にカメラサイズに合わせて、適当にサイコロを作る要領で線を引く。

型紙なので、あくまで適当ですね。

すっぽり包み込むようなケースを作ります。


はさみで型紙を切って、カメラに合わせます。

レンズの出っ張りに合わせ、余裕を持たせています。

長いべろは、裏面の液晶パネル側に差し込めるように長めにしました。


カメラに合わせて微調整しながら、2枚目の型紙で決まり。

型紙通りに、革に線を引いて、はさみでじょきじょき切ります。

後は、のりしろにボンドを付けて張り合わせるだけ。

糸のステッチだとかっこいいんだが、革を縫うような針や糸なんか持っていないので、接着材だけでいきます。


ボンドってなかなか乾かないんだよね。

洗濯ばさみではさんでおきます。

(しばし休憩 コーヒー )


高さはピッタリ合いました。ボタンを付けたいが道具も無いので素のままです。

レンズ周りはダブついていますが、まあこんなもんでしょう。

ボールペンの線が2本見えますが、これはもしもの時を考えて、ジャストサイズより大きめに切っておいたものです。後で揃えます。


はい、完成。

革の匂いもいいし、肌触りがいいね。厚みも2ミリでいい感じ、焼けると飴色に変わるんですよね、満足度100%です。

革の携帯ストラップが余っていたので、付けておきました。(色が違うけど、同じ革製品ということで。)

パンケーキを付けていても奥行きが60mmあり、少しずんぐりむっくりですが、自作にしてはうまくいった。

これで通勤途中、鞄から出してさっと写真を撮るのもさまになるかな?

購入先は、レザークラフト.jpで、20×30cmのサイズが¥1,229でした。革の種類が豊富なので、今度は違う革でクラシックなケースを作ってみようかな?



 
 

comments

   

trackback

 
pagetop