November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

OLYMPUS PEN Lite E-PL1s + LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH

1週間悩んで、ついにミラーレス一眼を購入しました。

ボディーは、オリンパスPEN Lite E-PL1s。レンズは、パナのパンケーキ14mm/F2.5の組合せ。

決め手は毎日使える(カバンに入る)ことを最優先し、マイクロ・フォーサーズ機に単焦点レンズになりました。Four Thirdsというサイトが勉強になります。


そっそくパナの単焦点レンズLUMIX G 14mm F2.5 ASPH.を取付けてみた。

いいですね、パンケーキレンズ。この薄さは冬のコートのポケットに入るかも。レンズの厚さだけでいうと、このG14/F2.5がマイクロ・フォーサーズ規格の中でも最薄なんです。

35ミリ換算で28mmという広角でこの厚みなので、四隅がすっきり写るか心配になります。

評価の高いG 20mm/F1.7が欲しかったが、少々お値段が張るため、G 14mm/F2.5で暫くは使ってみることにする。


このレンズにはLUMIXのロゴが入っています。パナのレンズには全部Leica(ライカ)のロゴが入っていると思っていたので、少しがっかり。

フォーサーズ規格の提唱は、オリンパスと米コダックということもあって、ライカのライセンスは出遅れたか?

※品番の最後に付いている"ASPH."は、アスフェリカル(非球面)レンズのことだそうです。当然、オリンパスのZUIKOレンズにも使われています。


今メインで使っているPENTAX K-xもデジタル一眼(APS-Cサイズ)としては小型軽量をうたった製品ですが、デジ一眼からミラーボックスを外すと、これだけ薄く出来るんですね、驚きます。

K-xは単三電池を4本入れてるし、望遠ズームのタムロンA14を付けているので重いです。

E-PL1sはコンデジ並みにめちゃ軽いかと言われるとそうでもない。しっかりした重量がある。ちなみに、バッテリー込みの総重量は、カタログ値でK-xが約1kg(本体615g+A14レンズ405g)で、E-PL1sが約400g(本体342g+G14レンズ55g)です。


今度は古いフィルム・カメラとの比較。オリジナルのオリンパスPENは持っていないので、名機のヤシカ エレクトロ35 GT(YASHINON DX 45mm F1.7)です。

高校時代からカメラをいじり始めてきましたが、当時のカメラは高価だった。小遣いをしっかり貯めて買った記憶があります。その分、何年も同じものを使ってた。

昭和のカメラってALL金属なので重いです(実測で760gありました)。


ボディー色は、シルバーが欲しかったんですが、E-PL1sには赤/白/黒しか無いんです。

白ペイントは避けたいので、無難な黒を選択するしか無かった。

どうしてシルバーをラインナップしないんだろう、売れると思うんだが。


ブラックボディーは、上部から周り込んだ側面部にもほどよくシボ加工され、エントリー機に見られるプラスチッッキーな質感をうまく消しています。

このシボ加工があるのブラックを選んで正解。

今回購入したPEN Lite E-PL1s + G14ですが、手にした感触はいいし、適度な重みがいいですね。これからずっと愛用したい1台になりそうです。

(参考価格)
遊びカメラとして使うので、中古で3万円の予算だったが、新品で揃って大満足です。
 ・ボディ(オリンパスPEN Lite E-PL1s ブラック):¥16,800(新品をyahoo!オークションにて)
 ・単焦点レンズ(LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.):¥15,980(新品をyahoo!オークションにて)
 ・Transcend SDHCカード 8GB (Class10):¥1,039(上海問屋)
合計:¥33,819(+送料)



 
 

comments

   

trackback

 
pagetop