October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ローバーミニ、iPhoneナビ「NAVIelite」を装着

OLD MINIにはナビは似合わないという固定観念を払拭して、iPhone4にナビアプリをインストールすることにしました。

最初、無料のGoogle Mapsでもいいかな?とも考えましたが、選択条件は、「サクサク動く」、「地図が最新、かつ更新可能」なことで絞り込み。

結果は、ローカルに地図情報をインストールする「NAVIelite」か「navico」の2つが候補。結果、更新頻度が6回/年の「NAVIelite」に決定。

前方視界を遮らないように、中央に設置してみました。いい感じです。


TOYOTAのカーナビでお馴染みのアイシンAWのソフトをiPhone用に移植したものなので、まんまカーナビです。至れり尽くせりです。

発売当時(2011/1)にはピンチ操作に対応していなかったけど、すぐ対応するというアイシンAWの姿勢がいいです。

今回のバージョンアップでVer.1.7.0となり、発売以来始めての全国詳細地図の更新が実施された。(一般地図の更新はVer.1.6.0で更新済み。)これで、一般版も詳細版も最新の2011年05月版になります。提供地図はゼンリンで、一番詳細にすると25mから表示されます。

画面が3.5インチしかないiPhone4ですが、結構くっきり鮮明に映ります。価格は3,800円/年とナビアプリ最高値ですが、ポータブルナビより断然安い。

但しバージョンアップには、相当時間がかかります。まず一般地図データを含めたアプリ部1.81GBをダウンロード。WiFiでもたっぷりDLに2時間掛かり、更に上書きインストールに1時間、それから全国詳細地図(約2GB)のDLに2時間、合計5時間ですね。DLとインストール中は、途中一時停止は出来ますがキャンセルが出来ないので、一度更新ボタンを押したらじっと我慢です。


スピードメーターもDLしてみました。ミニのメーターより、格段に見やすい。

iPhoneアプリは素晴らしいものが多いですが、このHUD(ヘッドアップディスプレイ)のAwesome HUD(無料)は、使えます。GPSの精度も高くなったようで、40km以上の誤差は少ないように見えます。

HUDは試していませんが、ちょっと未来派的な感じだし、デジタル派にはいいです。色も7色から選べるし、自分で設定した速度以上になると、画面全体がブリンクするような警告画面になるので面白いです。


もちろん、iTuneで入れた音楽も流しながらのナビが可能です。

音楽はFMトランスミッターで純正ステレオに飛ばしています。音にこだわりは一切ないので、iPod用オーディオは必要ないですね。シガーライターから電源供給で、iPhoneへの充電もしてくれるので助かります。


ちなみに、iPhone車載ホルダーは、0.5ミリ厚のアルミを切って、iPhoneに合わせて曲げただけです。

右側から差し込むようにしてセットします。今付けているiPhoneの本体カバーがうまい具合に多少の振動でもズレないように密着します。

iPhoneをセットしないとアルミむき出しなので、DYMOで「NAVI」と貼り付けました。

 
 

comments

センターメーターの場合は
どこの位置が見やすくて
邪魔にならないでしょうか?
アドバイスをして頂けると助かります!
よろしくお願いします。

  • 中村
  • 2011/08/07 9:36 PM

中村さん、こんばんは。

iPhoneの場合、画面サイズが小さいので走行中の確認は出来ないですよね。2画面分割が使い易いんですけどね。

私の場合、アルミで作った車載ホルダーはダッシュボード上面に両面テープで貼り付けています。見易い位置、左手が届く位置を探してください。

中央の灰皿の上あたりがいいかな、と思います。私はダッシュボード上から、下に曲げて取り付けましたが、上に曲げておけば、センターメーターとは干渉しないと思います。

  • noguchan
  • 2011/08/08 1:06 AM
   

trackback

 
pagetop